365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

鏡餅のおいしい食べ方 乾燥してカチカチに固い場合のアレンジも紹介

投稿日:2017年12月28日 更新日:

この固い鏡餅はどうやったら美味しく食べられるんだろう?

鏡開きした後、鏡餅の使い道に困る事がありますよね。

でも鏡餅は柔らかくすることができるし、色んなお料理に使う事もできます。

今回は鏡餅のおすすめの食べ方と乾燥してカチカチになった場合のアレンジ方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

鏡餅の食べ方 レンジ

お餅を簡単に柔らかくしたいならレンジでチンが一番簡単。

加熱する時間はサイズによりますが、30秒位ずつ様子を見ながらチンするのがおすすめです。

レンジの仕方は色々ありますが、私はこんな感じで加熱してます。

真空パックから出し立ての鏡餅

お皿に乗せてレンジでそのままチン。or軽く水を吹きかけてチン。

乾燥しかけたお餅

水を吹きかけて軽くラップをしてチン。

固くなった鏡餅

一晩水につけておいて、軽くラップで包んでチン。

ひび割れてカチカチの鏡餅

一晩水に浸してから、お餅の半分程度まで水が被るようにしてチン。

レンジにかけすぎると、スライムのようにべちゃ~っとなってお皿やラップにくっつくのでその手前で止めるのが◎

真空から出したばかりのお餅なら焼き海苔の上に乗せてチンすれば、くっついてもそのまま食べられるのでおすすめ。醤油との相性バッチリです。

スポンサーリンク

鏡餅の食べ方 焼く

真空の鏡餅ならオーブントースターやフライパンでそのまま焼いても美味しいですが、固くなった鏡餅ならレンジと組み合わせるのがベター。

カチカチの鏡餅だと上の方法でレンジにかけても外側が固い事も多いので、オーブントースターでカリッと焼くと香ばしくなります。

外はカリッ中はふわっなので食感がいいし、醤油や、砂糖醤油、おろし醤油で食べると最高です!

焼いたお餅はぜんざいや雑煮に入れても型崩れせずいい感じです♪

鏡餅を煮る

お餅はお雑煮やぜんざいなどに入れて煮れば柔らかくなります。

煮こむと柔らかくなって味がしみるので鍋の具としても重宝します。

特にお餅をチンしてから、人参やしいたけと一緒に油揚げに詰め込んで爪楊枝で封をした物をおでんに入れると超絶美味。

お餅をそのままキムチ鍋に入れるのも味がしっかりつくのでおすすめです。

かなり固いお餅なら半日ほど水に浸して柔らかくしてから煮るか、レンジで柔らかくしてから入れた方が安心。

ただ、柔らかくしてから煮込んでも外側の固さが残ったらそれはそこまで。

それほど固い鏡餅がたくさん残っていたらおかきなどにする方がいいでしょう。

鏡餅が乾燥してカチカチの時の食べ方

ひどく乾燥してカチカチの鏡餅は調理しても芯が残ったような状態になる事があります。

煮ても焼いてもどうにもならない状態の時はどうしましょう?

経験上、こんな時はあられやおかきを作るのが一番です。

あのカチカチ感はどこへ?という位美味しくなりますよ。

揚げる方法とオーブンで作る方法があるのでご紹介しますね。

注意乾燥してカピカピになってないお餅(真空の物など)には不向きです。←乾燥させてからならOK。

鏡餅で揚げ餅

カチカチの鏡餅がふっくらあられに大変身。

伯母の家では鏡餅だけでは足らず、わざわざ餅をついて作っていました。

作り方はこちらです。

ひび割れ部分から鏡餅を割ってあられサイズにする。

コツ一回ではそこまで細かくならないので、割る⇒乾燥⇒割るを繰り返すor包丁で切る。

餅がしっかり乾燥するまで(ひびが入るまで)風通しのいい場所で天日干しさせる。

コツ天日干しにはザルや干し物ラックを使うと◎ 天日干しの目安は3~5日前後。

天ぷらを揚げる位の温度できつね色になるまで揚げる。

揚げたてに塩を振って完成!

鏡餅でおかき 揚げないバージョン

ヘルシーにしたいなら揚げないバージョンもあります。

作り方はこちら。

上の工程は同じ。

ここからは3通りあるのでお好みで♪

オーブンシートに並べて180~200度のオーブンでいい色になるまで焼いて、塩や醤油を絡める。(約20分前後)

アルミに並べてオーブントースターでいい色になるまで焼いて塩や醤油を絡める。

少量の油を敷いたフライパンでいい色になるまで炒り、塩や醤油で味付けする。

揚げたものはサクッとふんわり、焼いたものは歯ごたえがよく噛むほどに味が出る感じ。

私はどちらかというと揚げない派です。

スポンサーリンク
 

おわりに

鏡餅は年神様が宿ったお餅。アレンジの仕方も色々なので一年の健康と幸福を祈って美味しく召し上がってください。

余った場合でも冷凍庫で長期保存できるのでとても便利です。それでは!

-季節の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハロウィン かぼちゃ

ハロウィン かぼちゃを種類別に紹介!売ってる場所と味&日持ちも解説

「ハロウィンのかぼちゃって何者?」 ハロウィン用のかぼちゃって普通のかぼちゃと色や形が違って不思議ですよね。 しかも、年に1度しかお目にかからない貴重な一品です。 今回は、ハロウィン用かぼちゃの品種別 …

イースターエッグのゆで卵を食べる時の保存方法と消費レシピ

ゆで卵で作ったイースターエッグって食べますか?チョコなら食べるけど、デコレーションしたゆで卵ってどうなの?と思う人はいるかもしれませんね。 食べるなら保存期間も気になるからなるべく早く消費したい・・・ …

ジンジャーブレッドマンアイシングクッキーの作り方とデコレーション

ジンジャーブレッドマンクッキーと言えばクリスマスの代表的なお菓子。ここオーストラリアでは一年中見かけますが、クリスマスシーズンは特に売れています。ジンジャーブレッドにはふっくら丸型のものもありますが、 …

十三夜 お供え

十三夜はいつ?お月見をする意味とお供えする食べ物を紹介します

「十三夜っていつ?お月見の日なんだよね…?」 十三夜は昔からお月見を楽しむ習慣がある日。ただ、毎年日にちが変わるのでわかりにくいですよね。 今回は、これから数年間の十三夜の日付とこの日にお …

七草粥の作り方と七草の分量,味が薄い時に試したい味付け方法

「正月明けはお腹が重い〜」 こんな時には胃腸を休めてあげるのが一番。 ちょうど1月7日には無病息災を願って七草粥を食べる習慣があるので、お粥で胃腸をリフレッシュさせてあげましょう。 今回は、自分で簡単 …