365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事関連

女の子の初節句はいつ何をして祝う?早生まれなら?

投稿日:


子供の初節句ってわからないことだらけじゃないですか?

何をするのか、いつするのか、誰を呼ぶのか・・・

女の子ならかわいいお洋服も着せたいけど赤ちゃんだしどうしようかと
思ってしまうこともあるでしょう。

今回は女の子の初節句に焦点を絞り、いつ、何をするかという疑問を解決していきましょう!

スポンサーリンク
  

女の子の初節句はいつ祝う?

ひな祭りは女の子の健やかな成長を祈る節句。厄除けの意味もあるんです。

3月3日がひな祭りだというのは周知のことですが、初節句はその日にやりますか?

家族内で済ますなら当日がいいですよね。

でも、初節句となると両家の両親や祖父母などと一緒にお祝いすることも多いですよね?

この場合は準備もいるし、みんなの都合が合わないといけません。

3月3 日 が週末だったり、家族が集まりやすい日ならいいですが、
そうでないならひな祭りの日以前の週末を使ってお祝いする人も多いです。

ひな祭りを過ぎるとお雛様が片づけられちゃいますからね。

どうしても都合がつかない場合は、ひな祭りの日には家族で祝い、
親族とのお祝いは後日ということでも構わないと思います。

実際、うちの姪っ子の時もみんなでお祝いができたのはひな祭り後でしたから。

予定を組んでおいても、子供は風邪を引いたりもしますからね。

日柄を気にするご家庭もあるようですし、地域によっては旧暦で祝う所もあります。

家族間で相談して楽しくお祝いできるようにするのが一番ですね。

スポンサーリンク
 

初節句 女の子が早生まれの時は?

早生まれの場合ですが、お宮参りが済んでいるかどうかを目安として決めることも多いようです。

女の子のお宮参りの時期は生後33日と言われていますが、
最近は30日前後で都合がつく日にされることも多いとか。

もちろん地域差もあります。

でも、生後33日ってかなり大変ですよね。

ママの体調も完全ではないかもしれないし、帝王切開なら尚更苦痛。

赤ちゃんだってお祝いどころじゃないかもしれませんね。

最近ではママと赤ちゃんの状況に合わせて
生後3か月未満なら初節句を来年に持ち越す事も多くなってきています。

うちの姪っ子は2.5か月位で初節句を迎えましたが、
赤ちゃん赤ちゃんしてましたよ。

お祝いの間中ほぼ寝てました(笑)

無理やり寝ている所を抱き上げて、みんなとお雛様の前で撮った写真が残ってます(笑)

ギャン泣きより写真の収まりはいいですけどね。^^

女の子の初節句には何をする?

初節句は両家の父母を招待してお祝いするのが一般的です。

ご家庭によっては親戚の方も参加されるかもしれませんね。
そこは両家のご両親と相談するのが一番です。

ひな人形は両親から送られることが多いので、
お雛様を飾って桃の花、ひし餅、雛あられ、甘酒などの御供え物をして、
家族でひな祭りにちなんだお料理を食べるのが一般的です。

ご両親からの贈り物へのお返しを兼ねて御膳をとったり、
自宅でちらし寿司とハマグリのお吸い物、桜餅やお雛様ケーキなど桃の節句にちなんだ御馳走を用意するのが定番です。

みんなでひな祭りの歌を歌ったり、写真をとったり、おしゃべりをしたり
和やかに団らんを楽しむといった感じでしょうか。

孫とお雛様、家族みんなでの記念写真も是非とっておきたい所ですよね!

写真館で写真をとる事も多いですが、それは絶対お雛祭り周辺でないとダメということはありません。

いつとっても背景はひな祭り風にできますし、衣装が映えるような時期になってから
撮ってもらうのもいいのありかなと思います。

スポンサーリンク
 

女の子の初節句の時期と祝い方まとめ

初の桃の節句は大変なことも多いですがやりがいもあると思います。
両家が集まってお祝いをする場合はママや赤ちゃんの状態に合わせて
日程を調整するといいですね。
両親からひな人形やお祝いを頂いているなら祝宴で感謝の気持ちを伝えるのが親孝行です。
みんなで盛大に娘さんの成長を祝ってあげてくださいね♪

-季節の行事関連
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休みの昼ごはん こども大喜びde作り置きOK献立アイデア

こどもには楽しい夏休み!親には、、、どうなんでしょうね(笑) 毎日の給食がない分、小中学生のお子さんを持つご両親には大変な時期でしょう。 毎日のこどもの昼ごはん、レパートリーも尽きたわ。。。と嘆くお母 …

母の日のプレゼント お花以外で母がグッときたもの

母の日はお花とカードでもいいけど、お花以外でスペシャルなことがしたいと思ったことはありませんか? ところが、お母さんに聞いてみても、「何もいらないからね。」の一言が返って来ることは多いです。何かしたい …

ハロウィン仮装大人の簡単スマートなアイテム 男性・女性用

ハロウィンの起源は古代ケルト族のサウィン祭。 収穫祭の要素と日本のお盆のような要素があるお祭りでした。 ご先祖の霊と一緒に悪霊も降りてくると考えられていたことから みんなで化け物に仮装して悪霊から身を …

お月見 十五夜と十三夜のお供え物と飾る場所は?

秋の風物詩と言えばお月見ですね! 月を愛でながらお団子を食べるという方も多いのではないでしょうか。 月の神様への感謝と収穫祭的な要素をあわせもつこのお月見。 一般的にお月見をする日とされる十五夜と十三 …

初詣はどこの神社やお寺でもいい?氏神様は必ず参拝するもの?

みなさん、初詣はどこへ行かれますか? 神社派の方もお寺派の方も両方行くよ~って方もいらっしゃいますよね。 何か所も参拝する方も意外と多いのではないでしょうか? 私もそうです(笑) ところで、素朴な疑問 …