365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

ライフスタイル

災害時の赤ちゃんの持ち物とミルク  備蓄しておくべきものは?

投稿日:

災害時 赤ちゃん

災害時に赤ちゃん連れで避難しなきゃいけなくなったら何を持って行きますか?

大人用の災害グッズは用意してある家も多いですが、赤ちゃん用の持ち出しバックもないと万が一の時に大変です。

ちょっとここで非常時の赤ちゃんの持ち物やミルク、備蓄しておきたい物をおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

災害時の赤ちゃんの持ち物

まずは持ち物から。いつもの外出セットとよく似ていますが、避難時の持ち出しバッグにはこんなものを用意しておくと助かります。

これは赤ちゃん専用なので、他の家族の分は別に必要になりますよ。

・抱っこひも

災害時は道が破損したり、危険な物が落ちていたりしてベビーカーが使えないことも多々。そんなときでも抱っこひもがあると動きやすくなります。首座り前ならそれに対応した物を。

・ネームプレート

万が一、赤ちゃんだけが取り残されてしまった時のために名前、連絡先、アレルギーの有無が書かれた名札を服の裏に貼り付けておくと安心です。

・紙おむつ

多めに準備し、圧縮袋に入れてコンパクトにしておきます。

・おしりふき

アルコールの入っていないおしりふきは体拭きにも使えて便利。多めに用意しておくと安心です。

・使い捨ての手袋

避難時は手が洗えない事も多いのでおむつ替えの時は必須。

・匂わないゴミ袋

厚めの高密度ポリエチレンの袋なら消臭袋よりも安く、料理など他の事にも使い回しができるので便利。例えばこれなら湯煎も対応です。↓

・おむつ替えシート

おむつ替えの時下に敷くシートは使い捨てでもいいし、新聞紙やスーパーのビニール袋でも代用可。

・ゴミ袋

使ったおむつやごみ類を入れたり、着替えた服を入れたり。家族で使えます。

・赤ちゃんの肌着と服

肌着、服、靴下などをまとめてジップロックに入れコンパクトに。歩ける子には靴も必要です。

・よだれかけ

げっぷやミルクを吐き出した時、よだれなどで服が汚れず便利。

・バスタオル

ブランケットやおくるみの代わりとしても使えます。

・ハンドタオルやガーゼのハンカチ

ちょっと何かを拭いたりするのに便利。いつも使ってる物なら赤ちゃんが安心します。

・保温ブランケット(アルミブランケット)

寒い時期なら体温を維持することは不可欠。アルミブランケットはすごく小さくたためるので場所も取りません。

・カイロ

体の保温はもちろん、ミルクやベビーフードを温めるのにも使えます。

スポンサーリンク

・常用薬

いつも飲んでる(塗ってる)薬があれば絶対必要。頓服で出ている薬も必須。

・母子手帳

ここに赤ちゃんの健康に関する記録が全て書かれてるので必須。コピーでもOK。

・保険証

・おしゃぶり

使ってる子には必須。環境が変わってストレスになるので、少しでも落ち付けるものがあると全然違います。

・おもちゃ

大きなものは邪魔になりますが、いつも寝る時に握ってる物とか、それがあるとご機嫌になるものなどがあれば大人も赤ちゃんも快適。

・軟水のペットボトルか赤ちゃん専用の水

硬水のミネラルウォーターだと下痢をすることも。←災害時は特に避けたい!

・ミルク

後述します。
・哺乳瓶

後述します。

・ベビーフード

離乳食を食べてる子。食べなれた物やアレルギー対応の物がベター。

・使い捨てのスプーンと器 

スプーンの形が違うと食べない子はいつものスプーンを持って行って下さい。

・授乳ケープ

人の多い避難場所での授乳には便利。ゆったりした服なら服の中で授乳もできます。

・除菌ウェットティッシュ

手が洗えないのであると便利。ハンドジェルでもOKです。

災害時の赤ちゃんのミルクは?

うちは母乳一本だから大丈夫!という方もいますが、一時避難が必要なほどの大災害が起きたらそのストレスは想像以上。

緊張や不安で一時的に母乳が止まってしまうことだってあるので、粉ミルクを準備しておくのが賢明です。

ただ、今までずっと母乳で育った子だと哺乳瓶からミルクを飲めない子もいます。うちの友人の赤ちゃんもそう。哺乳瓶は受け付けずお腹が空いて号泣。これでは赤ちゃんの体力は消耗するし、ママは心配で余計に母乳が出なくなります。

母乳が溢れるほど出るからもったいないと思うことだってあるし、母乳だけで育てたいと思うママは多いですが、こういう時の事を考えると混合で哺乳瓶に慣れさせておくのも一つの手かもしれません。

