365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事

鏡餅のカビは食べちゃダメ!対策と生えた時の処分の仕方をご紹介

投稿日:2019年12月20日 更新日:

鏡餅 カビ

鏡餅にカビが生えたら削って食べてもダメ?!

おばあちゃんはそう言ってたけどホントは食べちゃいけない物だったの?

今回はカビの生えた鏡餅を食べてはいけない理由とカビないようにする方法、カビが生えた鏡餅はどうすればいいのかについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

鏡餅のカビは取っても食べられない!

「カビなんて削れば食べれるから。」

「神様の物だから大丈夫。」

「もったいないで捨てたらいかん。」

こんな言葉を聞いて育ったので、お餅のカビは食べてもいいもんだと思っていた私。

神様が宿っている。という言葉にもインパクトがあるし、捨てたら罰が当たると言われると捨てるのを躊躇うのも人間です。

実際、今まで幾度となく表面に付いたカビを切り取って食べてきましたが、具合が悪くなったことは一度もありません。

お正月にお餅がのどに詰まったというニュースはあっても、お餅で食中毒になったという話は聞きませんよね。

ただですね・・・

最近ではいくら鏡餅でもカビが生えたら食べてはいけないというのが通説です。

えっ!?散々食べてきてなんともなかったのに?と思いますよね。

なんで食べてはいけないかと言えばこんな理由からです。

×カビには色んな種類があり有害か無害かは一般の人には見分けがつかないから。

×カビが作り出すカビ毒の中には人や動物に有害な物や強い発癌性を示すものもあるから。

×カビ毒は加熱しても除去できないから。

×カビを削っても見えない部分にまで菌糸が入り込んでいるから。

×カビの胞子がアレルギーを引き起こすことがあるから。

これをみてゾゾッとしたのは私だけではないはず・・・。

こんな理由からカビの生えたお餅を食べるのは避けた方が無難。小さい子や体調が悪い人、アレルギーがある人は特にご注意を。

もし大きい鏡餅にほんの少しのカビが付いただけだから、どうしても食べる!という時は、カビを削るのではなく、カビの周りを3~4cm切り取ってからにして下さい。

ただ、これだけ大胆にカットしてもカビやカビ毒が取りきれたとは言えないそうです。

どちらにしてもカビる前に食べるのが一番ですね。

スポンサーリンク

鏡餅がカビないようにする方法

経験上、何をしてもカビる時はカビますが・・・

こんな方法をとるとカビにくくなります。

鏡餅を作る時に使い捨ての手袋をして直接手で触れないようにする。

鏡餅の三方と1段目の間、1地段目と2段目の間にお米や見えないように切った割り箸を置いて通気性をよくする。

鏡餅 カビ

鏡餅をなるべく湿度と温度が低い場所に置く。

うちでは暖かい場所に置いてある鏡餅は三が日が過ぎたら暖房のない涼しい部屋に移動させるか冷凍します。

市販の真空パック入りの鏡餅を使う。

ただですね・・・

気をつけてもカビる時はカビるので(経験済み)、絶対カビを生やさない方法というのはありません。

真空パックの物ならよほどのことがなきゃ大丈夫ですけどね。

鏡餅にカビが生えた時の処分法

鏡餅にカビが生えたら食べてはいけない。

じゃーどうするか?

カビが生えたとはいえ、年神様が宿ったお餅をむやみに捨てるのはかなり気が引けますよね。

そんな時は近くの神社のお炊き上げ(どんど焼き・左義長)に持って行って炊き上げてもらいましょう。

お正月のお炊き上げは1月14・15日頃にされる事が多いですが、神聖な火と共に年神様も天へ帰って行かれるそうですよ。

もし、お炊き上げをする神社が近くになければ鏡餅を塩やお酒で清めて紙に包んでから他のごみとは別に処分して下さい。

合掌して感謝の心をお伝えするのもお忘れなく。

スポンサーリンク

おわりに

昔からの習慣がここにきて覆されるとは!?

衝撃が大きいですが、危険だという研究発表があるなら食べないに越したことはない・・・。

でも、ほんの少しなら食べちゃおうかな・・・心の中でこんな葛藤を繰り広げています(笑)

まずはカビを生やさないように努力してみようと思います。

-季節の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

正月飾りには何を飾るかとその意味 いつからいつまでかも解説

お正月飾りはどんなものを飾るの?いつからいつまで飾ればいいんだろう? 一年の厄落としと新しい年神様を迎える準備をする年の暮れ。縁起を担いでしっかりお正月準備をしたいという人も多いですよね。 今回は正月 …

お正月の手土産に食べ物以外を選ぶとしたら?両親に喜ばれるお年賀はこれ!

お正月に実家や義実家に帰る人は多いですよね。いつもお世話になってるし、手ぶらで行くのもなんだからお年賀を持っていくことも多いでしょう。でも、何を持っていったら喜ばれるのか悩みますよね。食べ物系は余るほ …

中学生の自由研究[料理を選ぶ場合のアイデアとまとめ方]

自由研究は家庭科にしてみようかな? そう思った小学校高学年から中学生の皆さん、お料理好きならおうちで調理実習してまとめてみませんか? 写真を使いながら面白いまとめができるし、何よりも楽しいです♪せっか …

クリスマスの製作で2歳~3歳でも簡単にできる飾りは何?

保育園のクリスマス製作って大変ですよね。特に幼児だとできることも結構限られてます。う~ん、どうしたものかと考えている内に日にちが過ぎていきますよね。サクッと決めて準備万端にしておくとゆとりを持って事を …

クリスマスプレゼント 彼女と付き合いたての頃の予算と選び方(社会人編)

クリスマスシーズン前に彼女と巡り合えた男性のみなさん! ワクワクドキドキですね♪プレゼント選びははかどっていますか? 付き合いだして間もない頃は相手の趣味もわかりにくいし、 お互い遠慮しているので「プ …