365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

旅行&イベント

キャンプの蚊対策に必要なアイテムと時期や場所の選び方

投稿日:2018年7月13日 更新日:

自然の中でのびのびリラックスできるはずのキャンプ。私もキャンプは大好きですが、ひとつだけどうしても嫌なことが。

それは、蚊!!!

若干のアレルギーもあるし嫌で仕方がない!!!

そんな私がキャンプに行く時の蚊対策集。絶対持っていく蚊よけアイテムから蚊を寄せ付けない工夫、時期や場所選びについてまとめてみました。

スポンサーリンク

キャンプの蚊対策

まず最初に、蚊に刺されないようにするために用意するといいものをご紹介していきますね。

キャンプの蚊よけテント

屋外に蚊がいるのも嫌ですが、テントの中に蚊が入ってきたらおちおち寝てられませんよね。

ということで、フライスクリーン付(網戸)のテントは欠かせません!ツールームなら真ん中の仕切りにもフライスクリーンがついているとさらに安心で、手前の部屋(荷物置き)に虫が侵入したとしても、寝室まで入り込むのを防げます。これぞWブロック!

出入り口に蚊取り線香を置き、出入りを極力減らすのもコツです。

キャンプに蚊取り線香

これはもう定番中の定番ですね。料理中の足元へ。蚊帳タープがない時は食べてるところの足元へ。テントの入り口にも置いておきます。ご飯を食べる時などは一人に1個ずつあると安心です。

蚊取り線香もメーカーによって効果が違いますが、個人的に気に行ってるのはパワー森林香と金鳥の蚊取り線香です。

スポンサーリンク

虫除けスプレー

テントの中に蚊がいなくても外で遊ぶ時には蚊がいます。そんな時なくてはならないのが虫よけスプレー。

経験上、適応害虫が多く効果が高いのがディート入りの物ですが、乳幼児~12才未満の子供には使用制限もあるし皮膚に合わない人がいるのも事実。

シトロネラなどのオイルが入ったアロマ系のスプレーや、ディートよりも皮膚にマイルドで副作用がないと言われるイカリジン配合の物もあります。

関連記事:虫よけスプレーディート入りの副作用と濃度の選び方

関連記事:虫除けスプレー成分イカリジンは副作用なし?濃度と持続時間の関係は?

蚊がほとんどいない所で予防的に何回か使いたいならアロマ系。香りもいいし、使わないよりは蚊が寄り付きにくくなります。(ただ、蚊が群がるような場所では効果がかなり薄い)

状況によって使い分ければいいですね。スプレーした後はムラなく伸ばすと効果的なのでジェルやロールオンタイプもおすすめです。

蚊にワンプッシュ

テント内で蚊取り線香を焚きたいけどちょっと怖い。でも寝ている間に一匹でも蚊が来るなんて絶対いや!そんな時には金鳥から出ている「ワンプッシュ」というものがあります。

なんとワンプッシュするだけで蚊がいなくなる!というのがうたい文句。

粒子が壁麺(蚊はよく壁で休んでますよね)に付着し蚊を撃退するとか。ワンプッシュで24時間の効果があるそうですよ。

安全性が高く殺虫効果に優れたピレスロイド系の殺虫剤が使用されているとのこと。口コミも上々です。

キャンプに蚊帳タープ

キャンプでの食事ってテントの外で食べますが、ここで刺されることも多くないですか?

食べるのとおしゃべりに夢中になってる時にチクッ。気が付いたら沢山刺されてたーということも多いです。そんな時は蚊帳タープがあると便利。安心して団らんができます。

キャンプの虫対策にランプ

蚊以外の小さな虫や蛾なども気になるならランプはとても効果的です。ランプを吊るしておくだけで数えきれないほどの虫が集まってくるので夜に食事をする時には便利。

バチバチ音がするし、あまり気分のいい物ではないですが殺虫灯を使う手もあります。

キャンプは蚊の時期を避ける

色んな対策を紹介してきましたが、一番いい方法は蚊の時期を避ける事です。

キャンプと言えば夏のイメージですが、夏は蚊が一番パワフルな時期。どう考えても大量の蚊に遭遇するし、奴らの勢いがありすぎる!!ブヨだのヌカカだのアブだの他の吸血族も多すぎです(苦笑)

