365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

日焼け防止のための服とグッズ・持ち物はこれ!海編

投稿日:2017年8月5日 更新日:


夏の海やプールはすごく気持ちがいい!
でも、日焼けは絶対にしたくない!!という女性も多いですよね。

私の住んでいるオーストラリアは紫外線大国の割に
小麦肌に憧れる人たちが多くてビーチで白い肌を焼いていたりして・・・

真っ赤に焼けていく肌を見ているのが何とも痛々しい。

小麦肌はいいけど日焼けのヒリヒリ感は誰しも味わいたくないものです。

では、どんな装備で海にいけばいいのでしょう?

服装から日焼け対策の持ち物をまとめました!

スポンサーリンク
  

日焼け防止の服とグッズ

海に来て焼きたくないというのであれば肌の露出を避け紫外線から身を守らなければいけません。

こんな服装や小道具があると紫外線を極力防ぐことができますよ。

パーカー付の長袖ラッシュガード

UVカットのラッシュガードは日焼け対策にとても重宝します。
海に入る時でもパーカーをかぶってざぶんと入ってしまえば
水着だけでいるよりもずいぶんと紫外線を防ぐことができます。

UVカットサングラス

白砂のビーチでは照り返しもきつく目をやられます。
紫外線から目を保護することはとても大事ですよ。

オーストラリアではサングラスも普段使い。
レジャーの時だけではありません。

つばの広い帽子

ビーチで休んでいる時には必ず欲しい一品。
つばが広いほど効果的です。

スポンサーリンク

UVカットのネックカバーやロング手袋

こちらもビーチで休んだり、ちょっとお散歩に出かける時用に。

昔、自転車に乗る時なども愛用していました。

すごく暑いんですけどね・・・

日焼け防止の持ち物

日焼け止め

日焼け対策にはなくてはならない存在です。

紫外線の主な物には

☆肌の奥の方まで届いてシミやしわ、老化の原因になるA波(曇りや屋内でも危ない)
☆皮膚の表面に赤く炎症を起こしシミやそばかすの原因となるB波

があります。

日焼け止めを選ぶときチェックしたいものは次の2点とウォータープルーフかどうかです。

主に紫外線B波をブロックする指標を表すSPF(Sun Protection Factor)

紫外線A波をブロックするPA(Protection Grade of UVA)

SPFに関しては1時間以上のレジャーやスポーツなどにはSPF50以上
使うことが推奨されています。

PAに関しては+(効果がある)から++++(極めて高い効果がある)までありますが
PA+++(非常に効果がある)以上を使うのが望ましいでしょう。

人が太陽に当たり、日焼けを起こし始める時間は人によりますが
大体20分前後です。日にあたる20分前には日焼け止めを塗っておいて下さいね。

SPFが高めでも水に入ったり時間がたてば効果が薄れてくるので
2~3時間おきに塗り直すと効果的です。

サンシェード

日影のない照り返しのきついビーチ。

海から上がったら、日影でゆったりしたいもの。
そんな時、サンシェードがあると落ち着きます。

休んでいる時も紫外線から身が守れます。

保冷剤とタオル

ちょっと肌が熱くなったかな?という時にさっとタオルにくるんで
すこーしひんやりするかな?という程度の保冷剤を当てると日焼けの応急処置になります。

ペットボトルに入れたお水と一緒にクーラーボックスに忍ばせておくといいですね。

日焼け止め用クレンジング、化粧水とボディーローション

海水浴を終えてシャワーを浴びた後にはクレンジングでしっかり日焼け止めを落とし、
負担をかけた肌をしっかり保湿してあげて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

海での紫外線対策は万全にしておくにこしたことはありません。
肌の露出を減らすこと、日焼け止めを上手に使うこと、直射日光を浴びすぎないこと。
もちろん、帰宅後のお肌の手入れはいつもより念入りに♪
水分がしっかり細胞にいきわたるように口からの水分補給も忘れないでくださいね。
海水浴楽しんで来て下さい!

-レジャー&イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジェットスター国際線 手荷物の重さ・サイズ検査と液体制限は?

ジェットスター国際線。私が最もよく利用する飛行機です(笑) 慣れていても若干気になる荷物の事。 ジェットスターってチェック厳しいと評判ですしね。 それに加えて、国際線は手荷物の保安チェックにもクセがあ …

流しそうめんが名古屋近郊愛知・岐阜・三重でできるお店

本格的な流しそうめんがやってみたいけど、やる場所がない! セットを買うのも面倒だし、置き場がない! 組み立てが大変そう! 手っ取り早く、どこかで体験だけしてみたい! そんな時は涼しい自然の溢れる場所ま …

札幌雪まつり 会場ごとの違いと屋台の営業時間&おすすめグルメ

さっぽろ雪まつりと言えば真冬のビッグイベント!世界的にも名の知れたお祭りです。 有名なのは大雪像だけではありませんよ。実は会場は札幌市内に3箇所。 それぞれに特色があります。北海道グルメを楽しめる屋台 …

天の川が見える場所,時期,条件と位置 愛知,岐阜,長野,三重県編

天の川は光害の多い都会では見にくいもの。 でも、やっぱり憧れますよね!特に夏は天の川を見るベストシーズンでもあります。 今回は、都会のネオンに溢れた名古屋を脱出し、 天の川を存分に楽しめる車で2時間圏 …

新千歳空港・小樽間の移動方法 時間・料金とフリー切符情報

レンガ倉庫と小樽運河が有名な小樽。コンパクトで異国情緒あふれる素敵な街ですよね。最寄りの空港は北海道の玄関口新千歳空港。でも、空港⇔小樽間の距離は85km程。意外と遠いんです。移動はどうしましょうね。 …

よく読まれている記事