料理

ご飯の温め直しを鍋でする方法[キャンプや停電時に重宝します]

投稿日:2018年9月20日 更新日:

「ご飯って鍋で温め直せる?」

はい。ガスで温め直せば、ほかほかご飯が食べられますよ!

ご飯は温かい方が絶対美味しいので、キャンプや停電の時にお試し下さい。

スポンサーリンク

ご飯の温め直しを鍋でする方法

これからご紹介する方法はご飯だけじゃなく、パンやおかずの温めにも使えるのでとても便利。私もキャンプの時によく使ってます。

さっそく、やり方を見ていきましょう。 

スポンサーリンク

ご飯の温め直しに必要な物

準備するものはこの5点だけ。とてもシンプルです。

  • 鍋(なんでもOK)
  • 水(orお湯)
  • 火(ガスバーナー/カセットコンロ/焚き火/バーベキューコンロ/ガスコンロなど)
  • 湯せん対応のビニール袋
  • 冷ご飯

コンビニで手に入るCB缶が使えるカセットコンロやバーナーがあると電気がない時に便利です。

カセットコンロは鍋料理用に持っている方も多そうですね。


湯煎対応のポリ袋とは

湯煎対応のビニール袋とは、名前の通り湯煎しても安全なタイプのビニール袋です。

有名どころでは、ワタナベ工業さんの「食品用ポリ袋」などがあります。


北陸地方で愛用者が多い三角形のビニール袋、岩谷マテリアルさんの「アイラップ」も湯煎対応です。


湯せん対応かどうかは書いていないポリ袋も多いので、「湯せんOK!」と書いてあれば安心ですよね。

ご飯の温め直しを鍋でする手順

温め直し方はとても簡単です。

今回は写真を撮るために家のガスコンロを使いました。(白米ではなく、冷蔵庫に入れてあった炊き込みご飯を使用)

それでは、順に見ていきましょう。

  1. 冷ご飯を湯煎対応のポリ袋に入れる。

  2. 空気を抜いてポリ袋の口を軽く結ぶ。

  3. 鍋でお湯を沸かす。

  4. 沸騰したお湯にポリ袋ご飯を投入。プカプカうきます。

  5. 時々、袋をくるくる動かしながら約5~10分火にかけるとホカホカご飯の完成!

      袋を開ける時は火傷注意!!

使い終わったポリ袋はごみ袋としても使えるし、お湯は食器洗いなどに利用もできるので一石二鳥です。

ポリ袋の説明書きには、なべ底に触れる場合は耐熱皿を敷くとよいと書いてありますが、この程度の量ならプカプカ浮くので大丈夫でした。

ただ、もっとヘビーにポリ袋クッキングをする人は必要かもしれません。

袋が鍋に直接触れないように!とも書いてあります。

ごはんとおかずの同時温めも可能

ポリ袋を使えば、冷ご飯とおかずを同時に温めたい場合にも便利です。

例えば、残りごはんとカレーを別々のポリ袋に入れて、1つの鍋で同時に温めることもできますよ。

ポリ袋に入れたまま食べれば洗い物が減るのでキャンプでは重宝します。

参考キャンプの暖房 7選 [秋・冬キャンプに温まれる道具と注意事項]

参考キャンプの洗い物が劇的にラクになるテクニックと道具[災害時にも役立ちます]

スポンサーリンク

おわりに

ポリ袋を使って湯煎にかける方法はとにかく便利。

このやり方を知る前は、キャンプの残りご飯をチャーハンなどにしていたのですが、今はホカホカに温めて食べることができています。

パックご飯の温め直しにも使えるし、災害時にも役に立つと思うので、いざという時のために覚えておいて損はありません。

-料理
-,

執筆者:

関連記事

サンドイッチ弁当は夏でも大丈夫?腐りにくい具材と注意事項

「夏にサンドイッチ弁当って大丈夫?」 夏は高温多湿でたくさんの微生物が活動的になるシーズン。 お弁当全般に注意が必要な時期ですが、生野菜などを挟むことが多いサンドイッチは特に心配です。 お弁当の時間ま …

ジャム 保存方法

手作りジャムの保存の仕方3パターンと賞味期限の目安

「手作りジャムってどうやって保存するの?」 ジャムは少量作る時もあれば、大量に作って長期保存したい場合もありますよね。 保存の仕方はいくつかあり、やり方によって保存期間が変わるので用途に合わせて選んで …

土用干し

梅干しを干す時期と期間,土用干し中に雨に濡れた時の応急処置 

「梅干しっていつ干すの?」 昔から土用の時期に三日三晩干すと言われている梅干しですが、イマイチ意味がわかりませんよね。 晴天が続かないこともあるし、「雨に濡れたらどうしよう?」なんて心配もあります。 …

ツナ缶 コロッケ

ツナ缶コロッケの作り方と冷凍の仕方[お弁当や常備菜におすすめです]

ツナ缶コロッケはどのコロッケよりも味が引き立つ大人気のおかず。お店のコロッケのようにソースなしでガツガツ食べられます。 うちではこのツナ缶コロッケをたくさん作って冷凍保存。料理したくない日の夕食やお弁 …

バカ貝(青柳)

バカ貝の砂抜き方法とエアーポンプを使った裏技[アサリとの見分け方も紹介]

「バカ貝(青柳)の砂抜きって大変!」 潮干狩りに行くとアサリよりバカ貝の方がよくとれますが、砂抜きはアサリの比じゃなく面倒です。 ただ、高級すしネタになっているだけあって肉厚で美味しいので、砂抜きして …