365日のお役立ち情報

生活お役立ち情報やハッピーな毎日を送るアイデアなどを書いてます。

旅行・お出かけ・アウトドア・イベント

キャンプ初心者のテント選び タイプ、設営方式、サイズと注意点は?

投稿日:2017年4月4日 更新日:


キャンプの道具を揃える時、まず一番に頭に浮かぶのがテントです。ただ、キャンプ初心者が自分にあったテントを探すにはちょっとリサーチがいりますね。

テントにはどんなタイプや設営方式があるのかな?
サイズはどうしよう?
他に何かチェックポイントは?

今回はそんな疑問にお答えします!

スポンサーリンク
  

テントのタイプはどんなものがあるの?

ドームテント

もっとも一般的なテントの形で人気が高いタイプです。
丸いドーム型のシェイプで耐風性がいいのも特徴です。天井は低めの物が多いですが、軽くて設営もしやすいものが多いです。

構造は以下のようなものがあります。

クロスフレーム構造:2本のポールをトップでクロスさせて設営。シンプルで軽い。設営しやすい。軽量でバイクでのキャンプに適している。
ジオテック構造:クロスフレーム構造に1~2本のポールが追加されたもの。クロスフレームより強度が強い。空間の広さが増す。重い。設営に若干手間が増える。

ロッジ型テント

居住スペースがとても広く、長期滞在、人数が多くても快適に使えます。雨風にも強いです。設営はドーム型よりも手間がかかります。
2部屋や3部屋に区切られているタイプもあり、ベッドルーム、リビング、物置などのように分けて使うこともできます。

デメリットは設営に広いスペースを要するため、キャンプ場によっては使えない所も。さらに、重量が重く嵩張ります。

最近はロッジドーム型と言われる、ドーム型のように設営も簡単で、ロッジ型のように居住空間も広いタイプもあります。

ティピー

ポールは中心に1本だけで、インディアンのおうちのような円錐型のテントです。見た目がとてもかわいいのも特徴です。
ウォールは1重で天井も開閉でき、通気性がようです。。設営はとても簡単ですが、ペグでしっかり固定できる土壌でないと悪天候時は厳しいかもしれません。

テントの設営方式には何がある?

スリーブ式

クロスフレーム構造で2本のポールをクロスさせて組み立てるだけの簡単構造です。1人でも5~10分で組み立て可能です。

吊り下げ式

テントを留め金のついたポールから吊り下げるように設営します。

ワンタッチ式

これぞ、ほんとに数十秒で傘が開くかのごとく設営が終了するそうです。

スポンサーリンク

ポップアップ式

ワンタッチ式よりもさらに簡単で、数秒でテントが出来上がってしまうようです。超初心者向けですね!

キャンプ時のテントのサイズの選び方

サイズ表示は人数でされていることが多く、一人分のスペースを50×180(cm)程で計算している事が多いそうです。
人数+1~2人位のサイズのテントが物も置けて使いやすいと言われています。

もし、家族4人でキャンプだとすれば、沢山の荷物を置くスペースも考慮して3m×3m程あるとかなり快適です。
ただ、大きくなればなるほど重くて嵩張るのは難点です。

テントの選び方 テントのパーツごとの留意点は?

本体のフロア部分

耐水性が重要な部分。安くてもブルーシートのような素材でできているものは耐水性、耐久性ともに悪いのでやめた方が無難なようです。

防水性が心配なら、テントの底と地面の間にグランドシートを敷いて、テントを水分や汚れから守るようにします。

フライシート

テント本体を覆い、雨風からテントを守る役目を果たします。地面すれすれまでカバーできる大きさのものがベストです。

耐水圧1000mmで普通の雨、1500mmなら強い雨にも耐えられるようです。(ゲリラ豪雨なら。。。キャンプを中止ですね)
天気は予測不可能なので、耐水圧1500mm以上がいいと思われます。

耐水圧が高いと通気性は悪くなるので、テント本体の耐水圧は1000mm程が妥当かもしれません。

ポール

少しの風や雨でポキッと折れても困るので、ポールの材質は重要です。

鉄:強くて重い
グラスファイバー:鉄より軽いが弱め
ジュラルミン:軽くて強いが高い

テントに付属のペグ

ペグは地面にテントを固定するのにとても重要です。付属のペグがプラスチックなら、ほかの材質の物を別途で購入した方が無難かもしれません。
重久手頑丈な鉄製や最近人気のソリッドステイク、もう少し軽いチタン製などがあります。

Vペグ、Tペグ、ピンペグなどの形があり、土壌に合わせて、ペグの形を選ぶといいようです。

前室/後室

テントの居住空間の前や後ろ又は両方に作られた、屋根やサイドウォールで囲われたスペース。靴やクーラーボックスなどを置いたりするのに都合がいい。
広さはまちまちで、広いものはテントとタープが一体化して調理スペースとしても使用できとても便利。
ないと不便。

モスキートネット

メッシュ性の網戸でテントの本体の壁に設置してあります。蚊やハエなどの虫対策や通気性向上、温度調節にあった方が快適です。
寒い時用にフライスクリーンがテント地で覆える構造になっているとさらに便利です。

まとめ

キャンプはテント次第で最高の思い出にも、最悪の思い出にもなるといっても過言ではありません。長く使うものなら、安いからと言って飛びつくのではなく、しっかり吟味して選びたいものです。
お店の人にもどんどん聞いてみるといいですね! 

スポンサーリンク

-旅行・お出かけ・アウトドア・イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

せともの祭 陶器の出店・イベント・花火・瀬戸焼きそばの楽しみ方!

せともの祭りの季節がもうすぐやってきますね! うちの祖母が大好きだった瀬戸物。肩身のものが実家に沢山あります。 せともの祭りは「せともの大廉売市」がとても有名ですね。 瀬戸市のせともの祭りは日本三大陶 …

海外旅行保険金額の目安とおすすめ カード上乗せもOK?

海外旅行に行く時、海外旅行保険は必需品です! 旅先で何があるかわからないし、なんせ海外の医療費は論外に高い!! スポンサーリンク 補償金額はどの位のものが安心なんでしょう? 海外旅行保険付帯カードでも …

大江戸温泉物語あわら体験記!名古屋から往復無料のシャトルバス編 

大江戸温泉物語ってご存知ですか? スポンサーリンク 全国展開の温泉施設なのですが、なかなか口コミもいいし、コストパフォーマンスもとてもいいんです。 その大江戸温泉の広告のことを母がよく興味深そうに話す …

保津川下り紅葉時期の予約と待ち時間,トロッコとの組み合わせ

保津川下りを紅葉の時期にしたいならどうしたらいい? 予約するの?当日並ぶの? 混雑してそう! など色々な疑問がわきますよね。 四季折々の景色が楽しめて通年人気な保津川下りですが、 紅葉の時期は色彩豊か …

高山祭り 秋 見どころの日程&場所と雨天時情報

日本の小京都とも言われ注目を集める高山。 この高山市街で行われる高山祭りは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」があり、 見事な屋台(山車)を見ようと全国から沢山の人々が集まります。 スポンサーリンク 春は旧 …

よく読まれている記事

最近のコメント