365日のお役立ち情報

生活お役立ち情報やハッピーな毎日を送るアイデアなどを書いてます。

季節の行事お助け記事 旅行・お出かけ・アウトドア・イベント

あさりの砂抜き方法 塩水?簡単にお湯?保存方法は?

投稿日:2017年3月26日 更新日:


春先はあさりがとてもおいしい時期です。
潮干狩りにいってあさりを採って来た人も、スーパーで買ってきた人も調理したら砂がジャリッというのは避けたいですよね。

自己流で砂抜きしていつも失敗という人は必見!
意外と知られていないあさりの砂抜きの正しい方法や砂抜き後の保存法について詳しくご紹介したいと思います。

ちなみにばか貝の砂出し方法はこちらです。

スポンサーリンク
  

あさりの砂抜き方法 塩水編

昔から普通に行われている方法ですが、効果的に砂を出すためにいくつか気を付けたいことがあります。

あさりの塩抜きに適した塩水の濃度と温度

あさりは海水の中の方が砂をよく吐くといわれているので、潮干狩りに行くのであればペットボトルに海水を入れて持ち帰ってくるのが一番です。

海水がない場合は海水と同じくらいの濃度である3%~3.5%の食塩水が最も適当だそうです。もし1Lのお水なら30g~35gの食塩が必要ですね。

塩水の温度としては20℃前後がベストです。

スポンサーリンク

あさりの砂抜き抜きに適した場所と時間

あさりは底が丸い入れ物よりも平らな物を好むので、底が平らなバットや大鍋にザルや網を敷いて、重ならないように並べるのがベストです。
ザルや網は、あさりが吐き出した砂をまた吸い込まないようにするため工夫です。

そこに、塩水をあさりがひたひたに浸かるまで入れて、暗い環境の方が砂をよく吐くので新聞紙などで蓋をします。(また、この蓋がないと、周囲が水浸しになることも。)
暗くて涼しい静かな場所に置き、大体3時間ほどで砂抜きができるようです。

あさりが砂を吐いた後は

ザルごとあさりを海水から上げて、15分程おき、塩水を吐き出させます。
その後、しっかり真水で洗い、砂出し終了です!

あさりの砂出しにお湯を使った簡単な方法 

最近使われるようになった、とても簡単な方法です。
45~50℃のお湯に20分程あさりをつけることにより、短時間で砂を吐き出させるというものです。
その後はぬるま湯でしっかりこすり洗いをし、あさりが3mm程開いていれば砂抜き完了だそうです。

クックパッドなどで、うまくいったという口コミも多いです。ただ、温度が高すぎると砂を吐く前に死んでしまうので温度には気を付けた方がいいと思います。

あさりの砂抜き後の保存方法

砂抜き後のあさりの保存は常温だと傷んでしまうので冷蔵庫または冷凍庫がベストです。

冷蔵庫の場合なら温度的に野菜室がよく、保存期間は1~2日が適当だと言われています。

冷凍庫なら、ジップロックなどに入れて保管します。風味を損なわないためにも1か月以内に食すのがベストです。
解凍せず、直接調理して下さいね。

まとめ

あさりの砂抜き方法もなかなか奥深いですね!今年は砂抜きにばっちり成功し、美味しくあさりを味わいたいものです。
あさりが沢山ある場合には保存方法にもお気を付け下さいね!

スポンサーリンク

-季節の行事お助け記事, 旅行・お出かけ・アウトドア・イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

敬老の日のプレゼント 介護施設で暮らす祖父母がほっこりするもの

介護施設や入院中の祖父母に敬老の日のプレゼントを贈りたいけど、 何が喜ばれるんだろう? いろんな制限があったり、元気な時のように趣味を楽しめる体調でなかったり 認知症だったり・・・ こういう状況を考慮 …

子供とお出かけ 名古屋周辺で屋内のおすすめスポット

天候に関係なく子連れで快適にお出かけできるスポットって重宝しますよね! 子供は公園の池で楽しんでるけど、親が太陽の下でクラクラしてる なんて場面もよくあります。 冬なら、走り回っている子供を横目に寒そ …

アサリを潮干狩りでガッポリ採るコツ!時間・準備・実践編

潮干狩りでアサリを沢山採るコツって何? スポンサーリンク 有料潮干狩り場でもほとんど採れず、ガックリなんてことにはさせません! コツさえ押さえておけば、結構あっさり採れてしまうことも多いんです。 さあ …

七夕当日のイベント名古屋 2017年

今年の(2017年)の七夕は金曜日!! スポンサーリンク ロマンティックにデートにぴったりです。 でも都会って星空も見にくいし。笹もないし。普通だな。。 なんて思っているカップル必見!! 今回は名古屋 …

京都紅葉 叡山鉄道もみじのトンネルの見頃,ライトアップ,混雑情報

真っ赤なもみじのトンネルを通り抜けていく京都の叡山鉄道。 叡山鉄道には線路両脇のもみじが折り重なり トンネルのようになっている区間があります。 夏の青もみじもとても素敵ですが、紅葉シーズンは息をのむ美 …

よく読まれている記事

最近のコメント