365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

料理

サンドイッチ弁当のべちゃべちゃ&パサパサ対策と切り方のコツ

投稿日:2017年7月23日 更新日:

サンドイッチ 弁当

「サンドイッチがべちゃべちゃ〜」
「サンドイッチがパサパサー」
「サンドイッチを切ろうとしたら中身が飛び出てぐちゃぐちゃ〜」

サンドイッチって簡単そうなのに意外とトラブルが多いですよね。

特にお弁当にすると、こんなマイナートラブルが際立ちます(笑)

今回は、サンドイッチの水っぽさや乾燥を防ぐためのコツときれいに切るための方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

サンドイッチがべちゃべちゃになる時の対策

サンドイッチ べちゃべちゃ

水分でベタついたパンほど気持ちが悪いものはないですよね。

サンドイッチがべちゃっとするのを防ぐには、こんな対策をしてみるのがおすすめです。

サンドイッチにバターを塗る

サンドイッチにバターやマーガリンを塗るのは定番中の定番。

バターやマーガリンの油分が他の具材から出る水分を弾いてくれるので、パンのベタつきを抑えることができます。

塗る時は全体にしっかり伸ばすのが鉄則。使いやすいチューブのバターを使うのもおすすめです。

水分の多い具材を避ける

トマトやフルーツなど水分の多い具材は避けるのがベスト。(どうしても入れたいなら別容器で持っていって食べる時に挟むと◎)

レタスなどの葉っぱ系を入れる時は洗ってからしっかりとキッチンペーパーで水気を拭き取り、塩もみした野菜はしっかり絞ってから、さらにキッチンペーパーで拭き取ります。

玉ねぎやキャベツなどは炒めて水分を飛ばしてからキッチンペーパーで拭き取って入れるのもあり。ベーコンやツナと一緒に炒めて挟んでも美味しいです。

加熱した具材をしっかり冷ます

加熱したものはしっかり冷ましてから挟みます。(加熱時に出た油分や水分は拭き取る)

しっかり冷ましてから挟むごとで、パンのベタつきは解消。お弁当箱内にこもった湯気でサンドイッチが痛むこともなくなります。

水分を含む具材をパンから離す

具材を挟む時は水分が出ないチーズやハムなどを外側(パン側)にして、野菜やソース類を内側にするとパンが水分を吸収するのを防げます。

スライスチーズはかなりいいバリアになってくれます。

パンと具材を分ける

サンドイッチをお弁当にする時、パンと具材とソースをバラバラに持っていくとパンが水っぽくなることはありません。

うちはツナマヨサンドやBLTサンドの時によくこの手を使っています。

準備も簡単だし、作りたてのサンドイッチが食べられるのでおすすめです。

スポンサーリンク

サンドイッチ弁当がパサパサになる時の対策

サンドイッチ パサパサ

ベチャベチャとは逆でパンが乾燥して食べにくい時もありますよね。

こんな時の対策はこちらです。

サンドイッチを包む

作ったサンドイッチを空気にさらしておくと乾燥するので、ぴっちり包んでパンがパサパサになるのを防ぎます。

ラップの上でサンドイッチを作ってそのまま包み込んでもいいし、クッキングシートで包むこともできます。

サンドイッチを作ったら放置せず、すぐに包むと効果的。面倒ですが1つずつ包んでくださいね。

サンドイッチの切り方のコツ

「サンドイッチを切ったら無残な事になってしまった・・・あぁ、台無し。」

こんなことはよくありますよね。

でも、大丈夫!サクッと切るための方法はこちらです。

  1. サンドイッチを作る時に具材を均等に配置する。
  2. 大きめに切ったラップでぴっちり包んでパンと具を馴染ませる。
  3. ラップの上から好きなサイズに包丁で切る。(よく切れる包丁を使う)

ラップでぴっちり固定しているので、切る時に具材が飛び出すことなくきれいに切れます。

ちなみに、切るのが面倒な時はロールパンやベーグルなどでサンドイッチを作ると切る手間が省けます。

スポンサーリンク

おわりに

お弁当のサンドイッチはちょっとしたコツさえわかっていれば問題なく作ることができます。

サンドイッチは学校や仕事の時だけでなく、行楽弁当にもピッタリなので今回のコツを使って美味しく作ってみてくださいね。

参考サンドイッチ弁当は夏でも大丈夫?腐りにくい具材と注意事項

-料理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイシングクッキー 材料

クッキーのアイシングの材料と色付けの仕方 必要な道具のまとめ

アイシングクッキーはかわいいしギフトとしても人気ですよね。特にハロウィンやクリスマスなどのちょっとしたプチギフトには最適です。 アイシングって難しく聞こえるけど材料もすごくシンプル。絵具のように好きな …

梅干し 土用干し

梅干しの干し方と必要な道具,干した後の保存の仕方を解説

土用干しは梅干し作りの大事な工程の1つ。 天日干しをすることで殺菌効果が期待でき、梅の実を柔らかく色鮮やかに仕上げる事ができます。 今回は梅干しを干す時に使う道具とその代用品、天日干しの方法と干した後 …

ツナ缶 コロッケ

ツナ缶コロッケの作り方と冷凍の仕方[お弁当や常備菜におすすめです]

ツナ缶コロッケはどのコロッケよりも味が引き立つ大人気のおかず。お店のコロッケのようにソースなしでガツガツ食べられます。 うちではこのツナ缶コロッケをたくさん作って冷凍保存。料理したくない日の夕食やお弁 …

梅酢の使い方,塩分量ごとの保存の仕方と保存期間,容器について解説

「梅干しを作った後のしょっぱい梅酢はどうすればいいの?」 梅干しを作った後には白梅酢(白梅干しの場合)か赤梅酢(赤ジソ入の梅干しの場合)が出ますが、どちらも梅エキスがたっぷり詰まった貴重な一品。使い道 …

ペペロンチーノ 作り方

ペペロンチーノの作り方[お店の味が再現できる簡単なコツ6個]

「ペペロンチーノを作ると、ニンニクが焦げて苦いし、味が定まらないんだよね…。」 ニンニクと唐辛子だけのペペロンチーノはシンプルに見えて難しいですよね。 ただ、6個のコツをおさえるだけでお店 …