365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

天神祭花火2017日程と場所 穴場スポット&場所取り は? 

投稿日:2017年5月31日 更新日:


日本3大祭りの一つで1000年以上の歴史を持つ大阪の天神祭。
今年も7月24日と25日に開催されることになっており、いつものように沢山の見物客で賑わうことは確実です。

さて、その天神祭の中でも見どころ中の見どころと言われるのが、25日の奉納花火で、
大川に100隻以上の船が繰り出す船渡御(ふなとぎょ)の篝火とのコントラストが素晴らしいと評判です。

今回は天神祭奉納花火の詳細と花火をみるベストスポットをご紹介します!

スポンサーリンク
  

天神祭花火って?

天神祭の花火はなぜ奉納花火というのでしょう?

大阪天満宮は949年(平安中期)に創祀され、その翌々年に天神祭が始まったとされています。
天満宮の神様である天神様(菅原道真)は普段本殿に祭られているのですが、
7月25日の天神祭の日だけ、人々の「無事と平安」を見守るため天満宮から出られます。
この渡御に感謝し、天神様に花火を鑑賞して頂くという意味合いがあるので、奉納花火と呼ばれています。

約5000発の打ち上げ花火と仕掛け花火がありますが、
オープニングにあがる「紅梅」と呼ばれる花火はここだけのオリジナルで有名。
天満宮のシンボル梅の花が開花するように見える花火です。

さらに、キンチョウの蚊取り線香のCMの最後に「KINCHO」という文字花火があがりますよね。
あれは、天神宮の花火だそうですよ。
造幣局側から上がる文字花火も毎年注目の的です。

そして、船渡御の篝火と奉納花火が奏でる素敵なハ―モニーは誰をも魅了します!

天神祭奉納花火の開始時間と打ち上げ場所・雨天時の対応

時間:7月25日(火)19:00~21:00(荒天中止・延期なし)
※天気があいまいな時は18:30に決行か中止かの判断が出されます)

打ち上げ場所:川崎公園と桜之宮公園の2箇所

スポンサーリンク

天神祭花火大会の穴場スポット

高層ビルの多い大都会のど真ん中。花火がしっかり見える場所は限られているので混雑は避けられません。
汗だくになっての干渉は必至です。ロックのライブ並みかも。

交通規制があったり、最寄駅が込み合うことも想定して、早めの到着がよさそうです。
トイレも長蛇の列ができるのでお早めに!
人気のスポットなら16時、遅くても17時までには場所取りをしておいた方がいいかもしれません。

大川の東側エリア(桜之宮公園側)

屋台も多く沢山の人で賑わいます。公園自体がとても広く、花火はどこからでも見れますが、
とても混雑するので16時位から場所取りをするのが得策のようです。

比較的すいている方がいいのであれば、花火が見にくくなったり、遠くなったりはしますが

櫻宮神社

桜宮橋より南側

川崎橋の東側

源八橋の東側

藤田邸跡公園前

などもお勧めです。

大川より西側エリア

仕掛け花火が見にくい分、大川の東側より人出は少ないというものの、大変な混雑ぶりは変わりません。

OPAタワー周辺

打ち上げ花火が階段に座って真正面からみられるのでとても人気です。

レジデンスタワー東側の公園

打ち上げ場所から近く迫力がすごいとのこと。こちらもすぐに埋まってしまいます。

天神祭花火の穴場スポット 橋編

桜宮橋

2つの打ち上げ開場の花火が同時に見られる大人気スポット。身動きが取れなくなるくらいの混雑ぶりですが、早めに場所をとれば見る価値は大ありです。

都島橋と飛翔橋

花火の会場からは少し離れていますが、比較的混雑が少なく、屋台も徒歩圏内の穴場です。

川崎橋

打ち上げ開場から少し離れていますが、その分人もやや少なめです。花火をゆったりと見たい人にはいいかもしれません。

源八橋

花火の始まる少し前の18:30頃から歩行者天国になります。

スポンサーリンク

まとめ

天神祭の花火と船渡御は本当に素敵なだけに、どのスポットも混雑するのは確実です。
早めの場所取りは必須!混雑が嫌いな方なら少し遠い場所からの観覧をされるのもいいかもしれませんね!

-レジャー&イベント
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

母の日には温泉日帰りプランが最高!愛知県内のおすすめは?

いつも仕事に、家族のためにと多忙なお母さん。母の日ぐらいは母娘旅にでも行って、ゆっくりさせてあげたいと思っている娘さんも多い事でしょう。 ただ、お母さんと宿泊旅行に行くには時間がない、お金がかかりすぎ …

愛知の三好大提灯祭りは8月の風物詩 詳細と駐車場情報

8月も終わりになってくると夏祭りや花火も少なくなってくるもの。 そんな中で愛知県の三好大提灯祭りは巨大提灯と花火のコラボで 毎年大盛り上がりのお祭りです。 提灯は世界最大規模で実に圧巻です。 残り少な …

海外旅行持ち物リスト必需品、あると便利な物、女性なら?

海外旅行へ行く時の持ち物リストはこれでばっちり!海外旅行が大好きで行く度にワクワクしながら持ち物リスト作成するんです。今回も5月の旅に向けて作っちゃいました。 みんなの必需品、経験上あると便利なもの、 …

西枇杷島花火大会の穴場スポット詳細地図と混雑を避けるモデルコース

毎年6月の第1土日に開催される愛知県清須市の西枇杷島祭りは両日で200万人を超える見物客と200以上の屋台、 5台の歴史ある煌びやかな山車が出る盛大なお祭りです。(ちなみに詳しい西枇杷島祭り情報はこち …

潮干狩り三重で無料の香良洲海岸 潮見表・貝の種類と周辺施設 

三重県にはほんとに沢山無料の潮干狩りスポットがありますね。 この前ご紹介した御殿場海岸から車で約20分、同じ津市内にあるのが香良洲海岸(からすかいがん)です。 白砂青松の2kmにも渡る海岸で潮干狩りが …

よく読まれている記事