365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

旅行&イベント

大江戸温泉ながやま宿泊記 送迎バスや周辺観光情報も紹介します

投稿日:2020年1月20日 更新日:

北陸の「大江戸温泉ながやま」に宿泊してきました。

柴山潟に面し白山連峰を望む片山津温泉のお宿はどうだったのか?

名古屋からの直行バスの話も含めて感想を書いて行こうと思います。

スポンサーリンク

大江戸温泉ながやまのお部屋

大江戸温泉はこれで4回目くらいですが「大江戸温泉ながやま」は初めて。

さっそくお部屋から紹介します。

今回泊まったのは15畳の禁煙和室。お安くなってて1人8778円です。

お部屋はバス、シャワートイレ付。

着いたら既にお布団が敷いてあったのにはびっくりしましたが、スタッフさんの労力を考えれば問題なし。

窓からは柴山潟が一望できます。

この日は曇っていたのでダメでしたが、晴れてれば白山連峰も見えるそうです。

ミニ冷蔵庫とお茶セットは定番。氷が欲しければレストランの横に設置された製氷機が使えます。

アメニティーは歯ブラシ、バスタオル、フェイスタオル、くし、ひげそり。

浴衣はロビーから好きなサイズの浴衣を持ってこればOKです。←種類は限られてる。

wifiはロビーのみですが、そんなに苦にはなりません。

大江戸温泉ながやまの露天風呂

温泉はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。内湯、露天風呂、サウナ、水風呂があります。

名物は柴山潟の景色を一望できる岩の露天風呂。湖面と目と鼻の先でお湯につかる気分は最高です!

湯加減もちょうどよく、ぼーっと景色を眺めながら幸せな気分で入浴できますよ。

内湯からも柴山潟は見えますが、私的には外の方がおすすめです。

脱衣場は暗めで、洗面台は少な目ですが、スキンケアのアメニティーは充実。さすが大江戸です。

ちなみにシャワーキャップはフロントにあるので、必要ならお風呂に行く前にご用意を。

冬以外なら柴山潟に面した中庭で足湯に浸かる事もできます。

スポンサーリンク

大江戸温泉ながやまのバイキング

大江戸温泉の朝と夜の食事はバイキング。会場は6階の展望レストランです。

バイキングはシーズン毎に変わり2019.12の時点では、

「冬のごちそう 地元加賀食材&海鮮のあったかバイキング」

というテーマでした。

夜は北陸のお魚を使ったお刺身やお寿司、自分で作る鍋やラーメン、ライブキッチンでの天ぷらやステーキなど和洋折衷のバイキング。

名物のソフトクリームやチョコレートフォンデュなどのデザートやフルーツも豊富です。

夕食の時間は17時と19時半(確か)から予約ができますが、それ以外の時間なら予約なし。もし混雑していたら待つ形になります。

朝のバイキングは煮物系や釜飯、お蕎麦などの和食系と、フレンチトーストやウィンナーなどの洋食系がバランスよく並んでます。

お持ち帰りのコーヒーも用意されてますよ。

朝は予約なしなので7時~9時半までの好きな時間に入ればOKです。

朝は柴山潟の景色がいいので窓際がとても人気です。

ちなみにランチは30名からならランチバイキングの予約もできますが、少人数なら日帰り昼食プランがありますよ。

連泊するなら1階にちょっとしたレストランがあるのでそこを使う事もできます。

大江戸温泉ながやまの大衆演劇

大江戸温泉の目玉は大衆演劇ですよね。

私は特に興味がないですが、いろんな人の話を聞いていたら演劇目当てで来る人も多いそう。

チェックインをしてからそそくさと演劇場に向かうおばちゃん達が可愛らしいです。

劇団は月替わり。歌謡ショーもあるのでホームページでスケジュールを見ておくといいかもしれません。

演劇は宿泊者なら誰でも無料で楽しめます。

その他のエンターテイメント

大衆演劇はちょっとなー・・・って時は館内のこんな施設を使うのもありです。

  • マンガコーナー
  • 卓球
  • カラオケ(有料)
  • 室内プール(無料 夏季のみ)
  • キッズコーナー
  • 休憩室
  • 朝市(ロビーで11時まで)
  • 売店(チェックアウト後10%オフ券がもらえる。タイムセールもあり。)

周辺観光に出かけるのもいいですよ!

