365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

グルメ

サンドイッチ弁当のべちゃべちゃ&パサパサ対策と切り方のコツ

投稿日:2017年7月23日 更新日:

サンドイッチ弁当って簡単そうで奥が深いですよね。パンがべちゃべちゃになったり、逆にパサパサに乾燥してたり、切ろうとしたら中身が飛び出てきたり・・・意外にマイナートラブルが多いんです。

サンドイッチの水分過剰や乾燥を防ぎ、美しく切るコツってあるんでしょうか?

スポンサーリンク
  

サンドイッチ弁当がべちゃべちゃになる時の対策

べちゃ~っとなったパンほど食べるのに気持ちが悪いものはないですよね。

以前、飛行機に乗る時にトマトとレタスとツナのサンドイッチを家から持っていったら食べる頃にはパンが水分でふにゃふにゃ・・・めちゃくちゃショックでした。

それからというもの、サンドイッチにはかなり気を付けております。サンドイッチのべちゃべちゃ対策としてはこんな工夫をしてますが、あれ以来、水分たっぷりのまずいサンドイッチにはお目にかかっておりません(笑)

サンドイッチにバターやマヨネーズを塗る

定番のバターやマヨネーズですが、以前はカロリーを気にして塗ってませんでした。

ところがどっこい、これを一面に塗るのと塗らないのないのでは雲泥の差!バターもマヨネーズも水分やベーコンなどの余分な油をはじいてくれるので、パンがびちょ~っとなるのを防いでくれます。

からしやカレーなどを混ぜてバリエーションも楽しめるし、今ではなくてはならない助っ人です。

マヨネーズの方が塗りやすく、野菜などの具材とも相性よし。バターやマーガリンは具材を選ばず、マヨネーズより持ちがいいのが特徴。どちらでも気の向いた方をお選び下さいね。

具材によってはクリームチーズやピーナツバターもよく合いますよ。

スポンサーリンク

サンドイッチの具材の順番をチェック

挟む順番もとっても大事!コツは水分の多い具材やソース類をサンドイッチの真ん中に、水分の少ないものを外側に持ってくることです。

例えば、スライスチーズやハム、レタス(しっかり拭いた物)などを外側に、トマトやキューリ、揚げ物、ケチャップなどのソース類などを内側に持ってくると、パンが水分や油分を吸収するのを防ぐことができます。

ちなみにハムも少し水分があるので、キッチンペーパーで拭いておくとより安心。スライスチーズはかなり優秀なのでよく壁として使ってます^^

サンドイッチの水分を減らす工夫

水分の多い具材は避けた方が無難ですが、野菜は入れたいですよね。こんな時は少し手間をかけてあげるとベタツキがなくなります。

例えば、レタスなどの葉物は洗ったら、ザルにあげてしっかり水気をとり、さらにキッチンペーパーでしっかり押さえ拭きします。

トマトはかなり水分が多いので私は使いませんが、どうしても入れたい時はラップで包んで別で持っていきます。もしくは、種を抜いてサンドイッチの中心に挟み込むのもあり。きゅうりもよく拭いて中心へ。

野菜を沢山入れたい時は、ベーコンやツナと炒めたキャベツやほうれん草、玉ねぎなどを挟むとベタベタにならずにいい感じですよ。

サンドイッチの具材を冷ます

卵焼きや揚げ物、炒めものなどをサンドする時は、しっかり冷ましてから挟むようにすると蒸気でべたついたりしなくなります。お弁当は何でも冷ましてからが鉄則ですね。

サンドイッチに挟まない

えっ?って感じですが、パンと具材、ソースを別々に持って行って食べる前に挟めば絶対べちょべちょにはなりません。レンジがあれば揚げ物などの具材を温めてから挟むこともでき、なかなか使えますよ。

準備も簡単だし、フレッシュなものが食べられるのでおすすめですが、小さい子どものお弁当にはちょっと大変かなと思います。

サンドイッチのお弁当箱を工夫

密封型のランチボックスだと通気性がないので湿気がこもりがちに。サンドイッチ用の籠タイプやわっぱなどに
サンドイッチを詰めるの手もあります。

サンドイッチ弁当がパサパサになる時の対策

べちゃべちゃとは反対のパサパサも食べにくいですよね。

パンの外側からじわじわ乾燥してきて、時間がたつとパン粉みたいな感覚。これはいただけない。

とは言え具材の水分は極力抑えるにこしたことはないし・・・。

そんな時のアイデアは?

