365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事関連

初詣はどこの神社やお寺でもいい?氏神様は必ず参拝するもの?

投稿日:2017年12月12日 更新日:


みなさん、初詣はどこへ行かれますか?
神社派の方もお寺派の方も両方行くよ~って方もいらっしゃいますよね。
何か所も参拝する方も意外と多いのではないでしょうか?
私もそうです(笑)

ところで、素朴な疑問。

初詣は神社へ行くのが正式なのか、お寺へ行くのが正式なのか。
何か所も初詣に行って大丈夫なのか?
氏神様には必ずお参りするのが礼儀なのか?

ちょっとわかりませんよね。

今回は新年を迎える前に初詣のマナーをまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

初詣はどこへ行ってもいいの?

初詣って実は歴史が浅くて、
明治時代から定着し始めたんです。

それまでお正月は年神様を迎えるために家ですごし、
恵方の氏神様へお参りするのが普通だったそうですよ。

なんで明治から?

それは、鉄道が発達して遠方までも行きやすくなったから。

JRの「そうだ○○行こう!」みたいなノリで
有名どころの神社へ行こうぜ!みたいな感じだったんでしょうか?(←想像)

今はさらに交通が発達してどこへでも行けますね。

でも、どこへ行ってもいいのかなぁ?

地元がやっぱりいいのかなぁ?

と思う方もいらっしゃると思いますが、どこへお参りしても大丈夫です!

○県民だけど、○県の△△神社に惹かれるという人、

今年から起業!全国でも指折りの商売繁盛の神様にお願いしたい!という人

受験前に有名な神社でお参りしたいという人・・・

ご自分のお参りしたい場所へ行っちゃいましょう!

直感もとても大事です。

ここが気になる!

ここへ行きたい!

運気があがりそう!

と思った場所へは是非お参りしてみて下さい!

呼ばれているのかもしれないし、何かの発見があることが多いです。

逆に行く気がしない所へは無理に行かない方がいいと思います。

呼ばれてないのかもしれないし、タイミングじゃないかもしれないし、
今の自分と違った気の流れなのかもしれないし・・・

何よりいい気分でお参りができないと意味がないので、
気持ちよく参拝できる所に行くのがおすすめです。

もちろん、一ケ所だけでなくても、気のすむまでどうぞ(笑)

沢山の場所でお参りすると神様がひがむと考え方もありますが、

神社で結婚式を挙げた時に宮司さんとお話ししていたら、

神様は心が広いし、神様同士の中はいいから大丈夫と教えてもらいました♪

いろんな神様や仏様に会えるのも素敵ですよね!

それぞれユニークですから♪

スポンサーリンク

初詣はどこに行く?神社かお寺か両方か。

日本ってとても素敵な宗教観がある国ですよね。

仏壇と神棚が隣り合っている家庭も多いし、

神社なのかお寺なのかよくわからない場所もあるし、

お葬式は仏教なのに、結婚式は神社の方が圧倒的に多いみたいな

神仏混ぜ混ぜの宗教観。(しかも教会へ行ってもモスクへ行っても祈るでしょ?)

それもそのはず、6世紀に仏教が伝わってから明治までは「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」だったので、
神道と仏教がミックスされて信仰されていたのです。
だから、神社とお寺の明確な区分もありませんでした。

お寺と神社が別々に切り離されたのは明治以降なので、
ミックス信仰の風習が今にも残っています。

宗教同志が融合し合うってなんか素敵ですよね。

そこで宗教戦争なんかにならないのが日本のよさだなとつくづく思います。

さてさて、初詣の話ですね。

こんな風に神様と仏様が融合している時代が長かったこともあり、

お正月は神社に行きなさいとか、お寺に行きなさいとかいう決まりごとはありません。

どちらでも好きな方に行けばいいし、両方行ってもいいし、
いくつか回ってもいい。

とってもシンプルで自由です。

初詣は氏神様へも行くもの?

氏神様はその地域を守って下さる神社。
初詣の時だけでなく、通るたびにお参りしたり、頭を下げて挨拶したりする人も多いと思います。

そんな地域密着型の氏神様。

日頃からいろんな細かいお願い事を聞きながら、地域を守って下さる強い味方です。

もちろんお正月にも参拝をしたいですよね!

普段、お願い事をしたり、悩みを聞いてもらっているから
お正月にも真っ先に感謝を伝えて、今年も守って頂けるようにお願いしたいもの。

神様だって、いつもお参りしてくれる人を助けたいと思いますもんね。

氏神様には最初にお参りしたいところですが
それが無理なら順番は違っても
氏神様へのご挨拶は忘れないようにしましょう。

引っ越し先などで氏神様がわからない時は、お散歩して探してみたり、ネット検索したり
ご近所に聞いてみたり、神社本庁に電話で尋ねる方法もあります。

スポンサーリンク

初詣はどこでもお好きなところへ

初詣は神社でもお寺でも、大きい所でも小さなところでも、何か所でもご自分が気分よくいられるように
お参りするのが一番です。自分とつながりの深い氏神様も忘れないようにお参りして幸福な一年が過ごせると
いいですね!

-季節の行事関連
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七夕のプレゼントは彼女や妻へ贈る?サプライズのアイデアは?

元々は機織りの上達を願う行事だったと言われる七夕。 その後、機織りだけでなく習い事全般を願うようになったわけですが・・・ 織姫と彦星伝説の影響もあってとてもロマンティックな日でもありますよね。 サマー …

夏休みの昼ごはん こども大喜びde作り置きOK献立アイデア

こどもには楽しい夏休み!親には、、、どうなんでしょうね(笑) 毎日の給食がない分、小中学生のお子さんを持つご両親には大変な時期でしょう。 毎日のこどもの昼ごはん、レパートリーも尽きたわ。。。と嘆くお母 …

お月見の日の食べ物特集 素材を使った絶品レシピもご一緒に♪

お月見で有名なのが十五夜(旧暦8月15日)と十三夜(旧暦9月13日)です。 このお月見の日の食べ物でピンと来るのがお団子!!! そして・・・他には? 今回は昔からお月見の日に食べられている食材とそれを …

鏡餅の食べ方 カチカチ・乾燥でもおいしいレシピとカビが生えた時は?

自宅で作った鏡餅やお米屋さんに頼んだものなど、真空パックのお餅とは一味違って手ごわいですよね! すぐに固くなるし、乾燥してひびが入ってくるし、鏡開きの時は割るのにも一苦労。 でも、せっかく年神様が宿っ …

夏休み自由研究 中学生が家庭科で選ぶ面白テーマ集

夏休みの自由研究に家庭科?! 何となく理科の実験や調査のイメージがある自由研究ですが、 家庭科って生活に密着しているだけにテーマがゴロゴロと転がっているのです! 今回は、日常生活の中から拾える興味深い …