365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

ライフスタイル

お弁当にサンドイッチを作るコツ!べちゃべちゃ,乾燥対策,切り方はこれ!

投稿日:2017年7月23日 更新日:


お弁当にサンドイッチって簡単そうで奥が深いですよね。

野菜たっぷりでヘルシーにと思っているとパンがべちゃべちゃになったり
逆にパンがパサパサに乾燥してしまったり・・・
切ろうとしたら中身が飛び出てきたり・・・

意外にもトラブルが多いんです。

今回はお弁当にサンドイッチを作るコツとして、
水気や乾燥対策と切り方をまとめました。

※夏のサンドイッチ弁当で腐りにくい具材の工夫はこちらです。

※ボリューム派・ヘルシー派おサンドイッチアイデアとおかず編はこちらです。

スポンサーリンク
  

お弁当のサンドイッチがベチャベチャになる時のコツ

べちゃ~っとなったパンほど食べるのに気持ちが悪いものはないですよね。

以前、飛行機に乗る時に
トマトとレタスとツナのサンドイッチを家から持っていったら
食べる頃にはパンが水分でふにゃふにゃ・・・

めちゃくちゃショックでしたよ。

それからというもの、サンドイッチにはかなり気を付けています。

サンドイッチのべちゃべちゃ対策としてはこんな工夫がありますよ♪

あれ以来、この方法で水気たっぷりのパンにはお目にかかっておりません(笑)

バター、マーガリン、マヨネーズなどの油分をパン全体にまんべんなく塗る

カロリーを気にしてましたけど、
びちょびちょパンを食べるくらいなら・・・ということで
少し厚めに隅々まで塗ります。
その後、運動すればいいし(笑)

からしやカレーなどを混ぜると味のバリエーションも楽しめて美味しいです♪

マヨネーズの方が塗りやすく、味も整う印象です。
具材によってはクリームチーズもよく合います。

水分の出ない具材をパン側へ

水分の出ないスライスチーズやハムなどの平らな具材を
パン側へ挟むとほかの具材の水分をパンが吸収するのを防げます。

ハムも少し水分がついている時があるので、
キッチンペーパーで拭いておくとより安心ですよ。

チーズは結構防水効果があるような気がします。

水分の多いものは避けるかしっかり水分をとる

水分の多いものは避けたいですが、野菜は入れたいですもんね。

レタスなどの葉物は洗ったら、ザルにあげてしっかり水気をとり、
さらにキッチンペーパーでしっかり押さえ拭きします。

きゅうりなども気になる時は塩もみで水気を出したり、
トマトはかなり水分が多いので種をしっかりとるか、
別にしておいた方が無難です。

野菜を沢山入れたい時は、炒めたキャベツやほうれん草、
玉ねぎなども重宝しますよ。

調理した具材はしっかり冷ます

卵焼きや揚げ物、炒めものなどをサンドする時は
しっかり冷ましてから挟むようにすると蒸気でべたついたりしなくなります。

具材を別にする

めんどくさい時にも使える方法です(笑)