蚊が活発に吸血するのは20度から30度前後。夏だけではなく春や秋も侮れませんが朝晩が15度程度まで下がるようになれば蚊の力も衰えます。

とは言え、そんな時期にはキャンプに行けない!という場合も多いのでそんな時は場所選びでなんとかする手もあります。

キャンプの蚊対策は場所選びも重要

季節選びと言われても、もうすでに行く時期が決まっていたらどうするか。そんな時なるべく蚊が少なそうな場所を選びましょう。

蚊が多い場所

まずは避けた方がいい場所から。

蚊はどこにでもいますが、低地の水辺や湿地のような場所、標高の低い山などには特に大量にいます。

このような場所では蒸し暑いは虫はいるはで快適な夏キャンプを楽しむことは難しいので、避けた方が無難です。

蚊の少ない場所

キャンプに行く時よく選ぶのが高原のキャンプ場です。

害虫が0になるとは言いませんよ。

でも、ビーチや木の生い茂った低地のキャンプ場より圧倒的に少ない!オープンで風通しも良くて温度も下がるので快適です。

標高が100m上がると0.6℃下がるとも言われていて、標高1000m以上の場所は避暑地に選ばれることも多々。

虫は少ない、涼しい、見晴らしがいいの三拍子揃っているので夏場のキャンプやバーベキューにはおすすめです。

場所を決める時にキャンプ場の口コミを見ると虫が多いか否か、夏でも快適かどうかのヒントになります。

「なっぷ」いうキャンプ場の口コミが集まったサイトもあるので参考にしてみるといいかも。直接キャンプ場に聞いてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

おわりに

蚊やブヨ、ヌカカなど痒みと病気をもたらす外敵から身を護るのはキャンプ生活の重要項目!キャンプで痒みに悩まされるほど嫌なことはないですからね。蚊よけ対策だけでなく、刺された後の虫刺され薬もお忘れなく!それでは快適で楽しいキャンプを!

-旅行&イベント
-, ,

執筆者:

関連記事

キャンプの暖房 電気・ガス・薪・石油の特徴と選び方

スポンサーリンク 寒い時期にキャンプするなら暖房はどうしよう? 自分のキャンプのスタイルにはどんな暖房器具が合うんだろう? 家では何気なく使っている暖房ですが、アウトドアだとちょっと戸惑いますよね。 …

大江戸温泉 あわら 周辺観光 東尋坊

東尋坊はおもしろい!2日間観光して見つけたおすすめ周辺スポットも紹介

「せっかくだから東尋坊でも行こうか」 福井のあわら温泉に宿泊した時、近くにあった東尋坊に行ってみました。 絶景とは言われるけど怖いイメージのある東尋坊… ただ、実際はかなり興味深い場所だっ …

大江戸温泉物語あわら体験記!名古屋から往復無料のシャトルバス編 

大江戸温泉物語ってご存知ですか? 全国展開の温泉施設なのですが、なかなか口コミもいいし、コストパフォーマンスもとてもいいんです。 その大江戸温泉の広告のことを母がよく興味深そうに話すので、話のネタに …

嵯峨野トロッコ 座席

嵯峨野トロッコ列車のおすすめ座席[保津川の眺めを満喫するならここ]

「嵯峨野トロッコに乗るならどの席がおすすめ?」 嵯峨野トロッコは保津川渓谷沿いの7.3kmを約25分で走る観光列車。レトロな車内からは、四季折々の絶景が楽しめるとあって大人気の路線です。 今回は、そん …

スーパー北斗

北海道の特急で割引が効く路線図と運賃&予約の仕方のまとめ

北海道の雄大な景色を楽しめる特急の旅はとても贅沢。飛行機だとあっけないし、バスだと遅いですが電車だとその中間。しかも、北海道の主要都市を結ぶ特急って割引もあるし結構お得なんです。 今回は北海道内でお得 …