365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

旅行&イベント 海外生活 (オーストラリア)

マウントクーサ植物園 バスでの行き方とカフェ情報 (現地から)

投稿日:2018年2月10日 更新日:

オーストラリアのブリスベンで有名な観光地マウントクーサ。

展望台と共に人気なのが植物園です。

とても大きな植物園でピクニックにも最適ですよ。

鳥たちやトカゲたちも沢山!(野生の)

さすがはトロピカルなブリスベン。植物園自体も南国ムード満点です。

マウントクーサに行ったなら是非とも足を運んでほしいスポット、ボタニックガーデン。

私の大好きな場所でもあります。

今回は、その魅力とバスでの行き方をばっちり紹介したいと思います!

スポンサーリンク

マウントクーサの植物園ってどんな所?

私もよく行くんですが、一昨日行ったらインフォメーションセンターが新しくなっていました。

ここで、パンフレットをもらったり、園内の事を教えてもらったりできますよ。

暑い日には、冷房でキンキンに冷えているので涼むのにもどうぞ(笑)

この植物園は

「Brisbane Botanic Gardens Mt Coot-tha」
(ブリスベン ボタニックガーデンズ マウントクーサ)

マウントクーサとはアボリジニーの言葉で「はちみつの山」なんです。

植物園の敷地はすごく広くて56ヘクタール!

敷地内にはプラネタリウムもありますよ。(有料)

最近新しいエリアもできたりしているのでどんどん大きくなっているイメージです。

園内はとてもダイナミック!

植物園というときれいなお花があって、温室があって・・・

というイメージですが、

この植物園、

レインフォレストのエリアとか本当にジャングルにいるような感じですし、

何これ?というようなとげとげの木とかフィグの大木とか・・

すっごくおもしろい!!

オーストラリアの植物と全世界の植物が合わさって

とても興味深い空間になっています。

約5000種20000以上の植物があるんですって。

温室やサボテン、ハーブ、キッチンガーデン、日本庭園などもありますよ!

ラグーンや湖も作られていたり、子供向けの仕掛けがあったり

大人も子供も楽しめます!

それと、動物園じゃないのに動物が多い!

カモ、ウォーターヘン(黒の水鳥)、アイビス(鶴のような感じ)はラグーンの芝で

ランチをしていれば絶対に来ます(笑)

植物園を歩いていると、いきなり七面鳥が出てきたり、

ウォータードラゴンも至る所にいます。

こんな風に(笑)

A post shared by Bean (@bean.sworld) on

池には亀も泳いでますし♪

観光だと駆け足で見ていく人が多いですが、

ぜひゆっくり時間をかけて過ごしてほしい所です。

ちなみに植物園は無料。

開園時間は8:00~17:30(4月~8月は17:00)です。

スポンサーリンク

マウントクーサ植物園にレストランやカフェはある?

植物園のインフォメーションセンターに向かって左前辺りにも入口がありますが、

その入り口のすぐ左手にカフェがあります。

テラス席なので植物園の竹林とラグーンあたりの眺めが絶妙です。

ドリンクと朝食、ランチ、スナック系がメイン。

味は・・・普通ですね。

ウェディングなどにもよく使われているので、

よくパーティーにも遭遇します。

ここでも、鳥やウォータードラゴンをよく見かけます(笑)

営業時間は平日9:00~16:00 週末8:00~17:00となっています。

[日本から簡単予約]ブリスベンのオプショナルツアーはベルトラ で☆☆

マウントクーサ植物園までのバスでの行き方

マウントクーサ植物園まではブリスベンのバスで簡単にいけますよ!

ブリスベンシティーのAdelaid Street(アデレードストリート)の41番のバスストップから

471番のバスに乗って約30分。

同じバスで展望台までも行けます。

植物園と展望台間はバスで7分。

坂道なので歩いていくとかなりきついと思います。(やったことないですが)

乗る前には「GO CARD」を買っておくと

ペーパーチケットよりかなり安くなりますし、簡単です。

日本のSuicaのようなICカードです。

471番のバスの時刻表はこちらです。

本数が多くないので行くチェックして下さいね♪

スポンサーリンク

おわりに

マウントクーサの植物ガーデンは自然派の方ならとても気に入って頂けると思います。

ツアーなどを使わなくてもバスで行けるのですごく手軽。

植物園と展望台を合わせると半日はかかると思うので時間に余裕をもって楽しんでくださいね!

-旅行&イベント, 海外生活 (オーストラリア)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

オーストラリアのお正月の過ごし方 休暇、食べ物、風習 現地レポート

オーストラリアのブリスベンに移住して早10年程。こちらのお正月は・・・なんというか・・・ 趣が全くない!(笑) クリスマスもそうですが(本日クリスマスイブ30度超え、明日もそうね・・・)、夏だから暑い …

小樽雪あかりの路の会場とマップ アクセスと日程のまとめ

雪景色の小樽の街に無数の灯りがともされる幻想的なお祭りと言えば「小樽雪あかりの路」。雪の中に温かく灯るキャンドル、小樽運河に浮か灯・・・私も2018年に行ってきましたが今でもその情景が浮かぶほど素敵な …

スーパー北斗

スーパー北斗に乗車してみた[おすすめの座席は海側か山側かを写真で紹介]

JR特急のスーパー北斗で札幌⇔函館間を往復してみました。 片道4時間ほどかかりますが、車窓からの風景は格別。広大な大地を駆け抜ける列車旅は最高です。 今回は海側と山側の風景写真とともにおすすめの座席を …

no image

キャンプの洗い物 水の調達や乾燥の仕方 なんとか減らす方法は?

キャンプの時、洗い物はどうしてますか?食事の後の食器や調理器具など何らかの洗い物は出ますよね。でも、家にいる時と違って水や乾燥はどうすればいいのかという問題も。 今回は、キャンプの食器洗いはどうすれば …

高速バス 名古屋⇔東京駅の昼便 新東名スーパーライナー乗車記

名古屋⇔東京間だと新幹線が一般的ですが、高速バスもいいですね! 実はつい先日JR東海の新東名スーパーライナー号(昼行)に乗ってみました。 早いんですよ、このバス! 新東名高速を走って、ほとんど止まらな …