365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

海水浴で子連れの時の場所選びのポイントと持ち物&注意点

投稿日:2017年6月23日 更新日:

今年は小さな子供も連れて海水浴へいこう!!
そんな計画を立てているファミリーは多いですよね。

ただ子連れで海水浴となるとそれなりに考えないといけないことが沢山。

今回は幼児や就学前の子連れの方でも安心して海水浴が楽しめる条件と
持ち物、服装や注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

海水浴 子供と一緒に行く時の必須条件

着いた―!!!

きれいな海が目の前に広がってる!

ああ、気持ちがいい!テンションあがるなぁ!!!

と絶好調の時に、子供がぐずりかけた・・・・

「眠い・・・」

「トイレ・・・」

えっ?このタイミングで?

小さな子供さんがいる方!こんな事は日常茶飯事ですよね!

困った。

トイレは激混みで汚い。

昼寝の場所なんてないよ。。

車は遠いし。。

トホホ。

子供が一緒となると、大人だけのようにはいきませんね。

もちろん、海水浴場を選ぶ基準も変わってくるわけです。

小さな子は長距離歩くのが大変、
トイレの予想がつきにくい、
幼児なら昼寝はいるし、おむつ交換がいる子も。

そう考えると、こんな海水浴場がおすすめです。

☆駐車場がビーチに近い
☆トイレやシャワーなどの施設が充実していて清潔
☆混み過ぎていない
☆民宿や宿がすぐ近くにある。(おむつ交換、ミルク、昼寝や休憩にもばっちり)
☆遠浅のビーチ
☆波が穏やか
☆磯遊びもできる
☆キャンプができる

こんな条件にあてはまる海水浴場を探してみると子連れでも割合快適に過ごせます。

スポンサーリンク

海水浴へ子供といく時の持ち物は?

子連れの海水浴。
欠かすことのできない必需品がありますよね!

当日、家族みんなで快適に過ごせるように準備は抜かりなく!

持ち物をリストアップしてみました!

一般的に役に立つもの

☆日焼け止め
☆虫よけ
☆ティッシュ
☆ウエットティッシュ
☆除菌剤
☆救急グッズ
☆ポリタンクに水:車に戻る前にさっと子供の体を洗ったりもできます。
☆ビニール袋・ZIPロック:貴重品を入れて持ち歩けます。
☆簡易テントやパラソル:日影がないとかなりきついので。熱中症予防にも。
☆ビニールシート

食事系

☆クーラーボックス
☆凍らせたスポーツドリンク(パック入りが便利):水分補給命!保冷剤の役割も。
☆凍らせたお茶
☆お菓子、食事:腐りにくいものを。

着替え

☆バスタオル
☆下着の変え
☆着替え
☆ビニール袋:ぬれた水着を入れるのに必要

幼児用

☆おむつとおしりふき、ごみ袋
☆ミルクセット
☆お昼寝セット
☆肌身離さず持っているおもちゃやおしゃぶり(念のため。それがないと泣き止まない時などに)

子供用品の定番

☆ 浮き輪、砂遊びグッズ
☆おもちゃ

海水浴時の子供の服装

☆子供用水着
☆ゴーグル:格好は別としてあると大人でも便利ですよね(笑)海の中が見やすい!
☆ サングラス:紫外線が強いので、目を守りましょう。
☆フラップのある帽子:首の後ろもカバー
☆ ラップタオル:マントみたいにすっぽりかぶるタイプのタオル。着替えに重宝します。
☆ラッシュガード:UV対策の必需品ですね!
☆ビーチサンダル:ビーチで裸足だとたまに怪我をすることも。
☆水あそび用おむつ:おむつをしている幼児には重宝します。快適で衛生的。

海水浴で子供と一緒の時気を付けてあげたいこと

子供から目を離さない!

基本中の基本ですが、場所が海だけに目を離したすきに波にさらわれたなんてことにもなりかねません。
人が多い海水浴場なら迷子になる事も十分予想できます。
いつも隣にいてあげて下さいね!

水分補給

真夏の炎天下。水分はどんどん体外へ出て行ってしまいます。
こまめに水分をすすめてあげることで、脱水症や熱中症を予防できます。

体温管理

暑さもそうですが、海から上がった時など急に体が冷えますよね。
暑さには日影を作ってあげたり、ひんやりした物を当ててあげたりして調節を。

寒さには、バスタオルをかけてあげたりして調節してあげて下さいね。

紫外線対策

日焼け止めは必須です!日焼け止めの種類によって適宜塗り直してあげましょう。
ラッシュガードや帽子、サングラスなどで上手にUV対策してあげて下さい。

海水浴前のクラゲ情報チェック

海水浴場にクラゲが現れる時期というのは、水温や海流などの環境要因で変わってきます。
お盆前だから大丈夫と思っていては大間違い。
事前に海水浴場に問い合わせておけば、正確な情報がキャッチできるので
子供さんに痛い思いをさせなくて済みますよ!

三重県の海水浴場の記事ですがクラゲ情報も書いています。→こちら

スポンサーリンク

海水浴で子供さんと楽しい思い出づくりを!

子連れの海水浴は普段以上に気を配るポイントが多いです。
でも、その分親子でかけがえのない思い出を作れますよね!

場所選びや持ち物チェックを十分にしてめいっぱい楽しんできてくださいね!

-レジャー&イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

栄ハロウィンってイベントがすごい☆ パレードやチケット 着替えの詳細

クラブなどでのハロウィン仮装イベントは数あれど、 町の中で仮装パレードができる所は限られていますね。 ところが、名古屋のど真ん中栄エリアでは大々的に仮装パレードが開催されます! 今年2018年も開催決 …

成田空港第3ターミナルへの行き方 電車・バス・空港内移動編

成田空港の第3ターミナル。その存在を知らない人は少なくない(笑) 2015年にできたこのターミナルはLCC(格安航空会社)のためのビルなのです。 でも、ちょっと不便で行き方がわからない!という人も多々 …

京都の縁切り・縁結びで有名な神様のいらっしゃる神社はどこ?

断捨離という言葉を最近よく耳にします。 必要のないものを捨ててスペースを作ると新しいものが入ってきますよね! もちろん心も一緒です。 彼といまいち合わないと悩んでいた友人が 先日突然、や~めた!別れた …

奈良大文字送り火の意味と日時 眺めのいい鑑賞場所

大文字送り火というと京都五山の送り火を思い浮かべる方も多いと思いますが 古都奈良県の送り火も有名です。 見た目から「大文字焼き」と呼ばれることも多いですが、 祭りごとではなく供養のために行われるものな …

海の日名古屋みなと祭 屋台に場所取り、花火の穴場とは?

海の日名古屋みなと祭と言えば、名古屋では海の日の一大イベントです。 イベントに花火に、港の景色にととても楽しめるお祭りで、 毎年沢山の人出にぎわいます。 今回はこのお祭りの詳細と花火を見る穴場スポット …

よく読まれている記事