365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

三重県の初日の出なら御在所 ロープウェイの時間,アクセス,樹氷や雪情報

投稿日:2017年11月25日 更新日:


白銀の世界、大パノラマの景色の中で鳥居の後ろから現れる初日の出。
そんな幻想的な体験ができる三重県の御在所岳。

最高支柱高が日本一としても知られる全長2161mのロープウェイも最高に
楽しく、うっすらと空がオレンジ色になってくる光景に感動しますよ!

樹氷が見える山としても知られるほど、冬の景色は美しく、
スキー場としても人気です。

そして、麓には名湯湯の山温泉郷が控えているという素晴らしさ。

今回は、私も大好きな御在所岳の御来光について詳しく知りたい方のために
ロープウェイの時間、アクセス方法、樹氷や雪の情報などをまとめました。

スポンサーリンク
  

三重県の初日の出 御在所ロープウェイと展望台の場所

御在所岳の麓「ロープウェイ湯の山温泉駅」から「ロープウェイ山上公園駅」を約12分で
結ぶロープウェイ。

御在所岳の麓から頂上までの景色の移り変わりや、伊勢湾や伊勢平野なども見渡せて
めちゃくちゃ楽しいんです。

鉄柱や、すれ違うロープウェイを見るのも面白く、ゆっくりなのに高さがあるだけに
スリルも味わえる一品です。(高い所が苦手だとスリリングすぎるかも)

春ならお花、夏なら新緑、秋の紅葉に冬の雪景色と一年中見飽きることがありません!

ロープウェイ内ではアナウンスガイドもあるので、とてもわかりやすい!

12分といえどもとても濃い時間が過ごせるので大好きです。

定員は10名ですが、混雑していない時はグループごとに乗せてもらえます。

ただ、元日は込み合うので乗合になりますね。

「ロープウェイ山上公園駅」で降りるとちょっとした売店とレストランがあり
先着で200名には甘酒も振る舞われます。

そこを出るとお散歩コースになっていて、いろんな展望台や雨量レーダー、タイムカプセルなどもあります。

駅からすぐの「朝陽台広場(ちょうようだい)」には鳥居が立っていて、眺めも最高です。

ここなんですよ!御来光を拝むのは!

鳥居の向こうからの初日の出。感動の嵐です!

ここからもう少しだけ歩くと、見晴台や富士見岩展望台もあり、お天気が良ければ富士山も見えるんで

すよ。

三重県の初日の出 御在所ロープウェイの営業時間

さてさて肝心の初日の出のための運転時間ですね。

普段なら朝の9時からロープウェイの運転が始まりますが

元日は

朝の5時から運転が始まります!

朝5時~朝8時までが初日の出運転の時間

となります。

皆さんの予想通りロープウェイは混雑しますので
朝の5時前にロープウェイの駅に着いているとスムーズですよ!

三重県の初日の出 御在所岳へのベストなアクセス方法は?

御在所岳へ行くには普通なら車、近鉄電車、名古屋からなら三重交通の高速バスも使えますが、
御来光の時間は早朝です。

どれが一番いいんでしょう?

まず名古屋からの高速バスは普段ならすごく便利なんですが(名古屋駅から1時間で湯の山温泉につき

ます)、本数がすごく小ない上に早朝は走らないのでNG。

ということで電車か車に絞られましたね。

では両方のメリットとデメリットを見てみましょう。

三重県の御在所岳へのアクセス 電車編

名古屋方面からでも大阪方面からでも近鉄電車を使うことになります。

どちら方面からでも、近鉄四日市駅で湯の山線に乗り換えることになります。

湯の山線はすごくのどかな路線。

四日市からゴトゴト揺られる事約30分弱で「近鉄湯の山温泉駅」に到着します。

四日市駅からの始発が朝の5時半前後なので
始発に乗れば朝の6時頃に「近鉄湯の山温泉駅」到着となります。

(※湯の山線の時刻表

ちょっと混乱しやすいんですが「近鉄湯の山駅」を出たらすぐに湯の山温泉郷ではないんです。

そこから三重交通のバスに乗り換えるかタクシーにのる必要があります。
車なら10分程で湯の山温泉郷の最寄駅「三交湯の山温泉駅」に到着します。
(※徒歩だと30分ちょいかかります。山道だし冬は大変かも。)

「御在所ロープウェイ乗り場」は「三交湯の山温泉駅」から徒歩5分位です。

ただ1月1日は早朝。どうしましょう?

実は

初日の出のために「近鉄湯の山温泉駅」から「御在所ロープウェイ乗り場」まで
シャトルバスが用意されているんです!

ただこのバス6時半が始発。そしてとても混雑して待つことも多いんです。 

ロープウェイ乗り場についても、ロープウェイの列に並んだりしていたら
7時前の初日の出を頂上から拝むことはできません!