パンと具材、ソース類を別々に持って行って食べる時に作る。いい感じですよ。
小さい子供さんにはちょっと大変かなと思います。

サンドイッチのパンと具の間にオーブンペーパー

パンに具材を挟む前に、パンと具の間にオーブンペーパーを入れておくと
パンがびちょびちょにならなくなります。

コンビニのおにぎりのような感覚でしょうか。

包み方やお弁当箱の工夫

サンドイッチをキッチンタオルのような物や紙などで包んでおくと
余分な水分を吸い取ってくれます。

通気性を考えて、籠のようなお弁当箱にペーパータオルを敷いて、
サンドイッチを詰めるのもよさそうです。

スポンサーリンク

お弁当のサンドイッチがパサパサになる時のコツ

べちゃべちゃとは反対のパサパサも食べにくいですね。

パンの外側からじわじわ乾燥してきて、
時間がたつとパン粉みたいな感覚。これはいただけない。

とはいえ中の方の水分は極力抑えるにこしたことはないし・・・

そんな時のアイデアは

包装で水分の蒸発を防ぐ

作ったサンドイッチを空気にさらしておくと乾燥しやすくなります。

サンドイッチをラップやオーブンペーパーなどで包んでから
お弁当箱に入れると(入れなくてもいいですし)パンの乾燥を防げます。

かたく絞った清潔な布巾で包むのもいいようです。

具材を工夫する

バターにチーズのみ、ハムのみなど水分の少ない具材ばかりのサンドイッチだと
パサパサになりやすい傾向にあります。
ベチャベチャは避けたいのでバランスは大事ですが、
パサパサの時はしっとり馴染むような具を追加する手もあります。

パンと具材をしっかりなじませる

パンに具を挟んだら、ラップなどで包んでしっかりプレスしておくと
パンと具材が馴染みパサパサを防ぎやすくなります。

お弁当のサンドイッチ 上手な切り方のコツ

上手にできたサンドイッチを切ったら無残な事になってしまった・・・

あぁ、台無し(泣)

こんなことはよくあります。

そんな時のアイデアは・・・

切る前におもしをする

できたばかりのサンドイッチはパンと具が馴染んでおらず
切るとバラバラになりやすいもの。

サンドイッチをラップなどで包んでしっかりプレスし、
上からおもしをしておきましょう。

重すぎなければ本なんかでもいいですよ。

15分ほどすると切りやすくなります。

シャープな包丁で切る

切りにくい包丁でのこぎりのごとく切っていると
おさまるものも収まりません(笑)

シャープなナイフでカットすると切り口もきれいです。

具を均等にしておく

具の置き方にムラがあると型崩れの原因に。
なるべく均等にしておきましょう。

爪楊枝で固定

サンドイッチを数か所、爪楊枝で固定しておくとばらけにくく
切りやすくなります。

BLTサンドのイメージで。

パンの種類を変える

どうしても切るのが苦手な場合は、食パンでなく
ロールパンやベーグル、ラップブレッドなどに変えれば切る手間なし!!

時間短縮にもなります♪

まとめ

サンドイッチも少し手間をかけることでお弁当に持って行っても
美味しく食べられるようになります。

サンドイッチのお弁当はコツさえ分かればとってもおしゃれで
大満足間違いなしです!

関連記事:サンドイッチ弁当は夏でも大丈夫?腐りにくい具材と注意事項

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

かぼちゃとさつまいものスープ ハロウィンにも使えるレシピをご紹介

だんだん寒くなっていく今日この頃。 ほっこり温かいスープが身に染みる季節突入ですね。 クリーミーでリッチなスープと言えば真っ先にパンプキンスープが浮かびますが、ここにさつまいもを入れると甘みとうまみが …

虫よけスプレーディート入りの副作用と濃度の選び方

蚊、ブヨ、ヌカカ、ダニなどの毒虫達が精力的に活動する夏。 刺された時のあの痒さは最悪。 当分の間気になって仕方ないですよね。 夏のアウトドアや庭いじり、外遊びに虫よけスプレーは欠かせません。 アロマ系 …

幼児が大好きな室内遊びとは?保育園でもつかうアイデア集

体力の有り余る幼児との室内遊びって結構大変ですよね。 可愛いけど、あのパワーにはタジタジ(笑) しかも集中している時間が激短(笑) 外ならなんとでもなるんですけどね。 雨の日は憂鬱なパパママも多いでし …

アマゾンプライム自動更新の解約法 全額返金してもらえるって本当?

クレジットカードから身に覚えのないアマゾンプライム会費が引かれてる!!! あらら・・・申し込んでもいないのになんで? そういえば、無料体験はやってたけど自動で更新しないでよ~。 朝からプチパニック!! …

グリルの掃除を重曹とクエン酸で実験 受け皿と網もきれいになるのか?

台所のお掃除の中でも手間がかかるのがグリル! うちのグリルというかグリル兼オーブンは大掃除の時期にしか掃除しないので まさにギトギト(笑) さてさて、どうしたものか・・・ 検索してみると、重曹やセスキ …

よく読まれている記事