365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

敬老の日の意味 誰から誰に対して何歳からお祝いするものなの?

投稿日:

敬老の日

敬老の日って幅が広いと思いませんか?母の日や父の日と違って祖父の日とか祖母の日などと限定されてませんもんね。一体この日はどんな経緯で始まったのか。

誰から誰に対して何歳からお祝いするものなのかも疑問ですよね。今回はその辺をクリアにしてみようと思います。

スポンサーリンク

敬老の日の由来

敬老の日って「老を敬う」って書くぐらいだから、自分のじいちゃん、ばあちゃんに限った事ではないというのがなんとなく想像できますよね。

じゃー、なんなんだ?という所ですが、ヒントを得るために敬老の日の歴史を見てみましょう。

実は敬老の日って意外と歴史が浅く1947年9月15日に兵庫県の野間谷村で開催された「敬老会」がルーツだと言われてます。

1947年と言えば戦後の混乱期。成長した子供を兵隊にとられてしまった親たちは精神的にも生活的にもとても苦しい状況でした。

そんな時に野間谷村の村長さんが始めたのが敬老会。「お年寄りを大事にして、その知恵を拝借しながら村を復興させていこう。」という目的で55歳以上の人が招待されていたとか。

その後、親孝行伝説で知られる「養老の滝伝説」に因んでこの村独自に制定された9月15日の「としよりの日」が全国に広がり、「老人の日」という名前を経て「敬老の日」になったという経緯があります。

今はハッピーマンデー制度のため敬老の日は毎年9月の第三月曜日になってますが、元々は9月15日でしたもんね。

ということで、元々は社会のために頑張ってきた高齢者を敬う日というのが敬老の日の趣旨。

国が定める敬老の日の定義も「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」とあるので、自分の祖父母を含め、全ての大先輩方に感謝するという意味合いがあるんですね。

スポンサーリンク

敬老の日は誰から誰に

定義からすると高齢の方全てが対象になるのでみんなに平等に敬意を払えたらそれが一番!

でも、何か特別にお祝いする時は誰から誰に?って事ですよね。

と考えると、一番しっくりくるのは孫から祖父母。他には介護福祉施設のスタッフから利用者さんへというのも一般的です。

子から親へというのは元々の趣旨からするともっともなんですが・・・個人的には母の日や父の日があるので、あえてこの日にお祝いするのは避けたいなというのが本音。

実際、伯母に敬老会のハガキが届いた時、かなり凹んでいたので親世代には微妙なのかな・・・と。(私の個人的な意見ですけどね)

よく、義理の祖父母や義理両親には?と悩んでる人もいますが、そういう場合は夫(妻)がずっとお祝いしている場合は便乗すればいいし、そうでなきゃ無しでいいんじゃないかなーと思います。(年齢関係ってセンシティブだし。)

ともあれ、特別な人に特別にお祝いすると共に、地域のシルバーの方々にもさりげなく気遣いができるとみんなが幸せに過ごせるんじゃないでしょうか。

敬老の日は何歳から?

地元の敬老会は65歳からだけど・・・

年金は65歳からだけど・・・

だから・・・65歳辺りが目安にはなってくるんだろうけど・・・

うちの母曰く60代なんてまだまだ娘世代らしいです(笑)昔なら隠居していた年代の人たちが今はまだ現役バリバリということも多々。年齢で勝手に区切らないでよー!と思う人も多いと思います。

現にうちの姪っ子の友達のおばあちゃんも、70歳近いけど若々しくておばあちゃんと呼ばれるのが大嫌い。孫にはマミーと呼ばせていて、孫の友達もみんなマミーと呼んでます。

もう90歳近いうちの伯母も未だにシルバー扱いされるのを嫌います。(みんなお姉ちゃんと呼んでますから。笑)

なので・・・

孫からおじいちゃん、おばあちゃんへという事なら問題ないけど、親を含めその他の目上の人に対してのお祝いをする場合「私、そんな年じゃないわ。笑」と言われることもあるし、密かに「私ってそんなに老けてるのかしら」と思わせてしまう場合があるのも事実。

自分の祖父母以外なら何歳以上だから敬老の日のお祝いをという考えは若干リスキーかもしれません。大々的に敬老の日のお祝いとせず、日頃からさりげなく気遣いをするのがベストかなと思います。

スポンサーリンク

おわりに

敬老の日って趣旨はとてもいいのに、年齢に関することだけあってちょっと難しいですよね。自分のおじいちゃんやおばあちゃんなら(やめてと言われない限り)大いにお祝いしたいけど、それ以外の人ならさりげなく気遣いつつ、誕生日などの他の機会に盛大にお祝いするのがいいんじゃないかと思います。

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初節句のお返しは両親や親戚にも必要?金額の目安は?

子供の初節句は両親だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんや親族にとっても一大イベントです。 いろんな方からお祝いを頂くことも多いですよね。 ひな人形や五月人形だったり、お金だったりとお祝いの形は様々で …

ハロウィン仮装で男の子に人気のキャラクターは?

ハロウィンのパーティー。 子供達の間でも年々盛んになってきているようですね。 昔は英会話スクールがやっていたくらいだったのに、 今は保育園や学校でもパーティーやハロウィン行列をするところも多いとか。 …

七五三 母親 着物

七五三の母親の着物の種類と色柄 帯の選び方をわかりやすく解説!

七五三で着物を着られるお母さんは割と多いですよね。でも着物って奥深すぎて着慣れてないとわけがわかりません(笑) 今回は七五三の時の母親の着物に密着!七五三にふさわしい着物の種類や色柄、帯についてまとめ …

初詣はどこの神社やお寺でもいい?氏神様は必ず参拝するもの?

みなさん、初詣はどこへ行かれますか? 神社派の方もお寺派の方も両方行くよ~って方もいらっしゃいますよね。 何か所も参拝する方も意外と多いのではないでしょうか? 私もそうです(笑) ところで、素朴な疑問 …

イースターエッグ

イースターエッグの作り方[ゆで卵を使ったデコレーションと保存方法]

「イースターエッグってどうやって作るの?」 イースターエッグはチョコのイメージが強いですが、元々は卵を装飾して作るもの。 卵は中身を抜いたものを使う人や、生卵を使う人もいますが1番扱いやすいのはゆで卵 …