365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

お年賀のお菓子10選[和洋別]!おいしくて喜ばれること確定です!

投稿日:2020年11月4日 更新日:

お年賀

「お年賀は何がいいんだろう?」

お年賀の定番はお菓子。でも、種類が多すぎて迷いますよね。

百貨店に行っても「あっちがいいかな?こっちがいいかな?」と迷うばかり。人も多いし疲れます。

今回は、手土産に人気の和菓子と洋菓子をまとめてみたので、お年賀選びの参考になさって下さい。

参考おせち料理の詰め方とレイアウト[ 縁起のいい具材の意味も紹介]

スポンサーリンク

お年賀のお菓子は日持ちするものがベスト

お年賀 お菓子

まず、お年賀を選ぶ時は日持ちするお菓子を選ぶのがポイント。

お正月は生菓子を用意している家が多いので、日持ちしないお菓子が集まるとかなり大変です。

ということで、相手の嗜好に合った賞味期限が長めのお菓子を選ぶと喜ばれます。

お年賀の和菓子 5選

それでは、お年賀に人気の和菓子からご紹介していきます。

もち吉のおせんべい

「もち吉」は昭和4年創業のおせんべいとおかきの老舗。ファンも多く、おせんべいの定番と言っても過言ではありません。

おせんべいはふわっとサクサクで種類が豊富。食べる手が止まらなくなるのが唯一の難点です(笑)

日持ちもするし老若男女に評判がいいので、ご挨拶にぴったりです。


とらやの羊羹

「とらや」は室町時代に創業した和菓子の老舗。
とらやの羊羹は少しかしこまった手土産の定番です。

高級感あふれる上品な味でお茶請けにぴったり。
羊羹の種類にもよりますが賞味期限が長いので、お菓子が重なるお年賀にはぴったりです。


たねやのふくみ天平

「たねや」は1872年創業のお菓子メーカー。
滋賀に本拠地を置き、関西・東海・関東地方の百貨店を中心に広く店舗展開しています。

たねやの和菓子は上品で地元の百貨店でも大人気。

お年賀なら皮と餡が別々になった最中「ふくみ天平」やぜんざいなどがおすすめです。


くり屋南陽軒の栗きんとん

南陽軒は明治40年に岐阜県の中津川市(栗きんとんの名産地)で創業した和菓子屋さん。

和菓子は全て手作りで、人気の栗きんとんはメディアにもよく登場しています。

栗きんとんは栗100%で無添加。干し柿の中に栗きんとんを入れた栗柿も美味しいです。(日持ちは冷蔵で発送から2週間)


伊藤久右衛門の抹茶スイーツ

「伊藤久右衛門」は1832年に京都の宇治市で創業した宇治茶専門店。

高級宇治抹茶を使った和洋菓子も人気で、抹茶好きにはたまりません。

濃厚な抹茶スイーツは優雅なお茶請けにぴったりです。


お年賀の洋菓子 5選

続いて、お年賀に人気の洋菓子をご紹介します。

キハチの焼き菓子

「キハチ」はレストランやカフェ、パティスリーなどを全国展開している企業。

パティスリーでは、バウムクーヘンやフィナンシェなどの焼き菓子、ブライダルギフトも人気があります。

上品で知名度も高いので、気の利いた贈り物選びにぴったりです。


アンリ・シャルパンティエの焼き菓子

1969年創業のHenri Charpentier(アンリ・シャルパンティエ)は、フィナンシェやマドレーヌなどが有名な洋菓子ブランド。

大手の百貨店に入っていることが多く、お中元やお歳暮などにもよく使われます。

贈ったことも贈られたことも何度かありますが、フィナンシェもマドレーヌも最高です。


シーキューブの焼き菓子

シーキューブは、上で紹介したアンリ・シャルパンティエと同系列の洋菓子ブランド。
こちらも百貨店でよく見かけるお店です。

ケーキも美味しいですが、贈り物なら焼き菓子の詰め合わせがおすすめ。
有名な焼きティラミスやベリーウィッチなどが人気です。


ゴディバ

GODIVA(ゴディバ)は言わずと知れた高級チョコレートブランド。
ベルギーで創業したブランドで、今は世界的に名が知られています。

お高級なチョコレートの他にクッキーなどもあり、贈答用には申し分なし。
チョコを挟んだクッキーもかなり美味しいです。


サロンドロワイヤル

サロンドロワイヤルは1935年創業のチョコレート専門店。
クルミ科のピーカンナッツをチョコレートでコーティングしたお菓子が人気です。

ピーカンナッツはクセがなく歯ざわりもいいのでコーヒータイムにぴったり。
ビタミンやミネラルも多く含まれているそうですよ。



おわりに

今回紹介したお菓子は百貨店や通販で名の知れたものがばかり。

評判もよく味も保証付きなので喜ばれること間違いなしです。

お年賀だけじゃなく、お中元やお歳暮、お祝い事にも重宝するお菓子ばかりなので参考にしてみて下さい。

-季節の行事
-,

執筆者:

関連記事

十五夜は満月じゃないこともある!?由来や中秋の名月との違いも解説

「十五夜は中秋の名月の日で満月なんだよね?」 これはYESともNOとも言いにくい質問です。 「えっ?なんで?」と思いますよね。 今回は、十五夜と中秋の名月の違い、この日が満月にならないこともある理由に …

七夕に名古屋でデートするならどこ?当日のイベントや過ごし方

七夕と言えば織姫と彦星伝説が有名ですよね。 年に一回天の川を渡って再開できるというロマンチックなストーリー。 さあ、七月七日。地上のカップルたちはどのように過ごしますか? 一緒に星を眺めますか?短冊を …

鏡餅  飾り方

鏡餅を飾る場所はどこ?飾り方やいつからいつまで供えるかを解説

「鏡餅ってどこに飾るの?飾っておく期間もイマイチ不明…」 鏡餅はお正月の準備に欠かせない品。昔から年神様が宿る場所だと信じられています。 今回は、鏡餅を飾る場所、いつからいつまで飾るのか、 …

敬老の日のプレゼント[中学生・高校生から心を届けるアイデア6選]

「ちょっと照れくさいけど、おじいちゃんおばあちゃんが喜ぶ顔がみたいな。」 大好きなおじいちゃんやおばあちゃんは特別な存在。敬老の日には何かお祝いがしたいと思っているお孫さんは多いですよね。 今回は中学 …

七五三 男の子のお参りはいつ?数えか満か?早生まれなら?

七五三っていつだっけ?文字通り7歳、5歳、3歳だよね? でも満年齢とか数えとかあるみたいだし・・・ 男の子と女の子で確か違うよね? 疑問の多い七五三。日取りも決めたいし、衣装も予約したいし、 ああ、決 …