365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

海外生活 (オーストラリア)

賞味期限は英語でなに?海外から実物写真付きで解説します

投稿日:


「賞味期限」や「消費期限」は意外と気になる所ですよね?

日本のものなら簡単に見つけられますが、

外国からのお土産だとどうなの?という話も聞きます。

現にうちの母。

私が日本へ帰国する度にお土産で食べ物を持って帰ると、

「これ、賞味期限はいいのかね?」と聞かれます(笑)

今回は海外土産をもらった時や

慣れない海外旅行でお土産を買う時にも

知っておいて損はない賞味期限・消費期限の見方を写真付きで紹介します!

賞味期限は英語で何?

オーストラリアでも日本と同じように、食品や薬品などには「賞味期限」と「消費期限」の
主に2種類が表示されています。

「推奨販売期限」(この日まで販売可能)という表記で「sell by 日付」というのも
あるそうですが、めったにお目にかかりません。

と前置きした所で、本題の賞味期限のお話です^^

賞味期限は、未開封で指定通りの保存がされた場合、
この日までなら風味や食感も損なわれず美味しく食べることができますよ!という意味ですね!

ペットボトルやお菓子類、調味料などに多く見られますね。

さて、この「賞味期限」
を英語でいうと、こうなります。

best by date

best before date

賞味期限 実際の英語表記を見てみよう!

では、実際の表記のサンプルを見てみましょう!

家の中の食べ物を物色して写真を撮ってみました!

ココア缶、調味料、卵のケースです。

最大の驚きは卵が「賞味期限」だったこと!

「消費期限」ではないのか!?

まぁ、それはいいとして・・・

オーストラリアでは圧倒的に

Best Before」の表記が多いような気がします。

キッチン中のほとんどのものに「Best Before」のサインが!

中に「Best BFR」と書かれたものがありますが、

BFR=Beforeの省略形です。(一目瞭然ですね)

ちなみにオーストラリアはイギリス英語です。

アメリカでも使えるのでご心配なく(笑)

消費期限は英語で何?

消費期限は未開封で保存方法を守って保存すればその日までは安全に食べられますよ!という記ですね。

賞味期限と違って、その日を過ぎたら食べない方が身のためなわけです。

さて、この「消費期限」を英語でいうとこうなります。

expiry date(イギリス英語 オーストラリアもこれ)

expiration date(アメリカ英語)

use by date

イギリス英語だと「expiry」が「期限」で
アメリカ英語だと「expiration」が「期限」という意味です。

同じにしとけばいいのにね・・・めんどくさい・・・

オーストラリアではexpiryを使うので、

expirationは馴染みがありません(笑)

消費期限 実際の英語表記を見てみよう!

消費期限の表示をキッチンで物色。

驚くことに「賞味期限」は多いのに「消費期限」がない!!!

やっとのこと探したのが牛乳(オーストラリアでは2L,3Lのプラボトルに入ったものが主流)!

もう一個くらいないかなぁ?と思って見つけたのが薬でした。

Use BY」が一般的かなと思いますが

薬などは特に「EXP」と表記されたものが多いです。

EXP=「Expiry」又は「Expiration」の略

スポンサーリンク

賞味期限・消費期限 英語表記の日にちの読み方

写真を見ていただくとわかる様に

日にちの書き方は

日 月 年 の順で日本とは逆です。(イギリス英語)

ただ、写真を見てハッと思われた方もいらっしゃると思いますが、

日を飛ばして月と年を表記しているものも多いですね。

年も2017年なら17、2018年なら18と

書かれることが大半です。

月の書き方は数字で書かれることもあれば、

月の英語の頭3文字で表記されることも多いです。

このようになります。

January(1月)=JAN
February(2月)=FEB
March(3月)=MAR
April(4月)=APR
May (5月)=MAY
June(6月)=JUN
July(7月)=JUL
August(8月)=AUG
September(9月)=SEP
October(10月)=OCT
November(11月)=NOV
December(12月)=DEC

ここでまたアメリカ英語との違いを発見!

アメリカでは日にちを月 日 年の順で書くようです。

アメリカ方面へご旅行の方はお気を付け下さいね。

賞味期限・消費期限の英語のまとめ

英語というと難しい!と思うかもしれませんが、
実際は結構簡単です。

賞味期限の「Best Before 日にち」ならこの日まではベスト!=美味しく食べられる
と思えばいいですし、

消費期限の「Use By 日にち」ならこの日までに使ってしまえ!=この日までに食べきってよ

と思えばいいのかなと。

日にちの書き方だけちょっと紛らわしいのでお気を付け下さいね!

スポンサーリンク

-海外生活 (オーストラリア)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブリスベンのマーケット 現地から大好きなおすすめ情報

ブリスベンで暮らし始めて早数年。 マーケットが大好きな私はいろんな所に行ってみました! といいますか、現在進行形です(笑) ブリスベンに住んでいる方はもちろん、観光の方にも是非楽しんでいただきたい! …

ゴールドコースト空港から市内への行き方(公共交通編)

日本からLCCのジェットスターも乗り入れているため ゴールドコースト空港を利用される方も増えてきたのではないでしょうか? 私はブリスベンに住んでいますが、帰国時は毎回ゴールドコースト空港を利用していま …

クリスマスソング英語の子供の定番 海外の保育園で歌われる曲(歌詞付)

クリスマスが近づくと至る所でキャロルが流れウキウキしますね! 子供達も幼稚園や保育園でクリスマスの歌の練習をしているのではないでしょうか? 実はそれは英語圏でも同じ。 園児たちが歌詞を覚えながら可愛ら …

オーストラリアのお正月の過ごし方 休暇、食べ物、風習 現地レポート

オーストラリアのブリスベンに移住して早10年程。こちらのお正月は・・・なんというか・・・ 趣が全くない!(笑) クリスマスもそうですが(本日クリスマスイブ30度超え、明日もそうね・・・)、夏だから暑い …

バレンタインデー海外ではどう過ごす?贈り物は男性から?

オーストラリアに約10年住んでいますが、バレンタインデーは日本と違うなーと毎年思います。 お正月、クリスマス、バレンタインデーは日本とのギャップを激しく感じる三大イベントです(笑) 日本にいる時は慣れ …

よく読まれている記事