大江戸温泉ながやま周辺の観光スポット

宿周辺には温泉街でもあるのかなと思ってましたが、結構さびれてました(笑)

徒歩で散策するならこの辺りがいいと思います。

お薬師愛染寺

宿から徒歩15分ほど。縁結びのハートの絵馬が可愛いです。

浮御堂片山津温泉総湯まちカフェ

浮見堂は柴山潟の中に浮かんだお堂。クルーズもあります。

まちカフェでは柴山潟を見下ろしてお茶が楽しめます。←加賀パフェが有名らしい。

車や電車を使うなら金沢や東尋坊の方にも1時間以内で行けますよ。

私は、送迎バスで加賀温泉駅まで送ってもらって電車で約50分の金沢まで行ってきました♪

大江戸温泉ながやまの送迎バス

大江戸温泉ながやまの最寄駅は「加賀温泉駅」

ここからは7~10便ほどの送迎バスが運行されてます。

予約は必要ないのでバスが来たら乗りこめばOKです。

時刻表は大江戸温泉ながやまのホームページでチェックを。

駅からは10時台から17時台まで送迎バスが出てますが、乗り遅れたらタクシーで10分弱です。

大江戸温泉ながやまのシャトルバス

長距離の往復直行バスはこうなってます。

料金 所要時間 往路 復路
JR金沢駅(金沢港口) 無料 約1時間15分 月~金 1日1便 火~土 1日1便
JR富山駅(北口) 無料 2時間 月~金 1日1便 火~土 1日1便
JR名古屋駅(太閤通口) 一般:往復2000円(+税)/いい風呂会員:往復1000円(+税) 5時間10分 月~金 1日1便 火~土 1日1便
JR大津駅(北口) 一般:往復2000円(+税)/いい風呂会員:往復1000円(+税) 4時間10分 月~金 1日1便 火~土 1日1便
JR近江八幡駅(南口) 一般:往復2000円(+税)/いい風呂会員:往復1000円(+税) 4時間 月~金 1日1便 火~土 1日1便
岸和田駅(中央口東出口) 一般:往復2000円(+税)/いい風呂会員:往復1000円(+税) 6時間45分 月~金 1日1便 火~土 1日1便
なんばOCAT2階⑧番 一般:往復2000円(+税)/いい風呂会員:往復1000円(+税) 5時間25分 月~金 1日1便 火~土 1日1便

時間と詳しい時間は大江戸温泉ながやまのホームページでチェックを。(キャンペーンで無料になる時もあるので要チェック!)

こちらは宿の予約とは別でバスの予約が必要です。

0570-041260に電話をしてもいいし、宿泊先に電話して予約してもらう事もできますよ。

毎回、シニア世代の乗車率が多く和気あいあいとしたバスです^^

トイレは付いてませんが、途中で1~2回のトイレ休憩がありますよ。

ちなみに「いい風呂会員(無料)」は当日宿で発行する事ができ、バス代が半額になります。

その他、いろんな割引やサービスが受けられるので、持っていて損はないです。

それと、直行往復バスを利用できるのは公式ホームページか電話で予約した宿泊者のみなのでご注意を!

車や加賀温泉駅からの送迎バス利用ならどこで予約してもOKです。

スポンサーリンク

おわりに

宿泊客の人と話してたらほとんどの人がリピーター。利用時には割引券も貰えるし、大衆演劇や直行バスの便利さがとてもウケているようです。

私も母もとても満足だったのでまた利用したいと思います。

-旅行&イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仁和寺の紅葉の見ごろと写真スポット,混雑状況のまとめ

1994年に世界遺産にも登録された仁和寺。 桜の名所として名高いお寺ですが、紅葉の時期もそれはそれはきれいです。 入口の堂々たる二王門も圧巻ですが、国宝の金堂、重要文化財の五重塔、御影堂 観音堂や仁和 …

キャンプ バーナー

キャンプのバーナーの種類と燃料別の特徴・長所・短所のまとめ

キャンプで使うバーナーにはいろんなタイプのものがあります。キャンプ慣れしてないと種類が多すぎてどれを使うといいのかわからない!という事態に陥りますよね。 ということで、今回はバーナーの種類と燃料別の特 …

嵯峨野トロッコは往復か片道か 亀岡駅と嵯峨駅周辺観光は?

京都の嵯峨野トロッコは嵯峨・嵐山エリアから川下りの拠点亀岡駅までを25分で結ぶ観光列車。四季折々の保津峡の眺めが楽しめるので年中人気です。 今回はトロッコに乗るなら往復、片道どちらがいいのかとトロッコ …

アサリを潮干狩りでガッポリ採るコツ!時間・準備・実践編

潮干狩りでアサリを沢山採るコツって何? 有料潮干狩り場でもほとんど採れず、ガックリなんてことにはさせません! コツさえ押さえておけば、結構あっさり採れてしまうことも多いんです。 さあ、そのコツとはなん …

冬のキャンプの服装と寝る時の格好は何を準備したらいい?

冬キャンプの服装って何持って行けばいいんだろう? なんか特別な物を揃えなきゃいけないのかな~? 寝る時のパジャマは何がいいんだろう? 寒い時期のキャンプって言うだけでちょっと身構えますよね。 今回は、 …

プロフィール

プロフィール

管理人のビーンです。

旅、アウトドア、実験的な料理、自然と動物をこよなく愛すアラフォー女子。

調べる事大好き、実際にやってみるのはもっと好きな性格です。

元保護犬の愛犬と戯れながら生活のお役立ち情報や旅情報を発信してます。

>>続きはこちら