365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

暮らし

オンラインヨガを半年間やってみた感想[ジム派ですが楽しめました]

投稿日:

オンラインヨガ,ヨガ オンライン,オンラインヨガ 感想

「オンラインヨガってどう?」

オンラインヨガは便利だけど、ちょっと抵抗を感じる人もいますよね。

私も通っていたジムがロックダウン中にオンライン化した時は、

「面倒くさそうだな。」

「画面に映るのかぁ…。」

「オンラインでちゃんとできるのかな?」

なんて思ってました。

今回は、半年間オンラインヨガをやってみた率直な感想をまとめてみたので、興味がある方は参考になさって下さい。

参考ヨガの効果を実感中!10年続けて感じる体と心へのメリット8つ

参考ヨガは種類が多すぎ!始める前に知っておきたい主流の14種類とその特徴

スポンサーリンク

オンラインヨガを半年やった感想

オンラインヨガ 感想

正直、ジム派かオンライン派かと聞かれればジム派の私ですが、オンラインもなかなかいいオプションでした。

半年間オンラインでやってみて率直に感じたことはこちらです。

  • ジムに通わなくていいのがラク!
  • 時間が有効に使える。
  • ダレやすい。
  • 集中するには環境整備が大事

オンラインの最大の利点はジムに通わなくていいことで生まれる時間の余裕。どこに住んでいても習えるし、スタジオで習うより安いことが多いのもメリットの1つです。

ただ、正直サボり癖もつくので自分に合ったオンラインヨガの型を選んで、環境を整える必要があります。

スポンサーリンク

オンラインヨガは型によって結構ちがう

オンラインヨガ,ヨガ オンライン,オンラインヨガ 感想

オンラインヨガにはライブ型とビデオ型(アーカイブ型)があり、両者はかなり違います。

  • ライブ型

    スタジオ独自のシステムやZOOMなどを使ったビデオ通話のようなレッスン。

  • ビデオ型:

    録画された動画を見ながらのレッスン。

私の通っていたジムには両タイプがあり両方とも利用できましたが、どちらかしか用意されてないスクールもあります。

それぞれ長所と短所があるので、自分に合うタイプを選ぶのがオンラインで楽しむコツです。

ライブ型のメリット・デメリット

ライブ型は生中継のレッスンに自宅から参加する感じ。スケジュールが決まっていて、インストラクターとのやり取りもできます。

メリット

  • インストラクターから直接指導が受けられる。
  • スタジオでレッスンを受けている感覚になる。
  • 予約制なので気が緩みにくい。

ライブ型の最大のメリットはインストラクターにポーズをチェックしてもらえること。

予約が必要だし、スタジオでヨガを習っているのと同じ感覚なので飽きにくいです。

デメリット

  • 自分の姿や部屋が映るのが少し恥ずかしい。
  • クラスの時間が決まっている。
  • 初回はレッスンの受け方に少し戸惑う。

最初は自分の姿を参加者に見られるのが恥ずかしい気もしましたが、みんな自分のことに集中しているので意外とすぐ慣れました。

どうしても抵抗があるならカメラをオフにすることも可能。ただ、インストラクターから直接指導が受けられないのが難点です。(グループレッスンなら直接指導されることは少ないけど)

ライブ型のグループレッスンでも、インストラクターだけに自分の姿が見える設定になったスクールもあるし、マンツーマンを選ぶのもありでしょう。

時間の縛りがあるのはジムに通うのと同じ。オンラインレッスンに慣れていないと初回は少し戸惑いますが、丁寧な説明もあるし操作自体も簡単です。

向いてる人

  • ポーズをチェックして欲しい人
  • 臨場感を味わいたい人
  • ビデオ視聴だと飽きる人

ビデオ型のメリット・デメリット

ビデオ型(アーカイブ型)はインストラクターとのやり取りはなく、録画された動画を選んで自由に受けるレッスンです。

メリット

  • 24時間いつでも視聴できる。
  • 予約しなくていい。
  • カメラのことを気にしなくていい。

ビデオ型の1番のメリットは時間の縛りがないこと。24時間いつでも視聴でき予約の必要もありません。

ライブ型のようにカメラのことを気にしなくていいので、リラックスしてレッスンが受けられるのも魅力です。

デメリット

  • 直接指導が受けられない。
  • ダレる。
  • 動画の種類が少ないと飽きる。

ビデオ型の弱みはインストラクターから直接アドバイスがもらえないこと。

ポーズの説明は動画の中でされていますが、ビギナーだと実際に正しいポーズができているのかわかりにくいかもしれません。

時間が自由でインストラクターとの関わりがないので、サボりやすいのも特徴です。

向いている人

  • 忙しくてライブ型ではスケジュールが合いにくい人
  • マイペースに自分1人でやりたい人
  • ヨガが大好きで1人で楽しく続けられる人

オンラインヨガを楽しむための環境作り

オンラインヨガ,ヨガ オンライン,オンラインヨガ 感想

ジムだと必要なものが全て揃っているので快適にヨガに集中できますが、おうちヨガは気が散る要素満載(笑)

