365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

旅行&イベント

秋冬キャンプ寒さ対策の装備と暖房グッズ オートキャンプ編

投稿日:2018年9月18日 更新日:

秋から冬にかけてのキャンプが最近人気ですよね。

暑くて人の多い夏よりもリラックスできるのでハマる方も多いでしょう。

私もそんな一人です。

ビギナーキャンパーやファミリーキャンパーにはハードルが高そうですが、

寒さ対策をしっかりすればとても快適に過ごせますよ。

今回は、実体験から最低気温が0度前後のオートキャンプに必要な装備や持ち物をまとめ

てみました。

スポンサーリンク
  

秋冬キャンプ寒さ対策に必要な装備

冬は言うまでもないですが、秋でも晩秋や寒冷地でのキャンプは冬装備をしておいた方が確実。

オーバー気味に準備をしておくのが基本です。

暑いのは何とかなるけど、寒いと何ともできないので。

現地の気温や天気などを確認してから、それに見合った準備を始めましょう!

それでは、防寒対策に必要な装備を順番に見ていきましょう。

秋冬キャンプの寒さ対策に電源サイトをチョイス

装備ではないですが、キャンプサイトを選ぶ時に電源サイトを選んでおくと

ビギナーやファミリーキャンパーも安心です。

ちなみに、装備が十分に整っていれば電源がなくても大丈夫です。

秋冬キャンプのテント

特に冬用テントと言うものはないですが、インナーテントとフライスクリーンで構成されるダブルウォールのテントがベストです。

登山用や安物以外ほとんどダブルですが、ダブルウォールの方が防寒対策はもちろん、結露対策にも効果的です。

スポンサーリンク

秋冬キャンプのマット&シート類

グランドシートやインナーシート、シュラフマットは必需品です。

オールシーズン必要ですが、寒い時期はそのありがたみが身に沁みます。

テントの傷や汚れ予防、クッション目的だけでなく、地面からの冷気を防いでくれるのでありがたい。

厚みはあるに越したことはないです。

敷き方やジョイントマットや段ボールなどの代用品を使ったやり方は↓

テントのインナーシート&グランドシートとは?敷く順番と代用品

シュラフマットの比較は↓

参考:シュラフマットの種類と比較インフレータブル,エアー,ウレタンで試してみた

秋冬キャンプのシュラフ

現地の最低気温から判断して、少々オーバースペックの物を準備。

快適温度と言う表示にはばらつきがあるので。←体験済み。

参考記事:冬キャンプ寝袋の選び方 温度や種類、素材は何がベスト?

シュラフカバーは状況によりけりですが、結露が予想される場合は寝袋を守るのに効果的。

シュラフカバーとは その効果と必要な場面はどんな時?

寝袋の保温力を少し助けてくれる働きもあります。

環境と手持ちの装備を見て、必要か判断されればいいと思います。

秋冬キャンプの暖房

電源サイトなら小型の電気セラミックヒーターが重宝します。(テント内)

うちのは片手でも持てる位の小ささですが、テント内のツールームともかなり温まります。

車のスペースに余裕があれば電気カーペットや電気毛布も便利。

ただ、最低気温が0度程度のうちのキャンプの場合、

小型ファンヒーターと寝袋と温かい服装で十分です。

電源サイトでない場合はテント内ではとにかく着込む!!

石油ストーブやガスストーブ、薪ストーブは外で使うにはありです。

参考:キャンプの暖房 電気・ガス・薪・石油の特徴と選び方

テント外なら着込んで、焚き火!!これが至福の時間です。

直火禁止の所が多いので、焚き火台があると安全で便利ですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク snow peak 焚火台M オリジナルセット SET-111 […
価格:31644円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)

楽天で購入

秋冬キャンプ用の服装

サーマル下着や、フリース、裏起毛のトレーナー、冬用のダウンジャケット類は必須。

厚めの靴下(重ね履きできるように多めに)やマフラー、手袋、ニット帽も必要です。

足元は防水のアウトドアブーツがベスト。

秋なら最高気温が上がると暑い時もあるので、重ね着で調節できるものが便利です。

冬のキャンプの服装と寝る時の格好は何を準備したらいい?

