365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

ライフスタイル

再生野菜の育て方とできるもの 節約にも自由研究にも最適なエコライフ

投稿日:2017年7月12日 更新日:


野菜の一部から野菜を再生させる「再生野菜」

エコだし、インテリアにもなってお洒落だし、
キッチンですぐに使えるし、いうことなし!

お子さんがいらっしゃれば、自由研究のテーマにももってこい!

もちろん、節約にも♪

「再生野菜」と呼んでいましたが、リボべジなんて言葉もあるんですね!

リボーン・ベジタブル。略してリボべジ。

野菜にはすごいパワーが秘められているんだな~と毎回感じます。

今回は、簡単に再生ができるものから鑑賞用にかわいいけど時間のかかる変わり種まで育て方を紹介します!

スポンサーリンク

再生野菜でネギ・水菜・三つ葉・豆苗の育て方

再生野菜の代表格と言ってもいいこの方々。

なんといっても、根っこから2~3cmの所でカットして水につけるだけで、
すぐににょきにょきと伸びてきてくれます。

注意点としては、トレイのような大きいものではなく、
小瓶や小さなカップのような物で栽培すると根っこが水の中に倒れることもなく
腐り防止になります。水は根っこの部分が浸る位でOK!
入れすぎは腐ってしまう原因になります。

夏場はすぐに臭くなったり、腐ってくることもあるので、
水は最低でも毎日取り換え、根の部分のぬめりはお水ですすいであげましょう

元気なものは土に植え替えてもどんどん成長します!
(植え替えた途端にダメになることもありますが・・・)

うちのネギも根っこを土に植えたのが2年ほど前。
植えてすぐのころから現在まで繰り返し収穫できてます。

伸びてきたものはすぐに薬味として大活躍!!癖になりますよ(笑)

スポンサーリンク

再生野菜でレタス・キャベツ・白菜・チンゲン菜など葉物の育て方

葉物の野菜も比較的すぐに再生してきます!
元の形のようにきれいに丸くなったりはしませんが、
葉っぱが再生してくるため料理に使うことができます。

野菜の芯の部分をお水につけておくだけ!
芯の上2cm程残してあげるといいですよ!
ただ、腐りやすいので、水替えは毎日、芯のぬめりは毎回取り除くことをお忘れなく!

ネギや豆苗などの代表格野菜に比べると成功率が下がりますが(←私は)
それでもとっても簡単です!

再生野菜でにんじんや大根など根菜は育つ?

できます!普段食べている根っこの部分は再生しませんが、
葉っぱが伸びてきて食べられます!

人参や大根などの根菜のへたの部分を2cm程残してカットし、水につけておくだけ!

人参や大根の葉っぱは、お味噌汁や炒めものなどに入れても美味しいし、
栄養も豊富!

こちらも、水替えだけは怠らないようにして下さいね♪

再生野菜 にんにくの芽を育てよう!

にんにくから勝手に芽が出ていた!ということはよくありませんか?

にんにくは切れ端ではなく、にんにく1個分(一塊でなく、1個ずつにばらしたもの)を使います。
尖っている方を上にして、下方を水につけるか、土に直に植えつけます。

土に植えて、しっかりと育てればにんにくの実も収穫できますがなかなか大変です。(何度も失敗しました)
ただ、にんにくから延びる茎(芽?)はぐんぐん伸びるので、炒めものなどに使えます。
栄養価も高く、にんにくの風味で美味しいんです!

注意点は、にんにくは涼しい場所を好み、25度以上で休眠状態に入ります。
冷房のかかった室内ならいいですが、そうでなければ夏は避けた方がいいかもしれません。

再生野菜 パイナップルができるの?

再生野菜というかフルーツです。

パイナップルのへたをカットし、水につけます。
根っこがついてきたら、土に植え替え3年程育てると、パイナップルができるんです!!

鑑賞用かと思ったら、お味もいいとのこと!!
ただ、暖かい地方か温室でしかできません。

再生野菜 アボカドは簡単?

アボカドの大きな種を尖っている方を上にして、

土に植えるか下の部分をお水に浸します。

発芽に1か月以上かかることが多いので、気長に待ってくださいね。

暖かい地方原産なので、20度以上でないと発芽はしません

夏ならばっちりですね。

芽が出てからはぐんぐん伸びますよ!
うちのアボカドも1年弱で30~40cmになりました。

実がつくまで、何年もかかるので
これから先が長いですけど、観賞用にもばっちりです!

冬は鉢植えにしてあるなら室内に入れてあげて下さい。

再生野菜の栄養分は元の野菜と変わらない?

気になる所ですよね!

再生野菜はお水を使っているだけだと、元のものより風味が落ちたり、
栄養分も減るそうです。

ただ、水栽培用なら液体肥料で補ったり、肥えた土に植え替えれば問題無いとの事。

味は特に変わりないですよ♪

まとめ

ほとんどの野菜や果物は再生させることができます。
簡単なネギや豆苗などから始めてみて、面白い!!と思ったら次々挑戦しちゃいましょう!
キッチンもかわいくなるし、節約にもなりますよ!
ママがやっていれば、お子さんも興味が湧きますよね。
自由研究のテーマにもうってつけです♪

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お弁当にサンドイッチを作るコツ!べちゃべちゃ,乾燥対策,切り方はこれ!

お弁当にサンドイッチって簡単そうで奥が深いですよね。 野菜たっぷりでヘルシーにと思っているとパンがべちゃべちゃになったり 逆にパンがパサパサに乾燥してしまったり・・・ 切ろうとしたら中身が飛び出てきた …

かぼちゃとさつまいものスープ ハロウィンにも使えるレシピをご紹介

だんだん寒くなっていく今日この頃。 ほっこり温かいスープが身に染みる季節突入ですね。 クリーミーでリッチなスープと言えば真っ先にパンプキンスープが浮かびますが、ここにさつまいもを入れると甘みとうまみが …

米の通販のおすすめ おいしく安全で古代米あり プレゼントにも使えるここ!

お米を通販で買う人は結構多いですよね。プレゼントとしてもお米を選びますか? 私は、実家の母への贈り物を選ぶとき、米を選ぶことが多いです。 えっ!本当?と思われるかもしれませんが、毎日食べるお米って喜ば …

窓サッシの掃除道具と簡単に汚れをとる方法&頻度

大掃除をする時に一番避けて通りたい場所と言えば窓のサッシ部分ですよね。 埃が溜まってきたないし、掃除機でもなかなか吸えない。 雑巾で拭いてもなかなか取れないどころか、埃や砂が湿って余計に汚くなる。 本 …

お守りやお札の有効期限 何年同じものを持っていても大丈夫?

お守りやお札って一年ごとに授かることが多いけど、 効果は一年限定って事かしら? よく聞かれる疑問ですよね。 毎年初詣の頃に返納して新しいものを受けるのが一般的ですが、 引っ越しや体調などの関係でそれが …

よく読まれている記事