レッスン前の準備は欠かせません。

スマホやパソコンのセッティング

レッスンに使うスマホやパソコンは見やすい位置に設置しておきましょう。ライブ型のレッスンなら、全身が映るようにテストしておくことも大事です。

大画面がお好みならテレビに映すことも可能。テレビとのつなぎ方はスマホの画面をテレビに映したい!有線接続と無線接続の違いを解説の記事がわかりやすいです。

私はスマホとスマホスタンドを使っていましたが、スタンドは高さが調節できて便利でした。(↓の2019年版を使ってました)

参考スマホ三脚&自撮り棒[Amazonの人気商品を6ヶ月間使ったレビュー]


マットとプロップスの準備

滑らないヨガマットは必須。

ジムに置いてあるようなプロップス(ヨガブロックやボルスターなど)は折りたたんだタオルやブランケットなどで代用できます。

クラスの説明にどんなプロップスがあると便利か書いてあるのでチェックしておくといいでしょう。

集中できる環境づくり

ヨガ中、周りに家族がいると気が散りやすくなります。

子供やペットが入ってくるのはかわいいですが、ヨガの時間は自分のことに集中するのが1番。

家族にヨガをしていることを伝えて部屋のドアを閉め、自分だけの空間を作ると快適です。

小さい子がいて自分だけの時間が作れないなら親子ヨガをやってみるのもいいかもしれません。

ライブ型なら片付け&身だしなみチェックを

ライブ型の時は部屋が散らかり放題だったり、自分がボサボサだとカメラをオンにするのが嫌になります。

バッチリキメる必要は全くありませんが、ある程度恥ずかしくない程度にしておいた方が集中できます。

スポンサーリンク

おわりに

最初は「オンラインか…」と思っていましたが、実際に半年間やってみたら思ったよりも快適なことに気付きました。

うちはジムから徒歩5分弱なので設備の揃ったジムに行く方が好きですが、ジムから遠いならオンラインの方が圧倒的にラク。

時間が効率的に使えるし自由度も広がります。

直接指導してもらいながら臨場感のある雰囲気で楽しみたいならライブ型、モチベーションが高く、自分のペースで楽しみたいならビデオ型を選ぶのがおすすめです。

-暮らし
-

執筆者:

関連記事

窓サッシの掃除に便利な道具と効率よく汚れを取る方法を解説

「サッシって掃除してもきれいにならないんだけど…。なんかいい方法ない?」 砂埃が固まった窓のさんは掃除機だけではきれいになりませんよね。 水拭きしても汚れが湿って余計に汚くなるので、「まぁ …

便座カバー貼るクッションタイプ おしゃれなおすすめは?

「便座なのにクッションに座ってるみたいだからめちゃくちゃおすすめ~!!」 と友人から2セットもらった貼るタイプの便座カバー。 へぇ~、こんな便利なものがあるんだー。と使い始めて早1年半。 今ではなくて …

twitter 名前変更

ツイッターの名前変更は簡単!ユーザー名と表示名の変え方を写真で解説

「ツイッターの名前を変えたいんだけどどうするの?@の後もなんとかしたいんだよね。」 最初につけたTwitterの名前を変更したくなることってありますよね。 特に@の後の適当に割り振られた文字列が気に入 …

足の汗は臭いの大元 対策の基本は乾燥・抗菌・フットケア

足はなんで臭くなるのか? 足の臭いの原因の記事でも詳しく見たようにほとんどの場合は汗と細菌が原因なんです。 スポンサーリンク 1日中靴を履いていて脱いだ時のあのニオイ。 どうしたらなくなるものか? 汗 …

流しそうめんパーティーのおかずと素麺以外の具材で盛り上がるもの

夏のホームパーティーで欠かせない流しそうめん。 普段は飽き飽きしている素麺でも流れてくるだけでテンションが上がりますね。 おいしさとエンターテイメント性を兼ね備えているので、 食が一種のアクティビティ …