 

キャンプの暖房グッズ

上にあげたものの他にもこんなグッズ類があると重宝しますよ。

環境によっては必須とも言えるアイテムです。

カイロ

寝る時、外にいる時などカイロを腰や肩、足などに貼っておくと寒さが全然違います。

これはほんとにお役立ちアイテムです。

ブランケット

外で食事をしたり、焚き火にあたっている時に欠かせないひざ掛け。

寒かったら寝袋の中に入れてインナーとしても使えるので便利です。

湯たんぽ

懐かしい響きですが、湯たんぽを寝袋の足元に入れておくとすごく温か。

朝までぽかぽかしています。直火にかけられる金属製の物も便利です。

トイレ

トイレのあるキャンプ場は多いですが、夜中はせっかく温まった寝袋から出るのが辛いことも多々。

冬はトイレが近くなるのに、寒い思いをして歩いていくのも大変。

そんな時に簡易トイレは重宝します。

魔法瓶

個人的に気に行ってるんですが・・・保温ボトルがあると便利。

寒い時期に温かい飲み物は必須ですが、その度にバーナーを使うのは面倒。

電源サイトでもテント内でケトルを使いたくないので、外でお湯を沸かした時に保存。

評判のいいブランドのものなら数時間たっても熱いまま保てるので便利です。

ちなみに、うちはスタンレーを使ってます。

スポンサーリンク

おわりに

秋冬キャンプの寒さ対策はちょっとやりすぎ?位がベスト。

車のスペースとの兼ね合いもあるので、準備できるキャンプ用品に見合った場所を選択するのも大事です。

秋冬キャンプに燃料は欠かせませんが、薪などの燃料がいる場合、現地で調達できるキャンプ場を選ぶのも手ですね。

少し一息つくために近くに温泉がある場所なんかもいいですね。

楽しく工夫して、快適なキャンプを!

-旅行&イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親子遠足のお弁当 おかずやサンドイッチ,おにぎりと痛まない工夫

幼稚園や保育園の親子遠足にはどんなお弁当を持っていきましょう?普通の遠足とは違って仲のいい親子同士でお弁当を囲むこともよくありますよね。 「よかったらこれ食べてみて下さい♪」みたいな感じでお弁当交換に …

下呂温泉の足湯と無料露天風呂&おすすめ散策スポット

下呂温泉と言えば有馬温泉、草津温泉にと並ぶ日本3大名泉の一つ。 1000年以上の歴史のある温泉です。 岐阜県下呂市の山間にあり、きれいな飛騨川も流れていて、 昔から湯治場としても有名だったとか。 下呂 …

センターホテル成田1

センターホテル成田1は駅近でコスパ良し!宿泊レビューを書いてみた

成田空港周辺にはいろんなホテルがありますが、今回はコスパがいいと評判のセンターホテル成田1に宿泊してみました。 駅からのアクセスも良好でシャトルバスや朝食のサービスもよく、おすすめだったので写真付きで …

潮干狩り 子連れ

潮干狩りの子供の持ち物と服装・靴&迷子対策はどうしたらいい?

子供と一緒の潮干狩りって大人だけで行くのとわけが違いますよね。持ち物も増えるし、安全対策もしなきゃいけないし大変。行く前には抜かりなく準備しておきたいですよね。 今回は子連れで潮干狩りへ行く時の持ち物 …

キャンプの暖房 電気・ガス・薪・石油の特徴と選び方

スポンサーリンク 寒い時期にキャンプするなら暖房はどうしよう? 自分のキャンプのスタイルにはどんな暖房器具が合うんだろう? 家では何気なく使っている暖房ですが、アウトドアだとちょっと戸惑いますよね。 …

プロフィール

プロフィール

管理人のビーンです。

旅、アウトドア、実験的な料理、自然と動物をこよなく愛すアラフォー女子。

調べる事大好き、実際にやってみるのはもっと好きな性格です。

元保護犬の愛犬と戯れながら生活のお役立ち情報や旅情報を発信してます。

>>続きはこちら