サンドイッチをラップで包む

作ったサンドイッチを空気にさらしておくと乾燥しやすくなります。特に通気性のいいランチボックスだとパサパサになりやすいですよね。

そんな時はサンドイッチをラップやクッキングシート、ワックスペーパーなどできつめに包んでからお弁当箱に入れるとパンの乾燥を防げます。

サンドイッチを作ったら放置せず、すぐに包むと効果的ですよ。

サンドイッチの中身を工夫

バターにチーズのみ、ハムのみなど水分の少ない具材ばかりのサンドイッチだとパサパサになりやすい傾向にあります。

ベチャベチャは避けたいのでバランスは大事ですが、パサパサの時はスプレッドやクリームチーズなどしっとり馴染むような具を追加する方法も。ラップでぴっちり包んでから10分ほど置いておくとしっかり馴染みますよ。

サンドイッチの切り方のコツ

上手にできたサンドイッチを切ったら無残な事になってしまった・・・あぁ、台無し(泣)こんなことはよくありますよね。

でも、大丈夫!コツさえ分かっていればサンドイッチが上手に切れますよ。

コツ1作る時に具材を均等に配置。

コツ2サンドイッチを包んで馴染ませてからカット。

コツ3分厚いサンドイッチは所々つまようじで固定してから切る。

コツ4パン切り包丁or切れる包丁を使う。

コツ5切らなくてもいいパン(ロールパンやベーグルなど)を使う。

コツ5はインチキっぽいですが、切らなくて済むのは便利です(笑)

スポンサーリンク

おわりに

サンドイッチ弁当は少しだけ気を付けることがありましたが、コツさえ知ってれば問題なし!作るのも簡単でとってもおしゃれなので大満足間違いなしです!

関連記事:サンドイッチ弁当は夏でも大丈夫?腐りにくい具材と注意事項

-グルメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅シロップ

梅シロップの出来上がり量と保存の仕方 保存容器はどれがいい?

梅シロップの出来上がり量って毎回多少ずつ違いますが、目安がわかると材料の調達もしやすいですよね。保存容器のサイズも量次第。大きな容器にほんの少しの梅シロップだと結構笑えます(笑) 今回は梅シロップはど …

大神神社付近でそうめんが美味しい私のおすすめはこの6軒

日本最古の神社の一つで、最強のパワースポットとも称される大神神社は朝にお参りするのが一番ですね!境内は広く、本社と摂末社をお参りするとかなり時間がかかります。お参りが終わる頃にはお腹もキュルル~。 で …

あさりの砂抜きのコツと時間 超時短の裏技もご紹介

春先はあさりがとてもおいしい時期。でも、なんとかしたいのは砂。 潮干狩りであさりを採って来た人も、スーパーで買ってきた人も調理したら砂がジャリッというのは避けたいですよね。 自己流で砂抜きしていつも失 …

梅シロップ

梅シロップに酢を入れる効果は?酸っぱくならない?作り方は?

梅シロップって、梅と砂糖だけで作るレシピとお酢を入れるレシピがありますよね。梅と砂糖だけでできるならそれだけでいいのになんでお酢?何か効果があるにしても、酸っぱくなったら嫌だなぁと思う人も多いと思いま …

みたらし団子

みたらし団子のたれの黄金比 甘めと甘さ控えめ醤油味の作り方と保存

みたらし団子のたれって重要ですよね。いくら食感のいいお団子でもタレが口に合わなかったら台無しですから。 みたらし団子たれといっても甘めのタレから甘さ控えめの醤油っぽいタレまで色々。人によって嗜好が違う …