御在所ロープウェイの方のお話では
始発で来て、「近鉄湯の山温泉駅」からはタクシーを使った方が確実とのことでした。
(タクシーも込み合うことが予想されますが)

湯の山温泉はすごくいいお湯で旅館も多いので、
前日からお泊りというのも最高に贅沢ですね!
この時期は早くから埋まるのが難点ですが。

関連記事:湯の山温泉「鹿の湯ホテル」がおすすめ 名古屋近郊の名所宿泊記

三重県の御在所岳へのアクセス 車編

車だとどうでしょう?
少なくとも自分の好きな時間に出られるのは利点です。

5時からロープウェイが動くのでスムーズに待ち時間なしで乗ろうと思えば
5時前に到着しておくといいでしょう。

ロープウェイ乗り場の所に3階建ての立体駐車場があり、360台程の車がとめられます。
普通車なら終日1000円で24時間利用可能とのこと。

混雑するところではいつも駐車場がネックになるので、
余裕をもってロープウェイの運転開始の前にはとめておきたいところです。

4時頃に到着している人もいらっしゃるとか。

ただ、車の最大のリスクは雪と凍結。
雪や凍結になれていないと怖いかもしれませんね。

雪は12月の末から降り始めるとのことですが、
年によっても違います。

年末になったら御在所ロープウェイに電話で確認して
状況を確認しておくといいと思います。

雪の時期はスタッドレスタイヤは必須。念のためチェーンもあると安心だそうです。

まあ、私には雪道の運転はハードルが高すぎますがね・・・

スポンサーリンク

三重県で初日の出 御在所岳で樹氷が見られる時期は?

雪と氷のおとぎ話のような世界。それは冬の御在所岳の風物詩です。

初日の出と共に見られたら最高なんですが、

樹氷は条件が整わないと見ることができません。

樹氷とは樹木に付着した水蒸気が凍ったもの。

空気中の水分(湿気)、

それを木々に運ぶ風、

その水蒸気を凍らす気温(0度以下。マイナス)

という条件がバランスよく整って初めて出来上がります。

先ほどもお伝えしたように御在所で雪が降りはじめるのは例年なら12月末辺りから。

樹氷が見られる時期も大体12月末から2月下旬ごろなので
運に任せるしかないですね。

真っ白の木々と地面に真っ青な空のコントラストが見られたら
年明けから気持ちが晴れ晴れですね!

三重県で初日の出を見るなら御在所で決まり!

御在所岳、本当に素晴らしい所なんですよ!
御来光の時間は混雑しますが、本当に感動します。
ロープウェイも最高です!
頂上は氷点下になる事が予想され、天候も変わりやすいので
十分に暖かく防水対策にもなる服装がいいと思います。
その時間はお店が頂上の売店しか空いていないので、軽食を持っていくこともお忘れなく!

車で行く場合は天候と路面の状況をくれぐれも確認してから安全運転で
行ってきてくださいね!

最後に御在所ロープウェイの詳細です。

ロープウェイの料金

ロープウェイ往復 元日(5:00am~8:00am):大人 1500円 子供 750円
それ以降&通常は 大人 2100円 小人 1050円

問い合わせ:059-392-2261(御在所ロープウェイ)

スポンサーリンク

-レジャー&イベント
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海の日名古屋みなと祭 屋台に場所取り、花火の穴場とは?

海の日名古屋みなと祭と言えば、名古屋では海の日の一大イベントです。 イベントに花火に、港の景色にととても楽しめるお祭りで、 毎年沢山の人出にぎわいます。 今回はこのお祭りの詳細と花火を見る穴場スポット …

東京のビジネスホテルの選び方 コスパ重視で格安に泊まるには 

さすが日本の首都東京!ホテルの数も桁違いですね。 もちろんビジネスホテルも星の数ほどあります。 私も年に1~2回東京へ行くのでその都度迷います。 どこがいいの??? やっぱりお手頃に快適ホテルに泊まり …

京都永観堂の紅葉 時期,ライトアップ,撮影スポットと混雑情報

京都の禅林寺は通称永観堂の名で親しまれ、は京都でも指折りの紅葉の名所です。 古今集に「もみじの永観堂」と呼ばれたほどの美しさで、 紅葉の時期は沢山の人で賑わいます。 秋には私のフォローしているインスタ …

札幌雪祭りへ行く時の服装と靴,便利アイテムはこれ!

冬の北海道の一大イベントと言えば「さっぽろ雪まつり」ですよね! 毎年国内のみならず海外からも沢山の人が訪れることでも有名です。 大雪像や氷像、夜間のライトアップなど見どころも多く、会場も札幌市内に3会 …

京都の仁和寺で宿坊体験 朝のお勤めと境内散歩で癒しの時間

京都に行くならお寺に泊まってみたい!!とワクワクしていた一昨年。 いろんな宿坊があって目移りしたものの、 世界遺産でもあり、アクセスもいい仁和寺(にんなじ)に宿泊しました。 朝のお勤め体験や早朝の境内 …

最近のコメント