365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

京都の仁和寺 紅葉の見頃と撮影スポット,混雑状況

投稿日:2017年9月24日 更新日:


1994年に世界遺産にも登録された仁和寺。
桜の名所として名高いお寺ですが、紅葉の時期もそれはそれはきれいです。

入口の堂々たる二王門も圧巻ですが、国宝の金堂、重要文化財の五重塔、御影堂
観音堂や仁和寺庭園など見どころの多い寺院としても有名です。

境内には御室会館という宿坊があり、泊まる事もできますよ!
宿泊をしましたが、早朝、開門前の静けさと朝のお勤めはとても感動的でした。

※京都の仁和寺で宿坊体験 朝のお勤めと境内散歩で癒しの時間の記事は
https://beanandfriends.com/1052.htmlです。

今回は仁和寺の紅葉の時期、境内の見所や撮影スポット、
混雑状況とをご紹介します。

スポンサーリンク
  

仁和寺の紅葉の見頃

仁和寺の紅葉の見ごろは例年11月中旬~12月初旬にかけてです。

年によっては早まったり、遅れたりするので

ウェザーニューズでチェックしたり、

ツイッターやインスタグラムをされている方なら紅葉シーズンに「仁和寺」で検索をかければ
ちょうどその時の状況が一目でわかると思います。

実況中継のようなものですね(笑)

遅ればせながら12月の半ばに仁和寺を訪れた時は
五重塔あたりに若干紅葉が残っていました。

ほとんどは落葉してましたけどね。(当たり前か(笑))

仁和寺で電話で問い合わせても丁寧に教えてもらえますよ。

スポンサーリンク

仁和寺の紅葉の見どころや撮影スポット

仁和寺の見所ですが、境内地図があるとわかりやすいと思うので
こちらからご参照ください。
仁和寺の境内マップ

仁和寺 金堂と紅葉のコラボ

正面の入り口の二王門から入り、まっすぐ歩いて中門を超え、
つきあたりまで行くと国宝の金堂に到着します。

このお寺の本堂です。

宿坊に泊まると体験できる朝のお勤めはここで行われます。

この金堂と赤やオレンジの紅葉のコントラストがとても素敵です。

紅葉ピーク時に行けば、金堂を真っ赤に染まった木々が包み込むような構図の
写真をとることができます。

見上げるとまっかな紅葉の天井と青空のコラボ。

たまらないですね!

中門から金堂までの参道

中門から金堂の方を眺めると道の両側に紅葉が見えてとても美しいです。

中門をうまくフレームにして一枚撮りたいところ。

中門を抜けてすぐ左手側には名勝御室桜もありますが、
この時期は結構寂しい感じになっています。
桜のシーズンは素晴らしいでしょうね!

紅葉を愛でがら金堂にお進みください。

仁和寺 五重塔

中門を出て御室桜を過ぎたすぐ右手に五重塔が君臨します。

重要文化財の五重塔は四季を問わず絵になりますが、
あでやかな紅葉とのコントラストは圧巻。

五重塔の全景を入れて、紅葉が両脇から包み込むような構図が
なんとも素敵です。

仁和寺庭園 北庭の紅葉

二王門を入ってすぐに左手側に拝観料がかかる庭園があります。

後室や貴族と縁の深かった仁和寺は仁和寺御殿とも呼ばれていたそうですね。

この中で一番きれいなのが北庭です。

池泉式のお庭で、霊明殿から池や宸殿の庭を見下ろすように眺めると何とも趣があります。

宸殿からお庭と遠くの五重塔を撮る構図も素敵ですよ!

仁和寺 紅葉中の混雑

徒歩範囲で有名な金閣寺や竜安寺などの大御所を控える仁和寺。
(仁和寺自体もめちゃくちゃビッグネームですが)

もちろん11月中旬から下旬まではとても込み合いますが、
ライトアップ等もないので清水寺や永観堂などの紅葉の大名所に比べれば
混雑具合はましです。

週末なら開門時間か閉門あたりの時間が一番人出が少ないかと思われます。

でもやっぱり朝の清々しさが一番癒されますね。

やはり、遅めの午前中とお昼ご飯の後くらいの時間帯が
ピークだと思われます。

せっかくなので、仁和寺内の御室会館に宿泊すれば、
境内を独り占め感覚でしっかりと
お参りや散策ができます。

写真をとるなら、人が映り込まないようにとか気にしなくて自由自在。

お坊さんの朝のお勤めの様子をみるのも非日常的で癒されますよ。

京都 仁和寺の詳細

最後に仁和寺の詳細をまとめました。

嵐電(京福電車)で「御室仁和寺駅」徒歩3分で
嵐山観光との兼ね合いも便利です。

すてきな紅葉の旅を!

総本山仁和寺

住所:京都府京都市右京区御室大内33
電話:075-461-1155
ホームページ:http://www.ninnaji.or.jp/

スポンサーリンク

-レジャー&イベント
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

奈良大文字送り火の意味と日時 眺めのいい鑑賞場所

大文字送り火というと京都五山の送り火を思い浮かべる方も多いと思いますが 古都奈良県の送り火も有名です。 見た目から「大文字焼き」と呼ばれることも多いですが、 祭りごとではなく供養のために行われるものな …

名古屋でイルミネーションデート 冬のテレビ塔周辺

冬と言えばきらめくイルミネーションの季節! 地元名古屋でもクリスマス前からキラキラ感が増してきます。 地元っ子としては名駅周辺も好きですけど やっぱりテレビ塔のある栄周辺が一番映えますね! 気分はパリ …

母の日には温泉日帰りプランが最高!愛知県内のおすすめは?

いつも仕事に、家族のためにと多忙なお母さん。母の日ぐらいは母娘旅にでも行って、ゆっくりさせてあげたいと思っている娘さんも多い事でしょう。 ただ、お母さんと宿泊旅行に行くには時間がない、お金がかかりすぎ …

潮干狩り三重県高松海岸は無料の穴場 貝の種類・駐車場・貝毒情報

三重県の無料潮干狩り場で穴場的存在と言えば高松海岸です。 三重郡川越町にある遠浅でのどかな自然海岸。 工場地帯の中のオアシスともいえる高松海岸は海鳥や珍しい海浜植物も見られる静かな環境。 なるべく混雑 …

airbnbってなに?使い方をアカウント作成~予約まで解説

airbnbってご存知ですか?海外ではよく知られたシステムですが日本でも少しずつ浸透してきましたね。 旅行へ行くと言うとホテルや旅館で泊まるのが一般的。 でも、airbnbを使うと民泊もできてしまうん …

楽天市場でのお買い物でポイントがどんどんたまる楽天カード