365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

スキレットの使い始めのシーズニングと洗い方&使用後の手入れ

投稿日:

キャンプで大人気のスキレット。鋳鉄(ちゅうてつ)製のずっしり重いフライパンですが保温性があっていろんな料理に使える優れものです。育てる楽しみもあって味わい深い見た目も魅力ですよね。

ただ、お手入れは普通のフライパンよりも大変。独特のメンテナンス法があるので使用前・使用後と洗い方に分けてみていきましょう。

スポンサーリンク

スキレットの使い始めの手入れ

よく家庭で使われているテフロン加工のフライパンなら購入後洗ってすぐに使えますよね。ところがスキレットは使う前にひと手間かかります。スキレットは水分が付くと錆びるので、錆を防ぐためのシーズニング(油ならし)という作業が必要。錆防止と同時に食材のくっつきを防ぐのにも効果的です。

シーズニングって難しそうに聞こえますが、1回やればすぐにマスター出来ますよ。やり方を見ていきましょう。

スキレットのシーズニングの仕方

① 本体と蓋をお湯と食器洗い洗剤で洗う。

工業用油や錆取り剤を落とします。2度洗いすると安心。

② 水分をふき取り、しっかり乾燥させる。

日の当たる場所で乾燥させるといいかも。

③ スキレットが乾燥したら、キッチンペーパーでオリーブオイルなどの植物油を塗る。

スキレットの表、裏、柄の部分、蓋に丁寧に塗りこみます。余計な油は拭き取ってサラッとした状態に。油は塩分を含まない(塩分が錆びの原因になるから)オリーブ油などの植物油を使ってくださいね。←塩分を含んだバターやマーガリンはNG。

④ 煙が出るまで火にかける。

煙が出るまで中火、その後弱火にして煙が出なくなるまで焼きます。柄が熱いので鍋つかみや皮の手袋などを使って防御して下さい。家でする時は要換気扇です。

⑤ 火にかけたスキレットの粗熱をとり、再度全体に油を塗り直し、煙が出るまで焼く。

全部で4~5回、油を塗って焼く工程を繰り返すと油がなじんできます。この先、使い込んで油がなじむと黒光りしたような味わい深い風貌に変化します。

⑥ ネギ、生姜、玉ねぎなど香りの強い野菜くずをスキレットに入れて炒める。(蓋の上でも)

香りの強い野菜くずを使うのは鉄独特の匂いをとるため。鍋全体を使ってしっかり炒めます。

⑦ 野菜くずを取り出し、再度本体と蓋に油を塗りこんで完成。

ちなみにLodge(ロッジ)のスキレットなど最初のシーズニング済みで売られている物もあるので、説明書きを見て下さいね。

スポンサーリンク

スキレットの洗い方

使い始める前の工程ではスキレットを洗剤で洗いましたが、使用後のスキレットは洗剤を使わずにお湯とスポンジやたわしのみで洗います。洗剤を使うとせっかく作った被膜が取れちゃいますからね。

スキレットは急激な温度変化が苦手なので、熱い内に冷水を入れたりするのはNG。割れる原因になります。洗う時は熱を取ってからにして下さいね。(テフロン加工のフライパンも一緒ですね。)

焦げ付いたりした場合は、スクレイパーである程度焦げを落とし、水を入れて火にかけて焦げを浮かせます。もし臭いが強かったり、ギトギトがひどい場合は洗剤や重曹を使わざるを得ませんが、使用前にやったシーズニングはやり直しになります。

スキレットを使ったあとは?

さて、洗った後は拭いて終わり~!ではありません。一見乾いたように見えても、小さな粒子の隙間に水分が残っていると錆の原因になります。

なので、煙が出るまで火にかけてしっかり奥の方の水分まで飛ばす必要があります。さらにスキレットが熱い内にオリーブ油などの植物油をキッチンペーパーで薄く塗り込みシーズニングしておきます。蓋も同様です。

しっかり冷ましたら湿気の少ないところで保管。時々しか使わないなら新聞紙で包んでおくと湿気を取ってくれるのでいいですよ。

スポンサーリンク

スキレットの手入れのまとめ

スキレットはなかなか手間がかかりますが、大切に育てる喜びが味わえます。昔実家で使っていたフライパンがスキレットでしたが、黒光りして古めかしいのに使い勝手抜群の一品でした。

・使う前のシーズニング(シーズニング済みのもの以外)
・洗い方
・使った後の手入れと保存方法

に気を付けて大切に育ててあげて下さいね!

-レジャー&イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

川遊び

川遊びの大人の服装と持ち物&レジャーグッズ 注意点のまとめ

スポンサーリンク 夏の川遊びは最高ですね!川遊びと言うと子供の遊びなんて思われがちですが、自然いっぱいの環境で大人も十分楽しめます。きれいな水と程よい流れに身を任す心地よさはたまりません! スポンサー …

奈良の大文字送り火2019 その意味と日時 眺めのいい鑑賞場所

巨大な「大」の文字が印象的な送り火は日本各地にありますが、日本最大級のものと言えば奈良県の大文字送り火です。 「大文字焼き」と呼ぶ地域もありますが、ここでは「大文字送り火」と呼ぶのが正式。花火とは違っ …

運動会のお弁当 簡単かわいいアイデアと前日の準備

お子さんのいる家庭なら、運動会は春の一大イベントですね!運動会では競技もさることながら、みんなで食べるお弁当もまたいい思い出になります。ただ、家族みんなで応援に行けば結構な量のお弁当を作る事になるので …

ジェットスターオーストラリア便の機内と遅延の確率、機内食の持ち込みは?

ジェットスターでオーストラリアに行くのに戸惑いを感じる人は多いですよね。 安全なのか、機内は快適なのか、遅延やキャンセルだらけではないのか、機内食なしってどういうことだ!等々(笑) なんといっても値段 …

夏キャンプに寝袋はいらない?温度やおすすめのタイプは?

夏キャンプに寝袋って暑くないんだろうか?めちゃくちゃ暑い夏に寝袋の事なんて考えたくもない!というのが本音ですよね(笑) でも寝袋なしでキャンプに行っても大丈夫なんでしょうか?今回は夏キャンプ(オートキ …