365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

料理

お好み焼きは弁当に最適!詰め方とソースの入れ方,持っていき方を紹介

投稿日:2017年10月12日 更新日:

お好み焼き 弁当

「お好み焼きをお弁当に入れるのはあり?」

はい!お好み焼きはおいしいし、食べごたえもあるのでお弁当にぴったりです!

お好み焼きをおかずの一つとして入れるのもいいですが、丸ごとお好み焼き弁当にしちゃうのも大ありですよ。

今回は、お好み焼弁当の上手な詰め方やソースの入れ方、持って行き方を詳しくまとめてみました。

参考小麦粉で作るふわふわのお好み焼きレシピ[生地に旨味をつける方法も紹介]

スポンサーリンク

お好み焼きが残ったらお弁当に!

「お好み焼きを作りすぎて残った!」なんてことはよくありますよね。

そんな時は、翌日のお弁当にするか、冷凍して常備菜にするのがおすすめです。

うちの場合、お好み焼きをわざわざ多めに作ってお弁当やおかずの足しにするのがお決まり。一品足りない時に大助かりです。

お好み焼きの冷凍の仕方

お好み焼きは次の日に食べるなら冷蔵でいいですが、日が経ってから食べるなら冷凍がベストです。

お好み焼きは、焼いて切ってから冷凍するのがおすすめ。

こうすることで温めるのに時間がかからず、食べたい分だけお弁当やおかずにする事ができます。

やり方

①焼いて冷ましたお好み焼きをこのようにカットする。

お好み焼き

②①をジップロックに並べて入れる。

③空気を抜いて封をして冷凍庫で凍らせる。

冷凍なら1ヶ月ほど保存できてますが、霜がついてまずくなるので早めに食べるのがベストです。

ちなみに、冷凍食品のお好み焼きもお弁当のおかずに重宝しますよ。

スポンサーリンク

お好み焼き弁当の詰め方

お好み焼きをお弁当に詰める時は、カットしたものを詰めると食べやすくなります。

うちの場合は、こんな感じです。↓

お好み焼き 弁当

お弁当のおかずの一つとして詰める場合は、おかずカップに好きなだけ入れて詰めればOKです。

お弁当用にミニお好み焼きを焼いておいても、結局はカットして詰めることになるので、大きいお好み焼きを焼いてカットした方が時短になります。

お好み焼き弁当の準備の仕方(状況別)

お弁当の準備の仕方を状況ごとに見てみましょう。

次の日に持っていく場合

お好み焼きをした次の日に、お弁当として持っていく場合はこうするのがおすすめです。

職場や学校に冷蔵庫とレンジがある時

①焼いたお好み焼きを冷ましてカットし、弁当箱に詰めて冷蔵庫へ入れる。

②当日に保冷剤と共に保冷バッグに入れて持っていく。

③職場や学校で冷蔵庫に入れる。

④食べる時にレンジで加熱する。←冷たいままでも意外とおいしいです。 

職場や学校に冷蔵庫とレンジがない時

①焼いたお好み焼きを切って冷蔵庫で保管。

②次の日にフライパンで加熱し、しっかり冷ましてからお弁当箱に詰める。

③保冷剤付きで持っていき、そのまま食べる。←冷めててもおいしいです。

冷凍した後に持っていく場合

冷凍したお好み焼きをお弁当に使う場合のやり方です。

職場や学校に冷蔵庫とレンジがある時

①冷凍したお好み焼きを好きなだけ弁当箱に詰めて持っていく。

②会社や学校の冷蔵庫で保管。

③レンジで加熱して食べる。

職場や学校に冷蔵庫とレンジがない時

①前日の夜に冷凍お好み焼きを冷蔵庫に入れて自然解凍。

②当日の朝にフライパンで加熱して、冷ましてからお弁当箱に詰める。

③保冷剤とともに保冷バッグに入れて持っていき、そのまま食べる。

お好み焼き弁当のソースの入れ方

ソースは多めに塗っておいても、食べる頃には乾いていることが多いですよね。

かといって、たーっぷりかけておくとベタベタになります。

ということで、ソースは別途で持っていくのがおすすめです。

うちでは、ソースとマヨネーズを小さな容器に入れて持っていって、お好み焼きを付けながら食べてます。

べたつくこともないし、ソースを塗る手間も省けるので一石二鳥です。

スポンサーリンク

おわりに

お好み焼きはたくさん作った方がおいしいので、余った分をお弁当やおかずに使うのは大正解。

野菜もたっぷりはいっているので、栄養のバランスもいいし満腹感も大きいです。

職場や学校に冷蔵庫とレンジがあるなら、冷蔵したまま保冷して持っていくだけ。

職場や学校に冷蔵庫やレンジがないなら、当日に加熱して、冷めてから保冷剤と共に持っていくのがおすすめです。

おいしいのでぜひお試し下さい!

-料理
-,

執筆者:

関連記事

赤紫蘇の出回る時期と売ってる場所,梅干しに必要な分量を解説

「梅干し用の赤紫蘇が欲しい!」 こう思った時になかなかゲットできないことってありますよね。 赤紫蘇は痛みやすいから早く買いすぎても困るし、遅すぎると売り切れてることがザラ。これほど買うタイミングに困る …

ツナ缶 コロッケ

ツナ缶コロッケの作り方と冷凍の仕方[お弁当や常備菜におすすめです]

ツナ缶コロッケはどのコロッケよりも味が引き立つ大人気のおかず。お店のコロッケのようにソースなしでガツガツ食べられます。 うちではこのツナ缶コロッケをたくさん作って冷凍保存。料理したくない日の夕食やお弁 …

梅干しの梅の種類と選び方,出回る時期と販売される場所のまとめ

「梅干し作りにはどんな梅を選べばいいの?」 梅の実選びは梅干し作りの肝ですよね。 梅の品種によって味や食感が違うし、漬ける時には熟し具合も重要。万が一、質の悪い梅に当たったら腐敗しやすくなったり、液が …

スコーン 炭酸水 レシピ

スコーンの炭酸水レシピ バターなしの簡単裏ワザと保存&温め方

スコーンを焼く時に一番厄介なのはバターを小麦粉とすり合わせるパート。正直、よっぽど乗り気じゃないと作る気が失せます(笑) ところが、バターなしで炭酸水を使って作るレシピが存在するんです。 実は私、何回 …

さつまいも 旬

さつまいもの旬が来た!ホクホク・ねっとりな種類と9つのレシピ

「美味しいさつまいもが食べたいなぁ。」 さつまいもと言えば秋のイメージ。だんだん寒くなっていく時期にハフハフしながら食べるさつまいもは最高です。 今回は、さつまいもが一番美味しい旬の時期、ホクホク系・ …