365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

旅行&イベント

アサリを潮干狩りでガッポリ採るコツ!時間・準備・実践編

投稿日:2017年4月25日 更新日:


潮干狩りでアサリを沢山採るコツって何?

有料潮干狩り場でもほとんど採れず、ガックリなんてことにはさせません!

コツさえ押さえておけば、結構あっさり採れてしまうことも多いんです。

さあ、そのコツとはなんでしょう?

スポンサーリンク
  

アサリを潮干狩りで沢山採るコツ 時間編

基本中の基本。潮見表でしっかり確認してから行くのが大前提です!!

昔よくありました。海まで行ったが、満潮みたいな失敗談。温泉に行くついでに、潮干狩りもできたらいいね程度だったのでいいですが、

潮干狩り目的で海まで繰り出していたら泣くに泣けません(苦笑)

潮干狩りに最も適しているのは(自身のブログで何回も言ってますが、大重要です!)

大潮(潮の満ち引きの差が最大)の時期

日中に干潮がある時期です。(変な時間に引き潮でも困ります)

これは、潮見表を見ればすぐにわかります。

全国の地域ごとの情報を知るにはこのサイトがとてもわかりやすいと思います。

こちら

そして、干潮の時間の前後2時間、計4時間程が勝負です!!

ただし、潮干狩りの時期は沢山の方が来ることも考慮して、勝負は最初の1~2時間ではないでしょうか。

このゴールデンタイムまでに準備万端で浜でスタンバイしていることが成功のカギです!!!

スポンサーリンク

アサリを潮干狩りで沢山採るコツ 服装・準備編

ゴールデンタイムまでに準備を整えておくことはとても重要というお話をしましたが、実際何を準備しておくの??という方へ。

服装や持ち物についてはこちらをご覧ください。(お子さん連れの方にも対応しています)

服装・持ち物が万全になったところで次に重要なのは駐車場。無料・有料のスポット別に見て見ましょう。

潮干狩り場 無料のスポット

無料の海岸で潮干狩りをする場合は、干潮の少なくとも3時間以上前(GWなどのピーク時ならもっと前)には現地入りしておいた方がいいと思います。

無料の駐車場は数が少ない事も多く争奪戦に!駐車場待ち渋滞も起こることがあります。

なるべく、海岸の近くで駐車場を確保して、トイレを済ませ、休憩でもしている余裕が大事です。

そして、干潮の2時間前頃から浜へ入っていければばっちりです

潮干狩り場 有料のスポット

潮干狩り場の開場時間の少なくとも1時間)以上前(ピーク時ならもっと前)には到着し、駐車場を確保します。
有料の潮干狩り場は割と大きな駐車場がある所も多いですが、すぐに満車になります!

トイレ、水分・栄養補給もお忘れなく♪

そして、開場と共に浜へ入ります。干潮になる時間によっては浜で少し待つことになるかもしれませんが、
水の量がそれほど多くなければ、底の方を足で探ってみると採れることがありますよ。

水遊びしててもいいですしね。

アサリを潮干狩りで沢山採るコツ 浜での実践編

有料・無料の潮干狩り場 共通

☆浜に入り次第、少しまだ水のある段階から海底を足で掘りながら探っていきます。

☆アサリには一か所に集まる習性があるので、一つ見つかったらその辺りを集中的に探します。

☆干上がってきたら、しゃがんで砂浜を見渡し、ポツポツ数ミリ程の小さな穴が開いている所を探します。これは、あさりが導管を伸ばし水を吹いている証拠!=アサリがいる!

☆アサリは浅いところに生息しているので、軽く5cm程掘ってみましょう。

☆沢山採っている人の周辺に行ってみる。

☆岩場の周辺は少し探しにくいですが、アサリがいる可能性が大きいようです。

☆お子さん連れの場合は、パパママのどちらかが、子どもと遊ぶことに徹し、もう一人はあさり採りに集中!

有料の潮干狩り場

有料の潮干狩り場は、開場前にあさりを撒いています。もちろん撒く量には限りがあるため、

開場後だいぶ経ってから行ったとしても採れるわけがありません。

大体1時間位が勝負と言われています。(これは無料のスポットでも言えますが)

そして意外にも人の密集している所でとるのも効果的なようです。

なぜかと言えば、漁協の人が撒いた場所の方へ入漁者を案内していることが多いからです。
(お金払ってるのにとれなかったじゃないか!なんてクレーム嫌ですもんね)

実際に漁協の人と話でもしながら聞いてみてもいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

まとめ

潮干狩りで沢山収穫したい時は、事前のリサーチと準備、余裕をもった入浜、ちょっとした知恵が大切なようですね!

特にピーク時の駐車場探しは一番の難関!早めに行って、ゆーったりして本番!!!位の気持ちが成功のカギだと思います。

沢山とれますように!!

-旅行&イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴールドコースト観光の穴場 公共交通で行けるビーチ

ゴールドコーストというとサーファーズパラダイスとテーマパークといったイメージですが、 それだけではありません! 果てしなく続く白砂の美しいビーチ、内陸方面に行けば世界的にも有名な国立公園が目白押し。 …

ジェットスター国内線の機内持ち込みで食べ物や飲み物は?機内食もある?

ジェットスターは機内食やドリンクのサービスがない事でも有名。 いや、無いんじゃなくてオプション=購入する必要があるんです。 ジェットスターの国際線はよく使うので慣れてますが、 国内線の場合は食べ物や飲 …

京都の仁和寺で宿坊体験 朝のお勤めと境内散歩で癒しの時間

京都に行くならお寺に泊まってみたい!!とワクワクしていた一昨年。 いろんな宿坊があって目移りしたものの、 世界遺産でもあり、アクセスもいい仁和寺(にんなじ)に宿泊しました。 朝のお勤め体験や早朝の境内 …

ソロキャンプ 女子

ソロキャンプ女子の場所選び 危険対策と防犯に役立つグッズ

ソロキャンプブームの昨今、女性一人でソロキャンプを始める人が増えてますね。 でもソロキャンプはとても魅力的ですが女性ならではの心配事も…。今回は自分や友人の体験を基に初心者女子キャンパーが …

運動会のお弁当 簡単かわいいアイデアと前日の準備

お子さんのいる家庭なら、運動会は春の一大イベントですね!運動会では競技もさることながら、みんなで食べるお弁当もまたいい思い出になります。ただ、家族みんなで応援に行けば結構な量のお弁当を作る事になるので …

プロフィール

プロフィール

管理人のビーンです。

旅好き、アウトドア好き、写真好き、実験的な料理好きのフリーランス女子(←いや…おばさん)。

書くことが好きで生活情報をぼちぼちブログで発信してます。

 

>>続きはこちら