365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

レジャー&イベント

冬のキャンプの服装と寝る時の格好は何を準備したらいい?

投稿日:2018年9月29日 更新日:

冬キャンプの服装って何持って行けばいいんだろう?

なんか特別な物を揃えなきゃいけないのかな~?

寝る時のパジャマは何がいいんだろう?

寒い時期のキャンプって言うだけでちょっと身構えますよね。

今回は、冬キャンプに持っていきたい服装についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
  

冬キャンプの服装

自然の素晴らしさを満喫できる冬キャンプ!寒いけど、防寒対策さえ怠らなければ快適に楽しむことができますよ。

冬キャンプの服装はアウトドアメーカーのもので固めないといけないの?と思われがちですが、そんなことはありません。

厳冬期の登山や寒さが厳しい地域での冬キャンプならそれに見合ったスペックの服が必要になるので優秀なアウトドアメーカーのギアが好んで使われるのは事実。

ただ、比較的温暖な地域のキャンプ場でする冬キャンプならそれほど高いものばかり揃えなくても、家にある温かい服装をかき集めれば何とかなります^^

ザ・重ね着(笑)寒かったらこれに尽きます。最近は昔と違って軽くても温かいヒートテックやサーマル系も充実してるので、そこまで着ぶくれもしません(笑)

ちなみに、私が冬キャンプに持っていくものはこんなものです。

スポンサーリンク

キャンプのアウター冬用

ダウンジャケット

軽くて、温かくて、コンパクト!超優秀な一品ですよね。テントの中でも外でも使い勝手良好なので絶対持っていきます。

分厚いの1枚とユニクロの軽量ダウンを1枚持っていくと座って何かをしてる時は分厚いの、活動してて暑くなったら薄いダウンって感じで分けられます。

ただ、焚き火好きは要注意!

ナイロン素材の物だと焚き火の火の粉で穴が開いたり、ひどいと引火してしまうことも。

幸い私のダウンは今まで穴が開いたことがありませんが、さすがに引火したら怖いので難燃素材のダウンジャケットなんかいいなーっと思ってる次第です。

それとダウンは水に弱いのも周知のこと。濡れると保温性が失われるので雪中キャンプや結露が多い場合には不向きかもしれません。

難燃性のアウトドアジャケット

これはうちの相方が使ってます。(ドライザ・ボーン)

ダウンみたいにふわふわではなく見た感じ普通のジャンパー。イメージ的には刑事が張り込みにいく時のジャケット(笑)ミリタリージャケットっぽいと言えばそれっぽい(笑)

ダウンと比べると結構重いけどめちゃくちゃ温かく、防水・防風加工なので安心。

ゴアテックスのような防水透湿に優れた素材なら雨やムレにも強いです。中に沢山重ね着をしてもカバーできるゆとりもあるし、ポケットも多くて機能的。

難燃素材の物も多いので焚き火に強いのも魅力です。相方はメインの焚き火当番ですが、ジャケットの表面が難燃素材でできているため穴は開いておりません^^

春秋向きの物から冬用まで色々種類があるので適したものをお選びください。

フリースジャンパー

昼間の比較的暖かい時やテント内などでも使える定番。

昼間にハイキングに出かけてダウンでは汗ばむような場面にも使えます。

脱ぎ着しやすいように被り物より前開きの物が◎。アウターの中に着ればぬくぬくです。

アウターの下に着るトップス

普通に冬に着ている上着を持っていきます。裏起毛のトレーナーとかフリースの類です。

まあまあ温かい昼間の活動時用にロングTシャツも持っていくと調整がしやすいです。

キャンプのインナー 冬用

ヒートテックの上下やサーマルの上下でばっちりです。

すごーく寒かったら、インナーを重ねると温かさがアップしますよ。

私もよく、ヒートテックの長袖と半袖を重ねたりします。極暖も使いますね。

相方はサーマル派。

詳しい違いは判りませんんが、どちらもいい働きをしてくれます(笑)

キャンプのボトムス

やっぱり温かくて使いやすいのは裏起毛のパンツ。タイツの上にこれをはけばかなり温かい!

