365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

クリスマスリース手作りで簡単な子供用 飾り付けやリボンの作り方も解説 

投稿日:2018年10月24日 更新日:

クリスマスの準備はワクワク。特に小さなお子さんがいると一緒にクリスマスの工作をしたりする機会も多いですよね。クリスマスに欠かせないアイテムと言えばリース!でも、子供が作るとしたら?何か簡単で楽しいアイデアはないかなぁ?今回は幼稚園などでもよく使われる簡単なリースの作り方や材料、リボンの作り方をご紹介します!幼稚園の年中さんから小学校の低学年位の工作にぴったりですよ♪

スポンサーリンク
  

クリスマスリースは手作り 簡単な子供バージョンは?

本格的なリースはかわいいけど小さな子には大変ですよね。私も作れんし!という親御さんも多いのではないでしょうか(笑)じゃー、3歳~小学校低学年位までのお子さんでも手間なし且つ楽しくできるリースとは?ここではまずリースのベースとなる部分のアイデアをご紹介しますね。

クリスマスリースは紙皿で

これはかなりメジャーで簡単な土台。紙皿の縁の部分をリースの土台として使用します。紙皿の真ん中の丸い部分をはさみやカッターで切りぬくとリースのような形になりますよね。ここにクレヨンなどで色を塗ったり、細かく切った折り紙などで貼り絵をするとリースの土台の完成です!

クリスマスリースは折り紙で

折り紙は色んな作り方がありますが、この年代の子ならビギナーレベルがよさそうです。これは6歳の姪っ子と作ったこともある一品。折り紙12枚を繋げて作るタイプで織り方も繋げ方も簡単!動画を見た方がわかりやすいと思うのでどうぞ。

クリスマスリースは紙粘土で

紙粘土も定番。紙粘土でリースの形を作って乾燥させて、絵具で色を塗れば完成!乾く前にリースにビーズや小さな木の実などを埋め込んでおくことも可能。リースに紙粘土で作った星やサンタさんなどを貼り付けておいたりもできますよ♪

クリスマスリースはトイレットペーパーで

トイレットペーパー?正確に言えばその芯で作ります。トイレットペーパーの芯にクレヨンや絵の具で色塗りor折り紙をくるっと一周貼り付けておきます。それを紐に通して輪っかを作り、上で結べばリースの出来上がり!大きさによりますがトイレットペーパーの芯が4個あればいい感じの大きさになりますよ。

スポンサーリンク

クリスマスリースの飾り付け

さてさて、リースの土台ができた所で今度は飾り付けですね。リースをデコレーションしていく時の材料としてはこんなものがありますよ。

・ラメグリッター
・折り紙(クリスマスモチーフを折ったもの)
・クラフトパンチで切り抜いた色紙やラッピングペーパー
・カットした毛糸
・キラキラシール
・デコストーン(底が平らな携帯デコに使うような物)
・カットした布
・モール
・フェルト
・ボタン
・カラースティック
・工作用マッチ棒

100均に行くと必ずあるような物ばかりなので、ちらっとお店を物色してみて下さいね^^おうちにある端切れやボタンなどを利用してもいいので、使えそうなものをかき集めてみて下さい(笑)

土台が紙粘土で埋め込む場合は別として、その他のものだと立体的な飾りは取れやすいです。(くっつかないこともあるし)上にあげたような物ならボンドやのりでばっちりくっつきますよ。グル―ガンがあるなら立体的な物でも大丈夫ですけどね^^

ラメグリッターはきれいですが・・・しっかりついてないと飾ってるうちに床がラメだらけになっていることも(←経験済み)お気を付け下さい(笑)

クリスマスリースのリボンの作り方

リースと言えば、トップのリボンは欠かせませんよね。子供用リースならこんなものでリボンを作ってはいかがでしょう?

・折り紙やフェルトでリボンパーツを作ってのりで貼り付け
・モールをリボン型に形成
・おしゃれな紐を二重、三重にして蝶々結び
・リボンやレースの端切れで蝶々結び

蝶々結びがまだできない時は手伝いながら一緒にやってあげるといいですね。いずれ靴ひもを結んだりする時期が来るのでいい練習になりますよ^^

スポンサーリンク

おわりに

小さな子でも楽しんでできるクリスマスの工作。幼稚園でもよく作ったりしますが、家でのアクティビティーにも最適です!身近にある材料でできるので楽々。子どもが作ってると周りの大人まで参加したくなるのでおうちがクリスマスマーケットのようになっちゃうかもしれませんね^^

-季節の行事
-, ,

執筆者:

関連記事

鏡餅 カビ

鏡餅のカビは削って食べちゃダメ![カビ対策と発生時の対応も紹介]

「鏡餅にカビが生えちゃった!」 手作りの鏡餅を飾る場合に気をつけないといけないのがカビ。 昔は「鏡餅のカビは削れば大丈夫」と言われていましたが、今は食べないのが正解と言われています。 今回は、カビの生 …

七夕にそうめんはなぜ?この日に食べたいキラキラレシピもご紹介

七夕にはそうめんを食べる人も多いけどなぜ?夏の定番だし、のど越しもいいからからわからないでもないけど不思議ですよね。 今回は七夕にそうめんを食べる謎を解明!簡単にできて七夕パーティーやディナーを華やか …

ハロウィンクッキーのアイシングレシピ 簡単でかわいいアイデア集

ハロウィンのカラフルなアイシングクッキーはホームパーティーやプチギフトにピッタリ。ちょっと甘いけど・・・ハロウィンだけのトリートですからね♪ 今回はハロウィンのアイシングクッキーのアイデアをお届けした …

保育園での節分の鬼の演じ方とセリフ&衣装 園児相手のポイントは?

節分の豆まきに欠かせない鬼。でも保育園の節分で鬼役をやる時って少し頭を使いますよね。普段役者をしてるわけでもないし、子供相手だし困ったなと言う人も多いのでは? 怖すぎても、頼りなさすぎてもイマイチなの …

ハロウィン仮装で男の子に人気のキャラクターは?

ハロウィンのパーティー。 子供達の間でも年々盛んになってきているようですね。 昔は英会話スクールがやっていたくらいだったのに、 今は保育園や学校でもパーティーやハロウィン行列をするところも多いとか。 …