365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事関連 海外生活 (オーストラリア)

バレンタインデー海外ではどう過ごす?贈り物は男性から?

投稿日:


オーストラリアに約10年住んでいますが、バレンタインデーは日本と違うなーと毎年思います。

お正月、クリスマス、バレンタインデーは日本とのギャップを激しく感じる三大イベントです(笑)

日本にいる時は慣れしたしんだ日本のバレンタインが普通だと思っていましたが

オーストラリアに来たらバレンタインはとってもシンプルなものでした。

今回は、ちょっと気になる海外(オーストラリア)のバレンタイン事情を張り切ってお届けします!

スポンサーリンク

バレンタインは海外だとこうなる!

英語でバレンタインデーは(St)Valentine’s Day((セイント)ヴァレンタインズ デイ)

オーストラリアは真夏ですが、世界共通の2月14日です。

熱々でしょ(笑)

起源は諸説あるものの、ローマ帝国時代のヴァレンティヌス司祭のお話は有名ですよね。

その昔、結婚を禁じられていた兵士たちの切なる願いを聞き入れて
皇帝に内緒で兵士達のための結婚式を行っていたヴァレンティヌス司祭。

最終的には処刑されてしまうんですが、処刑の日は2月14日。
ユーノーという家庭と結婚の女神の祭日でした。

そこでこの日が恋人たちの日として祝われるようになったという説です。

異論なんかもあるので何とも言えませんが、ちょっといいお話ですよね!

そう、恋人たちの日なので、日本のような義理チョコ・友チョコなどはありません。

カップルや夫婦が愛を誓い合うための日なので、
家族内でも親から子供にチョコなんてこともありません。

でも、商用に使われてないかと言えばそれは別問題(笑)

もちろんバレンタインを狙ったセールはいろんなお店でありますよ!

お花、バレンタインカード、チョコ(といっても普段から売られているようなチョコがメイン)、
テディ―ベアのようなぬいぐるみ等々。

バレンタインデーはレストランも大繁盛!

沢山のカップルで一杯になるし、バレンタインスペシャルディナーやランチを設定するところも。

そんなところは日本と似ていますね。

SNSはというと愛のメッセージが沢山飛び交います。

日本だと個人メッセージにしとくけどなと思うことも(笑)

オープンな人が多いです。

もちろんホワイトデーは存在しないし、お返しなんて面倒なこともありません。

スポンサーリンク

バレンタインデー海外で人気の贈り物は?

日本のバレンタインデーはチョコというイメージが強いですよね。
デパートなどにはお高級なものも沢山で目移りしますもんね。

オーストラリアでもチョコは人気の贈り物ですが
一粒何百円とするような高級なものではないんです。

いつもスーパーに置かれているようなチョコ。

その中でもちょっと格が上のチョコの詰め合わせは人気です。
例えば、日本でも有名な「リンツ」とか「フェレロ」とか。

チョコ+お花(赤いバラが多い)も定番だし、
ワインとお花やチョコも多いし、

下着だったりすることもあるし、アクセサリーや
キャンドルも人気です。

そして、バレンタインカードは必須!!
ロマンチックなメッセージを贈り合うのはホントに素敵!

これぞ、バレンタインデーの趣旨ですね!

ちなみに、恋人間でなくても

「Happy Valentine’s Day」(バレンタインおめでとう)という言葉は普通に使っています。

バレンタインデー海外では男性から女性へ贈り物?

オーストラリアのバレンタインデーは男性が女性に何かを贈る方が多いです。

女性もメッセージカードを用意したりはしますが、
お花やチョコやワインなどを用意するのは圧倒的に男性が多いです。

バレンタインデーの日は妻や彼女の職場に花を送るキザな(←死語かなこれ・・・)男性もいるんですよ!

私の職場でも毎年2~3人いますからね(笑)

お花じゃなくバルーンアートの時もあったなぁ。

バレンタインデーの夕方は赤いバラを買って帰る男性陣が多くてとてもほほえましい。
(カップルは同棲している人が多いですし)

少なくとも、女性があくせく何かを準備しているイメージはほとんどありませんね。

日本ではバレンタインデーを期に女性から告白することもありますが、
オーストラリアではむしろ男性から。

シングルの男性なら気になる女性をデートに誘うこともありますし。(ちょっと勇気がいるけどね)

スポンサーリンク

バレンタインデーの海外の習慣はやっぱり違った

海外のバレンタインデーの習慣はやっぱり日本と違いましたね。
今回はオーストラリアのバレンタイン事情でしたが、イギリスやアメリカでも似たような感じだと聞きます。
日本の独自路線はおもしろいし、他の国だともっと違った習慣があるかもしれませんね。

-季節の行事関連, 海外生活 (オーストラリア)
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブリスベンのクリスマス ツリー・マーケット・花火にライトアップ

ああ、今日も暑い!そんなブリスベンもクリスマスシーズン。 クリスマスムードが高まってきました! なんといっても真夏なので(日本の真夏よりは相当マイルドです)太陽サンサンのクリスマスですが、 日が暮れる …

年越しそばはなぜ/いつ食べる?アレルギーなら?具にも意味があるの?

大晦日恒例の年越しそば。なんで食べるのかご存知ですか? いつ食べるかもよく話題にのぼりますよね。 家庭によってばらばらなことが多いのでよくわかりません。 私の実家なんて、年によって違いましたから(笑) …

バレンタインの義理チョコはおもしろいばらまき系で勝負

義理チョコなんてめちゃくちゃ面倒!へたすれば誤解されかねないし・・・と思っている女性の皆さん! 職場で、学校で、習い事でって本当大変ですよね。 でも、ちょっとウケ狙いのチョコなら渡す時の相手の反応が楽 …

オーストラリアのクリスマスはいつ?過ごし方や料理,飾りは?

南半球にあるオーストラリア。季節は真逆です。 となると、オーストラリアのクリスマスはどうなるの? と疑問に思われる方もいらっしゃいますよね。 季節違いのクリスマスって想像がつきませんもんね。 今回はオ …

ブリスベン観光ならフェリー!在住者おすすめの穴場と乗り方

ブリスベン観光ならフェリーでブリスベン川を堪能してください! 観光地ではないと言われるブリスベン。 住んでいる私からすれば、自然の宝庫!景色も最高!見どころだらけに見えますが(笑) 特にブリスベンのシ …