365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事関連

十五夜のお供え物 その意味と供える場所 団子の数や積み方も解説

投稿日:2017年8月9日 更新日:

十五夜は秋の風物詩。お月見の日にはお月様へお供えをするという習慣もありますが、何をなんのためにお供えするかはあまり知られてませんよね。

今回は知っているようでしらない十五夜のお供え物とその意味、お供えを置く場所についてまとめてみました。

スポンサーリンク

十五夜のお供え物

お月見の時期になるとスーパーやコンビニでもお月見のお供え物が売られたりします。

普段そんなに夜空を見上げない人でも、このおかげで今日は十五夜かぁなんて思ったりしますよね。

十五夜には何をお供えするかと言うと、恐らく皆さんご存知のこんなものです。

・月見団子

・ススキ

・野菜や果物

・芋類(里芋やサツマイモなど)

私も小さい頃はススキを取りに行ったり、お団子を頬張ったりした思い出が(笑)

でもお供え物の意味を聞かれると・・・。とりあえず、お下がりの団子が食べたーい!としか思ってませんでしたから(汗)

でも、お供えにはちゃんと意味があります。知っておくとお月見がより一層意義深いものになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

十五夜のお供え物の意味

お団子、ススキ、野菜や果物、芋類はいったいなぜお供えするのか。順番に見ていきましょう。

お月見団子はなぜ

お月見の時期になるとよく見かける定番の月見団子。

米粉で作ったお団子をなんでお供えするかと言えば、豊作を願うためと収穫に感謝するためだとか。

十五夜のお月見では沢山の収穫を願い、十三夜のお月見では収穫に感謝するという意味合いがあります。

月見団子はまん丸。これはお団子を満月に見立て、豊作のみならず健康や幸せを願ったと言われています。

中秋の名月と十五夜の違い その日は満月なのかと由来について

十五夜の団子の数

お団子の数は十五夜だから15個という考え方と、1年間の満月の回数分として12個(閏年なら13個)とする考え方もあります。

家の習慣に従うもよし、自分の思ったようにするのもよしって事ですかね。

参考:団子の作り方 上新粉 白玉粉 だんご粉 もち粉での違いと保存の仕方も解説

十五夜の団子の積み方

お団子は三方(三宝)と言われる神棚にあるようなお供え用の台に白い紙を敷いてお供えするのが一般的ですが、三方がない場合はお盆やお皿に白い紙を敷いてお供えすることも。

団子の場合の並べ方は3段構成のピラミッド型が普通。数別に見るとこうなります。

15個の場合:下段9個  中段4個  上段2個

12個の場合:下段8個  中段3個  上段1個

13個の場合:下段8個  中段4個  上段1個

なんでピラミッド型かと言えば、ピラミッドのてっぺんがお月様とつながるためだそう。

ただですね・・・・

地域によっては丸いお団子でなく、しずく型の月見団子を食べる所も。

実は地元名古屋がそうで、月見団子と言えば白やピンクや茶色のしずく型でした。

なんでしずく型かというと、里芋を模しているから。

中秋の名月の時期に収穫したばかりの里芋を茹でて食べるという習慣が江戸時代ごろからあったからだそうで、それに倣っているようです。確かに中秋の名月(十五夜)は芋名月と言いますもんね。

この里芋型のカラフルなお団子は関西方面に多いらしいですが、お団子も地域によって違うんですね。

お月見にススキを飾るのはなぜ?

月の神様が宿ると言われる依り代は稲穂ですが、その稲穂によく似ていて魔よけになると信じられてたススキが稲穂の代わりにお供えされるようになりました。

魔を封じてくれるススキをお月見の後に軒先に吊るしておくとその年は無病で過ごせるという言い伝えもあります。

お月見に野菜や果物をお供えするのはなぜ?

秋の収穫の時期にかかるお月見には収穫祭的な意味合いも。月の満ち欠けは農作物の出来にも影響すると考えられているのでお月様に祈る事は大事な要素だったのかもしれません。

旬の野菜や果物をお供えするのは「今年も沢山の収穫を得ることができありがとうございました。来年もよろしくお願いします。」という願いを込められているのでしょう。

十五夜によくお供えされるものは芋名月と呼ばれるだけあって旬の里芋やさつま芋など。

お月様とつながるという意味でブドウなどのつる植物をお供えすることもあるようです。

お月見のお供えをする場所は?

お供え物は準備万端!

でも、どこにお供えしよう?と思った事ってありませんか?普通、お供えっていうと神棚や仏壇ですがちょっと違いますよね。

そう。お月見の場合はお月様が見える所にお供えするのが一番。

月の見える場所に台でお供え場所を作り、お供え物を三方やお盆にのせてお供えするととても風流です。

窓辺やベランダに小さな台を置いてお供えしたり、お庭のテーブルを使ったり、出窓があるならそこを利用しない手はありません。

万が一、天気が悪くてお月様が見えないとしても雲で隠れているだけ。見えた方が嬉しいですが、そのパワーは十分に私達に届いているそうですよ。

スポンサーリンク

おわりに

十五夜のお供えには興味深い理由があったんですね。さすが昔々から引き継がれている風習は奥深い。地域による違いもおもしろいですよね。

十五夜は満月とは限りませんが、満月はお月様に感謝をする日でもあります。ありがとうと伝えて、美味しくお団子や旬の物を食べ、健康でハッピーな一年をお過ごしください!そして1か月後の十三夜もお楽しみくださいね。

-季節の行事関連
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

初詣はどこの神社やお寺でもいい?氏神様は必ず参拝するもの?

みなさん、初詣はどこへ行かれますか? 神社派の方もお寺派の方も両方行くよ~って方もいらっしゃいますよね。 何か所も参拝する方も意外と多いのではないでしょうか? 私もそうです(笑) ところで、素朴な疑問 …

ハロウィンコスプレおもしろウケ狙いアイテム男性編

ハロウィンを心待ちにしている方は沢山いらっしゃいますよね? 仲間内のハロウィンパーティーだったり、会社関係の宴だったり、子供のハロウィンパーティーの盛り上げ役だったり。 ひそかに仮装できる機会を待って …

イースターエッグのゆで卵を食べる時の保存方法と消費レシピ

ゆで卵で作ったイースターエッグって食べますか?チョコなら食べるけど、デコレーションしたゆで卵ってどうなの?と思う人はいるかもしれませんね。 食べるなら保存期間も気になるからなるべく早く消費したい・・・ …

クリスマスプレゼントに絵本 2歳の子とほっこりできる物語はどれ?

クリスマスの絵本ってすごく夢があるしかわいいですよね!私も子供の頃から大好きでしたが、大人になってもいいなぁと思います。小さな子供のクリスマスプレゼントとしてもばっちり!子供の世界観も広がるし、場所も …

クリスマス 名古屋の教会でミサに参加するならここがおすすめ

クリスマスになると・・・教会に行ってみたい!と思う人も多いかもしれませんね。私もそんな一人。クリスチャンでもないのに、あのクリスマスの雰囲気いいなぁって思います。 最近はライトアップやゴスペルなどのク …