365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

初節句のお返しは両親や親戚にも必要?金額の目安は?

投稿日:2018年1月16日 更新日:


子供の初節句は両親だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんや親族にとっても一大イベントです。
いろんな方からお祝いを頂くことも多いですよね。

ひな人形や五月人形だったり、お金だったりとお祝いの形は様々ですですが、
愛をいっぱい感じますね!

でも同時にお返しのことが心配にもなります。

今回は初節句にお祝いをもらった場合のお返しについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

初節句のお返しは両親へも必要?

孫の初節句をパパママと同じように楽しみにしているのが
両家のおじいちゃんおばあちゃんですよね。

昔からの習慣で立派な雛人形や五月人形を贈られることも少なくないと思います。

そうでないならそれ相当の金額をお祝いとして贈るというご両親も多いと聞きます。

一般的に両親へのお返しは
初節句の食事会に招待し、一緒に祝うことで大丈夫だという考え方が一般的です。

お祝いの額が高額な事も多く恐縮ですが、
それはご両親の娘や息子、孫に対しての愛なので素直に受け取れば喜ばれます。

ご両親としては子供夫婦が喜んでくれて
家族で和やかに初節句が祝えればとても幸せだと思いますよ。

ご両親がお好きでちょっと豪勢な食事を用意し、
一緒に写真をとって後日お渡しするのもとても喜ばれますね。

何枚かとってあれば、フォトアルバムにもできますしね。

引き出物としてお赤飯や紅白餅を出す人も多いようです。

うちの親もそうですが、子供からのお返しは最初から期待していない親がほとんどです。

もしここで高価なものをお返ししてしまえば、ご両親は

「せっかくのお祝いが無駄になってしまった。」
「子供に余計な心配をかけてしまって申し訳ない。」

と思われかねません。

快く受け取って、楽しいパーティーを開いてあげてくださいね!

もちろんあふれる感謝の気持ちを伝えるのをお忘れなく!

もし、ご両親が遠方でお食事に招待できない場合は
感謝の手紙と初節句の家族写真を送って差し上げましょう。

お好きな食べ物などを添えるのも気持ちが伝わりますよ!

お返しなんていらないのに~って怒られるかもしれませんが(笑)

ハイテクなご両親ならラインやメッセンジャー、スカイプなどで
祝宴に参加してもらうのもありかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

初節句のお返し 親戚には?

ご両親だけでなく親戚からお祝いを頂くこともありますよね。

この時はどうしましょう?

地域や家庭によっては親戚一同揃って祝宴をして済ませる所もありますが、
住宅事情からホームパーティーは無理という所も多いです。

親戚の場合は、近い親戚と遠い親戚に分けて考えてもいいかもしれませんね。

近い親戚というのは、頻繁に合っていたり仲のいい間柄です。

私も実家の目と鼻の先に母の実家があったので、おばたちとは昔から母子のようでした。
お祝いなどもよくもらいましたが、お返しは受け取ってくれません。

「他人みたいなことはやめて!」といって突き返してくると言った感じ(笑)

こんな感じの近い間柄ならあらたまったお返しよりは
ちょっと高級な手土産をもって遊びに行くのがいいかもしれません。

もちろん、初節句の写真も見てもらいながら。

反対にほとんど交流はなく義理だけの付き合いという親戚もいるかもしれませんね。

そんな時はこちらも少しかしこまって「内祝い」ののし付のお返しをすればいいと思います。

少なくともうちの実家はこうでしたけど、家庭のルールがあるので
親戚に関してはご両親に相談するのが一番手っ取り早いと思います。

初節句のお返し金額

初節句であらたまってお返しをする場合の相場は一般的に1/3~半額と言われています。

恐らく一番奮発されるのはご両親。
お人形を買えば○十万なんてこともざらですしね。

でも前述したようにご両親からのお祝いは初節句のお食事会でお返しという形に
なるので30万頂いたけど、お返しは10万?15万?みたいな話にはなりません。

そんな高額なお返しをしたら

「何のためにお祝いをしたのかわからない」と嘆かれてしまいます。

とはいえ、何かお返しがしたいと思うのが子供心。

お返しという形ではなく
父の日や母の日に旅行などプレゼントを奮発してみてみるのもいいかもしれませんね。

1/3~半額返しというのはお食事に招待できなかった親族に対してだけで十分です。

スポンサーリンク
 

初節句のお返し まとめ

両親や親族からの初節句のお祝いはお食事に招待して一緒にお祝いすることで
お返しすることができます。ちょっとして引き出物を用意することはあるにしても高額なお返しをする必要はありません。
ただ、遠方にいらっしゃる親戚へはお礼の手紙・写真と1/3~半額程度の贈り物をそえるのが
マナーです。
新米パパさん、ママさん一緒に力を合わせて乗り切って下さいね!

-季節の行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七草粥の米からの作り方と味つけ 七草の分量はどの位?

無病息災を願って1月7日に頂く七草粥。お正月休みに食べ過ぎた胃を休めるにも絶好のチャンスですよね。でも、お粥って普段食べない人にとっては未知のお料理。お米からの作り方や味つけにも戸惑いますよね。七草を …

ジャックオーランタン 作り方

ジャックオーランタンの作り方と道具 長持ちさせる保存の仕方

怖いお顔のジャック・オー・ランタンはハロウィンの代名詞のような存在。 デコレーション用の置物も沢山ありますが、海外のように生のカボチャから手作りするのもおもしろいですよね。 ちょっと手間はかかるけど工 …

七夕のデザートは何にする?ひんやりおいしい手作りスイーツ集

7月7日には七夕らしいご飯を作る方も多いですよね。星や天の川など涼しげできれいなイメージなので料理するのもワクワクです。 そしてお楽しみのデザート!何を用意しましょうね?七夕気分が盛り上がるとびっきり …

クリスマスの工作 子供と楽しく作れる簡単なデコレーションはこれ!

クリスマスの飾りを手作りした事はありますか?クリスマスの飾りを親子で手作りって楽しいですよね!買ってくるオーナメントも素敵ですが、親子でワイワイ手作りする方が子供さんの心には残るんですよね!今回は、園 …

七夕に名古屋でデートするならどこ?当日のイベントや過ごし方

七夕と言えば織姫と彦星伝説が有名ですよね。 年に一回天の川を渡って再開できるというロマンチックなストーリー。 さあ、七月七日。地上のカップルたちはどのように過ごしますか? 一緒に星を眺めますか?短冊を …

プロフィール

プロフィール

管理人のビーンです。

旅好き、アウトドア好き、写真好き、実験的な料理好きのフリーランス女子(←いや…おばさん)。

書くことが好きで生活情報をぼちぼちブログで発信してます。

 

>>続きはこちら