365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

料理

アクアパッツァの残り汁をリゾット風雑炊にしたら超絶ウマかった件

投稿日:2019年5月2日 更新日:

アクアパッツァ 残り汁

「アクアパッツァの残り汁ってどうしてる?」

アクアパッツァのスープは魚介と野菜の旨みがいっぱい。スープが少し余ったらパスタ、たくさん余ったらリゾットにすると最後の1滴まで楽しめます。

「でもリゾットってちょっと面倒…」

そう思った時は気軽に作れるリゾット風雑炊にすれば簡単。

今回は、うちでも大人気のリゾット風雑炊の作り方をご紹介します。

参考キャンプでバーベキュー以外のおすすめ料理12選(グルキャンの夕食編)

スポンサーリンク

アクアパッツァの残り汁で作るリゾット風雑炊

アクアパッツァ 残り汁

アクアパッツァの残りで作るリゾットは、美味しいスープを吸収したお米の旨味がたまりません。

本来リゾットはお米と玉ねぎを炒めてからスープで煮るお料理ですが、炒める工程を外して雑炊風にしても美味しいです。

それでは作り方をご紹介します。

材料

材料はこちら。アクアパッツァのスープだけでなく具材も使えます。

  • アクアパッツァの残り(魚が残ってたら食べやすいようにほぐす)
  • *ご飯:茶碗1杯ほど or 生米
  • ニンニク1かけ(みじん切り)
  • 塩:少々
  • ブラックペッパー:少々
  • パルメザンチーズ(オプション):好きなだけ
  • ハーブ(パセリ、タイム、オレガノなど):好きなだけ

*ご飯の量は雑炊を作る感覚で調整して下さい。

ご飯の変わりに生米を使ってもOK。その場合は、残り汁400ml程度に米1合の割合です。

スポンサーリンク

作り方

アクアパッツァ 残り汁

作り方はこちらです。

生米で作る場合、時間があるならオリーブオイル、みじん切りの玉ねぎ、ニンニク、お米を5分ほど炒めてからスープで炊くとお米が本格的なリゾットの食感になります。

  1. アクアパッツァの魚が残っていたら骨をとってほぐす。(貝はそのままでOK。)
  2. アクアパッツァの残りにご飯or生米、にんにくを入れ、フタをして弱火にかける。
  3. 時々かき混ぜながらコトコト汁気がなくなるまで煮込み、塩コショウで味を整える。
  4. 火を止めて、パルメザンチーズとブラックペッパー、ハーブをかけて完成。

ご飯から作るなら10分弱、生米から炊くなら15〜20分程度で完成します。

生米で作る場合、途中で水分が足りなくなったらコンソメスープや白ワインを加えればOKです。

スポンサーリンク

おわりに

アクアパッツァのリゾット風雑炊は、お鍋の雑炊と同じ感覚。

アルデンテの本格的なリゾットとは少し食感が違いますが、鍋の後のシメ感覚で手軽に作れて美味しいのでおすすめです。

アクアパッツァ自体も美味しいですが、最後のシメはそれ以上に楽しみ。お米でシメるまでがアクアパッツァのような感じです(笑)

時間があればお米を炒めてから炊いて本格的なリゾットにするのもありですよ。

-料理
-, ,

執筆者:

関連記事

梅酒の梅

梅酒の梅の種類と選び方,販売時期とどこで売ってるのかを解説

「梅酒ってどんな品種の梅で漬けるとおいしんだろ?選び方も知りたいな。」 梅には色んな種類があるので、どんな梅を使うといいのか迷いますよね。 今回は梅酒に合う梅の種類や選び方のコツをご紹介。販売時期やど …

餃子のくっつかない冷凍の仕方と保存期間,上手な焼き方を紹介

「餃子って冷凍しても大丈夫?」 もちろん!余った手作り餃子や市販のチルド餃子は冷凍するのが1番!味も食感も特に変わらず美味しく食べられます。 「でもさ、冷凍するとくっついちゃうよね。」 確かに、手作り …

キャンプ初心者の調理器具 [最低限必要な物と料理の幅を広げる道具]

「キャンプ初心者なんだけど、調理器具は何が必要?」 野外料理はキャンプの楽しみの1つ。若干の不便さを感じつつも大自然の中で作る料理は最高です。 今回は、キャンプに最低限必要な調理器具と、あれば料理の幅 …

クリスマス カップケーキ

クリスマスカップケーキのデコレーション!簡単アイデア7選

「クリスマスっぽいカップケーキが作りたいなー。」 大きなケーキを作るのはちょっと大変だけど、カップケーキなら焼くのもデコレーションも簡単。 かわいいクリスマスバージョンも気軽に作ることができますよ。 …

たけのこご飯 作り方

たけのこご飯の作り方は簡単!合うおかず8選と保存の仕方も紹介

「たけのこご飯食べたいなぁ。」 春はたけのこの旬。たけのこメニューやお惣菜をあちらこちらで見かけますよね。 中でも、たけのこご飯は人気の一品。家でも簡単に炊くことができます。 今回は、たけのこご飯の作 …