365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

お彼岸の意味を簡単に説明 2019はいつなのかとすることも解説

投稿日:2019年7月20日 更新日:

お彼岸 

なんとなく親のすることを真似してきたんだけど・・・お彼岸ってなんの期間?

昔からの風習だから知ってるつもりでいたけど、人に聞かれたらグーグルさんに頼る方も多いはず(笑)

今回はこの難しそうなお彼岸を分かりやすいように簡単に解説していこうと思います。

スポンサーリンク

お彼岸の意味を簡単に説明すると・・・

まず、お彼岸と呼ばれる期間は春に1回と秋に1回の年2回。

お彼岸にはご先祖を敬い供養するという意味と自分自身の修業の期間という意味合いがあるんです。

元々、「彼岸」は仏教の世界の言葉でしたが、先祖や自然を敬うという日本らしい要素が加わって今の形になったとか。お彼岸は大陸の仏教の影響を受けた日本独自の習慣なんです。(他の仏教国にはない。)

でも、修行ってどんな修行なんだろう?って所が気になりますよね。そこを詳しく見ていきましょう。

突然ですが、「この世」と「あの世」って言葉がありますよね。

この世と言えば今私たちが生活している世界。言い方を変えると「此岸(しがん)」です。

あの世と言うのは三途の川(さんずのかわ)を渡った向こう側で極楽浄土と呼ばれる幸せな世界。言い変えると「彼岸(ひがん)」です。

仏教思想で「この世」と言えば悩みや欲などの煩悩だらけの世界。仏教には「そんな煩悩から解放されて悟りを開き自由な世界(あの世)へ行けるように日々修行しなさいよ」という教えもあるんです。

彼岸という言葉はサンスクリット語の「パーラミーター(波羅蜜多)」を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」を縮めたものだと言われてますが、「到彼岸」にはこの世(此岸)からあの世(彼岸)へ至るという意味も。

ちなみにサンスクリット語は仏教が生まれたインドの言葉。勘のいい人なら気付かれたかもしれませんが、有名な般若心経にも「般若波羅蜜多(ハンニャハラミーター)」というフレーズがあります。

と言うことで・・・仏教の世界で「彼岸」は迷いや悩みなどの煩悩から解き放たれた悟りの境地のこと。そこに到達するようにあなたも修行に励みなさいね。という事でしょう。

スポンサーリンク

また、お彼岸の中日(中日)の春分の日と秋分の日は太陽が真東から登って真西に沈む日。

浄土教の教えではこの世は東、極楽は西の彼方にあると考えられていたため、太陽が真東から登って真西に沈むこの日はあの世とこの世が最も通じやすい日と考えられていました。そのためこの時期に先祖供養をする習慣が根付いていったとも言われています。

ちなみにお彼岸の時期は色んなお寺で「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれる先祖供養の法要も行われています。

お彼岸はいつ?

お彼岸は春と秋にあるといいましたが、春分の日と前後3日間=計7日間が春のお彼岸、秋分の日と前後3日間=計7日間が秋のお彼岸になります。

春も秋も初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸明け」、真ん中にくる春分の日・秋分の日を「中日(ちゅうにち)」と呼びます。

春分の日と秋分の日が毎年変わるので紛らわしいですが2019年は・・・

春のお彼岸が3月18日(彼岸の入り)~3月24(彼岸明け) 3月21日が春分の日で中日

秋のお彼岸が9月20日(彼岸の入り)~9月26(彼岸明け) 9月23日が秋分の日で中日

となってます。

春と秋のお彼岸の違いは特にありませんが、春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ日」、秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」ともうたわれています。

どちらにしても、一日の昼と夜の長さが同じになりあの世とつながりやすくなる日。先祖や故人を供養するとともに、自分の煩悩を払う期間ということに変わりはありません。

お彼岸にすることは?

お彼岸にすることは、もうすでに沢山の人が行っているお墓参りや納骨堂参りが一般的。お墓の周りの掃除をして、最もあの世とつながりやすい中日前後にお供えと共にお参りすることが多いです。

仏壇があれば仏壇のお磨きや掃除をして、お花やおはぎ、精進料理のお膳などをお供えすることもよくあります。

自分の煩悩を払う修行という面で見ると、ご先祖供養の日以外の6日間に仏教の基本の修行法「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を実践するという人も。

六波羅蜜(ろくはらみつ)というのは・・・

布施(ふせ)=他人への施しをすること。親切にすること。

持戒(じかい)=言行一致

忍辱(にんにく)=辛抱強くやり遂げる事

精進(しょうじん)=努力すること

禅定(ぜんじょう)=心を穏やかにすること

智慧(ちえ)=物事の本質を見る事

この6項目を1日1つずつ丁寧に実践して習慣にすることが悟りを開くための修業の一つだと言われています。

だら~っとおはぎを頬張ってる場合じゃありませんね・・・。

お彼岸におはぎを食べるのはなんで?食べる日はいつ?おはぎ以外のお供え物は?

おはぎとぼたもちの違いは何?季節だけじゃない諸説を大公開

スポンサーリンク

おわりに

お彼岸には先祖供養と自分の精神修行という2大要素があったんですね。春と秋の2回、ご先祖様と自分自身と繋がるには絶好の機会かもしれません。私も煩悩に満たされた自分自身を清めたいと思います・・・。

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クリスマス料理 和食のアイデアとクリスマスアレンジの裏技

クリスマスというと、チキンや洋食というイメージがありますが・・・ どうしても和食じゃないと嫌って言う人が家族の中にいることもしばしば(笑)でも、別々のお料理にするのはめんどくさい。和食でもクリスマスら …

リサイクル工作 牛乳パックなどで簡単いらなくなった素材活用術

夏休みの工作といえば、リサイクル!高い材料を買わなくても 周りには工作に使えるものが沢山ありますよね! 例えば、トイレットペーパーの芯、空き箱、ペットボトル、牛乳パック、缶・・・ 数え上げればキリがあ …

鏡餅 食べる カビ

鏡餅はいつ食べる?意味となぜ「開く」というのかも解説します

鏡餅は鏡開きの日に食べるのが一般的ですが皆さんいつ食べます? お餅を「切る」とか「割る」とか言わないで「開く」というのも理由ありっぽいですよね(笑) 今回は鏡餅を食べる日にちと「開く」という理由、鏡餅 …

ハロウィン衣装女の子用 通販でも人気の魔女シリーズ

ハロウィンパレードやパーティーも一般的になってきた今日この頃。 毎年同じものでも芸がないけどアイデアが浮かばない。 共働きだと作っている暇もないし、私のように裁縫が苦手なら無理。 実はいろんな材料を揃 …

クリスマス料理でチキン以外のメインディッシュと付け合せ

クリスマスにはチキンを食べる人が多いですよね。ケンタッキーは大繁盛だし、コンビニやスーパーのチキンも飛ぶように売れてます。その反面、チキン嫌いの人も割と多いんですよね。私もその一人だし、母も伯母も。友 …

プロフィール

プロフィール

管理人のビーンです。

旅、アウトドア、実験的な料理、自然と動物をこよなく愛すアラフォー女子。

調べる事大好き、実際にやってみるのはもっと好きな性格です。

元保護犬の愛犬と戯れながら生活のお役立ち情報や旅情報を発信してます。

>>続きはこちら