365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

旅行&イベント

諏訪湖花火大会駐車場2017 混雑を避け満車を回避するには?

投稿日:2017年6月7日 更新日:


諏訪湖の花火大会をご存知ですか?
日本一の大ナイアガラ瀑布、大水上花火、
山々にこだまする花火の音。打ち上げ数も4万発と日本最大規模なんです!

昭和24年に戦後の早期復興を願って始まったこの大会も今年で69回目。

さすがに日本屈指の花火大会。人出も例年50万人以上です。

となると、、、駐車場!?
電車がお勧めと言われても、車でないと不便な人も多いはず。

今回は、駐車場難民にならないように情報をまとめてみました!

諏訪湖花火の見どころや桟敷席情報はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

諏訪湖花火大会 車と駐車場の混雑具合とは

花火会場となる諏訪湖周辺には約5500台ほどの駐車場がありますが、
無料の所はは2600台ほど。
有料無料にかかわらず、午前中までにはほぼ全部埋まります
駐車場も早いところで早朝3時、ほとんどが7~8時にオープンします。
当日の早朝に現地入りするにこしたことはありません!

花火会場に近いところから埋まっていき、
昼近くにもなればすべて満車ということも。
少なくとも昼過ぎに到着した場合は駐車場難民決定と言えます。

昼過ぎ位から諏訪ICの降り口から料金所付近まで15~30分の渋滞になり、遅くなればなるほどひどくなります。
インターから湖畔までは通常10分程ですが、昼を過ぎると1時間くらいかかる事も。
また、会場の湖畔公園周辺は午後3時から歩行者天国になるので身動きが取れなくなります。

早め早めの行動がカギなのです!

スポンサーリンク

花火終了後は一気に沢山の人が移動するので、2~3時間出られないのは覚悟して下さい。
交通規制区域内の駐車場は、花火後も交通規制解除まで車を出せません。

諏訪ICや岡谷ICあたりの凄まじい渋滞も例年通り予想されます。

早朝に現地入りして、ゆったり過ごし、終了後車内で腹ごしらえと仮眠でもとって
混雑の治まる深夜1時頃位に帰り始めるという手もあります。

もしくは、早めに会場周辺の宿を予約(駐車場付ですし)しておくか、
少し離れた松本市などに宿をとっておく人もいらっしゃいますね。

交通規制図とこれから紹介する臨時駐車場の位置関係はこちら

会場付近の無料の臨時駐車場2017

<会場まで1km以内>

・上諏訪中学校校庭:開場時間7:00 会場まで0.8km 駐車台数200台

・高島小学校校庭:開場時間7:00 会場まで1km 駐車台数150台

・城北小学校校庭:開場時間7:00 会場まで1km 駐車台数100台

<会場まで1km以上2km未満>

・城南小学校校庭・市役所:開場時間7:00 会場まで1.1km 駐車台数400台

・県合同庁舎:開場時間7:00 会場まで1.6km 駐車台数170台

・諏訪中学校校庭:開場時間7:00 会場まで1.7km 駐車台数200台

<会場まで2km以上>

・第一精密工業団地内:開場時間8:00am 会場まで2.5km 駐車台数530台

・豊田終末処理場:開場時間8:00am 会場まで2.6km 駐車台数700台

・豊田小学校校庭:開場時間8:00am 会場まで3.5km 駐車台数170台

会場付近の有料駐車場2017

※一般車両が駐車可能な場所のみ書き出しました。

<会場まで1km以上2km未満>

・ヨットハーバー:開場時間3:00am 会場まで1.2km 駐車台数1000台(障害者専用10台)
          料金:オートバイ1,000円○軽・普通車3,000円○特殊車両8,000円○マイクロバス12,000円

<会場まで2km以上>

・すわっこランド:開場時間8:00am 会場まで2.3km 駐車台数350台
料金:オートバイ500円○軽・普通車1,000円○特殊車両2,000円○マイクロバス4,000円

・諏訪湖スタジアム:開場時間8:00am 会場まで2.4km 駐車台数750台
料金:○オートバイ500円○軽・普通車1,000円○特殊車両2,000円○マイクロバス4,000円

・赤砂崎 (下諏訪町):開場時間10:00am 会場まで4.5km 駐車台数400台
料金:○軽・普通車1,000円○特殊車両・マイクロバス3,000円○大型バス5,000円

※有料駐車場は一回出てしまうと、再入庫はできないそうです。整理料も戻ってこないのでお気を付け下さいね!

※ヨットハーバーに駐車の方は、混雑が激しいため花火終了以前に出ることはほぼ不可能です。

※障害者専用の駐車場はヨットハーバーのみにあります。

スポンサーリンク

まとめ

2017年8月15日の諏訪湖の花火大会。車ならば朝早めについて駐車場を確保し、ゆったりするのがポイントです!
屋台を見て、景色を見て、花火に感動した後は大渋滞が待ち構えていますので、
仮眠などして体力温存しておきましょう!

-旅行&イベント
-, ,

執筆者:

関連記事

大阪天神祭花火が見えるホテル,レストラン,観覧席最新情報

大阪の天神祭と言えば、東京の神田祭、京都の祇園祭とともに日本3大祭の一つに数えられる有名なお祭りです。大川で行われる船渡御(ふなとぎょ)のかがり火と提灯の灯り、天 神祭奉納花火の美しさから火と水の祭典 …

えびせんべいの里美浜本店への電車とバスでのアクセスと徒歩の場合

美浜町のえびせんべいの里は愛知県内では言わずと知れたレジャースポット。名古屋から車で行っても1時間かからないので手軽に行けちゃうのも魅力です。 でも公共交通で行く時は最寄駅からどうすればいいの? 今回 …

えびせんべいの里美浜本店手作り体験の値段と内容,予約のまとめ

愛知県観光では外せないえびせんべいの里。 知多の海ドライブ、温泉、グルメ旅行とはベストマッチなスポットですよね。 ここではただ試食ができて、お土産が買えるだけではないのです。 オリジナルのえびせんべい …

大江戸温泉物語あわら体験記!名古屋から往復無料のシャトルバス編 

大江戸温泉物語ってご存知ですか? 全国展開の温泉施設なのですが、なかなか口コミもいいし、コストパフォーマンスもとてもいいんです。 その大江戸温泉の広告のことを母がよく興味深そうに話すので、話のネタに …

キャンプの蚊対策に必要なアイテムと時期や場所の選び方

自然の中でのびのびリラックスできるはずのキャンプ。私もキャンプは大好きですが、ひとつだけどうしても嫌なことが。 それは、蚊!!! 若干のアレルギーもあるし嫌で仕方がない!!! そんな私がキャンプに行く …