もう一つの手は、紙コップを使ってミルクをあげる方法。これは首が座って縦抱きできる子に使えます。

やり方は、

① 紙コップにミルクを少量入れる。
② しっかり目覚めてる赤ちゃんをやや縦抱きにする。
③ 紙コップの縁を赤ちゃんの下唇につけ、ミルクが下唇に触れる位まで傾ける。
④ 口の中にミルクを流そうとせず、赤ちゃんに自分で吸わせる

※スプーンを使って飲ませてもOK。

もういらなくなったら赤ちゃんがストップするので、そうしたら終わり。こぼすこともあるので首元にタオルを置いておくといいですよ。

粉ミルクは缶のまま持ち運ぶのは重いし嵩張るので、キューブタイプやスティックタイプの物がおすすめ。アレルギー対応のミルクを選んでおけばより安心です。ちょっと重いですが、缶入りですでに出来上がってるミルクもありますよ。温めたい時はカイロを貼って服の中に入れておくとひと肌位まで温まります。

ちなみに避難先では哺乳瓶の消毒が困難なので使い捨ての哺乳瓶の方が使いやすいです。

災害時の赤ちゃんの備え

一時避難が終わって家に帰ってきても、ライフラインが止まっていたり、物が買えない状況がしばらく続くこともあるので最低でも1週間分の備蓄があった方が安全です。

持ち出し袋に入れる物とかぶりますが、赤ちゃん専用にこんなものをしっかり揃えておいてあげて下さい。

・水(軟水or赤ちゃん用)
・ミルク(飲み慣れてる物&外出用のキューブやスティックタイプ)
・ベビーフード(食べなれた物やアレルギー対応の物)
・使い捨ての哺乳瓶(ライフラインが戻れば普通のでOK)
・カイロ

・紙おむつ
・おしりふき(ライフラインが復旧するまで家族全員の体吹きにも使えるので多めに)
・匂わない袋
・使い捨て手袋
・ゴミ袋

・おしゃぶりの変え(失くした時や汚れた時用)

・肌着や服、タオル類(洗濯できない期間があるので十分な量を)

・常用薬(いつも必要な薬なら切らさないようにもらっておく)

あとは、赤ちゃん以外の家族用に他の物の備蓄も必要ですよ~。

赤ちゃんは成長が早いので月に1回は袋の中をチェック。服・おむつのサイズ、ベイビーフードの対応年齢を見てあげて下さいね。

参考:非常時に避難する時必要な物と持ち出し袋の中身 備蓄しておくも物リスト

スポンサーリンク

おわりに

ただでさえパニックな非常時。赤ちゃんと一緒ならそのストレスは並大抵じゃないでしょう。災害ばかりは予想がつかないので日頃から準備をして、家族で避難のシュミレーションをしておくと万が一の時役に立ちます。今日から必要な物を見直してみてはいかがでしょうか?

-ライフスタイル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

赤紫蘇の日持ちと保存の仕方&梅干しに入れるタイミングはいつ?

梅干しのおいしそうな赤色は赤紫蘇の色。梅だけで梅干しを漬ける人もいますが、赤紫蘇を入れる人が大多数ですよね。ただ、この赤紫蘇、店頭に並ぶごく限られた時期を逃すとなかなか手に入りません。梅干しを漬ける季 …

ディートとは 効果と副作用,子供への使い方と濃度について解説

蚊、ブヨ、ヌカカ、ダニなどの毒虫達が精力的に活動する夏。刺された時のあの痒さは最悪ですよね。こんな不快な思いをしないためにも虫よけスプレーは欠かせません。 アロマ系も人気ですが、虫除け効果が高いと言わ …

そうめんレシピ簡単アレンジ&つゆ 子供満足,お弁当も!

夏はそうめん!あのツルツル感癖になります! ところが お中元でもらったり、スーパーの安売りで買い込んだり。 気付けばそうめんの山!!!なんてことも。(←うちの実家です) 毎日そうめんじゃ、飽きる!!! …

クローゼットの収納アイデア 上手くいかない時のスッキリ術

クローゼット内の洋服をすっきりわかりやすく収納するには?物だらけでどこに何があるかわかんない!なんて悩んでいる方も多いかもしれませんね。 今回はクローゼットを見違えさせるとっておきのアイデアをご紹介し …

窓ふきのコツ 跡を全く残さない方法!洗剤なしで超簡単

窓ふきしたら跡が残って余計に汚く見える!そんな経験はありませんか? 実は私も窓ふきをするたびに思っていました。 スプレーして完璧に仕上げたはずが、乾いたら白い跡が・・・ 大ショック!!! のような経験 …

よく読まれている記事