うちの母愛用のユニクロの暖パンシリーズも使えます。

中がフリース地になっていて風も通さないので冬には手放せないって気持ちがわかります。

ちなみにジーパンはいくら下にタイツを履こうが、寒いです・・・。

めちゃくちゃ寒い所へ行く時はダウンのパンツがあると温かさは桁違いだそうですよ。

ただ、焚き火の時には表が難燃素材の物がベストです。難燃性のミリタリーカーゴなどが重宝します。

キャンプの靴下 冬用

厚めの靴下と、もこもこ靴下を持っていきます。

重ね履きしてもいいように、少し厚さが違うものを何足か持っていくといいですよ。

寝る時やテント内でも使えてめちゃくちゃ温かいダウンソックスも人気がありますよ。

キャンプの靴

足元は防水のアウトドアブーツが重宝してます。

中はムートンになっていて履いていても温かいし、トレッキングなどをしてもバリバリOKのものです。

ちなみに相方は普通のスニーカー(笑)

うちは雪のない所に行きますが、雪があったら絶対防水加工のアウトドアブーツの方がいいと思います。

キャンプの防寒グッズ

マフラー、ニット帽(フードがあればどちらでも)、防風の手袋はあった方が快適です。

貼れるカイロは腰や肩付近に貼っておくぽかぽか温まるので必需品。

あとは、ひざ掛けなどがあるとテント内で過ごす時やご飯を食べる時などに使えます。

キャンプで寝る時の服装

テントの中だし、冬用の寝袋はあるし寝る時も普通のパジャマでいいのかな?

いやいや・・・それだと寒い(笑)

もちろん、寝袋やマット類のスペックにもよりますけどね。

電源サイトで電気ヒーターや電気毛布などを使ってぬくぬくならまた別の話。

ただ、暖房なしの場合は、普段家着ているようなパジャマでは寒過ぎます!

私の経験上、(0度位まで気温が下がる場合で快適温度0度の寝袋使用)

・サーマル下着上下

・フリースのパジャマ上下

・足元は厚めの靴下ともこもこ靴下の重ね履き

・首にはブランケットやマフラー(首元は大事!)

こんな恰好にプラスしてカイロや湯たんぽも使います。

さらに寒かったらアウター類は寝袋内に入れたりブランケットとしても使います。

寝袋の快適温度がもう5度以上低かったらこれだと暑そうですけどね。

足もかなり冷えるので、ダウンソックスがあればもっと快適かなとも思います。

暑い分には調節できますが、寒いとホントに辛いので過剰なくらいの準備でちょうどいいです。

重ね着は少し、寝苦しくなりますが寒いよりはよっぽどマシ。

ダウンの上下で寝る方法もありますけどね。

ちなみに電源サイトでヒーターを使った時は、フリースパジャマと寝袋で快適に眠れました^^

スポンサーリンク
 

おわりに

冬キャンプの服装はそんなに考えすぎなくてもいいですが、

寒かったらしっかり着込めるように万全の準備は必要!

ちょっとオーバー気味に持っていくのがベストです。

想定外じゃ済まなくなることもあるので。

逆に暑くなったら脱ぎやすいように調節しやすい重ね着をすることもポイント。

寝る時も環境に適した寝具や服を充実させておくこと。

キャンプ場に気温の事を聞いておくといいヒントになりますよね。

カイロや湯たんぽ、ブランケットなどの防寒グッズもお忘れなく!

-レジャー&イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外旅行の持ち物 必需品&あると便利な物リストと注意事項のまとめ

海外旅行の準備はワクワクしますね。でも、時間がなくて慌ててパッキングすることも多いはず。今回はそんな時でも一目見ればわかるように持ち物リストを作ってみました。必須アイテム&あると便利なアイテムに分けて …

郡上踊りアクセスと徹夜踊り4日間におすすめの駐車場

2か月続く郡上踊り中でも徹夜踊りの4日間(8/13~8/16)の賑わいはすごいものがあります。 この時期は毎日数万人以上の人々が輪になり夜通し踊り明かすんです。 生演奏のお囃子に、歌と踊り。人々の一体 …

保津川下り 紅葉

保津川下り 紅葉シーズンの混雑と待ち時間を係の方に聞いてみた

京都でも指折りの紅葉の名所と言えば保津峡。この中を舟に乗って川下りしながら進む保津川下りは大人気のアクティビティーです。 言うまでもなく紅葉時期の川下りは大賑わいなので、計画してから出掛けるのがベスト …

BBQのとうもろこしの下準備は最速簡単のこれで決まり!

とうもろこしはバーベキュー(BBQ)に欠かせない夏野菜! でも、おいしく焼けない時もある・・・。 生のまま焼くと外側焦げ焦げなのに、中が生っぽい時もありますよね? そんな時は超簡単マッハでできる下準備 …

スキレットの使い始めのシーズニングと洗い方&使用後の手入れ

キャンプで大人気のスキレット。鋳鉄(ちゅうてつ)製のずっしり重いフライパンですが保温性があっていろんな料理に使える優れものです。育てる楽しみもあって味わい深い見た目も魅力ですよね。 ただ、お手入れは普 …