365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

暮らし

鉢のサイズと種類[どの植木鉢を選べばいいのかがわかります]

投稿日:2021年5月9日 更新日:

鉢 サイズ 種類

「植木鉢ってどんなのを選ぶといいの?サイズもよくわからなーい。」

鉢やプランターはいろんなサイズや種類があるので、どれがいいのか迷いますよね。

今回は、鉢やプランターのサイズと素材別の特徴をまとめてみたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

鉢のサイズ

鉢 サイズ

「鉢のサイズって号とか寸とかcmとかで表示されてて意味不明!」

これはホントにわかりにくいですが、こちらを覚えておけばOKです。

  • 号と寸は同じ
  • 号(寸)☓3 = 直径(cm)

鉢の号数・直径・容積の一覧

わかりやすいように普通鉢の号数・直径・土の量を表にしてみました。

※土の量は普通鉢(スタンダード鉢)を目安にしているので、浅鉢や深鉢は違ってきます。

鉢 サイズ

号数(寸) 直径(cm) 容量
3号鉢 9cm 0.3L
4号鉢 12cm 0.6L
5号鉢 15cm 1L
6号鉢 18cm 2.2L
7号鉢 21cm 3.5L
8号鉢 24cm 5L
9号鉢 27cm 7.3L
10号鉢 30cm 8.5L
11号鉢 33cm 10L
12号鉢 36cm 14L

ざっくりですが、3〜4号鉢なら苗やミニ観葉植物1株、5〜6号なら草花1株、7〜9号なら草花1〜2株や小さめの野菜1株、10号以上なら寄植えや果樹、大きめの野菜などに適しています。

プランターのサイズ

プランター サイズ

プランターは鉢のような規格はなく、横幅の長さで選ぶことが多いです。

横幅は30cm前後、40〜45cm、50~55cm、60〜65cm、70cm以上の物など色々。

よく使われる60〜65cmのプランターなら12〜15L程度の土が入ります。(深型ならもっと)

商品によって横幅、奥行き、深さが微妙に違うので正確な容量はラベルでチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

どのサイズの鉢・プランターに植えればいいの?

鉢 サイズ 種類

買ってきた苗を植え替える時は、今の鉢の大きさより一回りか二回り大きい鉢やプランターに植え替えます。

鉢が大きすぎると土がなかなか乾かず根腐りの原因になるのでNG。

逆に小さすぎる鉢だと植物が十分に育たなかったり水切れしやすくなるので、丁度いいサイズの鉢に植え替えてあげましょう。

ただ、コンパクトに育てたい場合はわざと小さめの鉢で育てることもできます。

鉢の深さは植える植物の根の張り方次第。浅く根を張る植物なら浅鉢、深く根を張る植物なら深鉢を選ぶといいでしょう。

と言われても…という時は「植物名 鉢サイズ」で検索してから植えると間違いありません。

鉢の種類

植木鉢やプランターはサイズだけでなく素材もいろいろです。

素材によってかなり性質が違うので、ざっと見ておきましょう。

プラスチックの鉢

プラスチックの鉢は軽くて扱いやすく、リーズナブル。持ち運びがしやすく、ハンギングにも使えます。

ただ、排水性と通気性が他の素材より劣るので、過湿を防ぐためにも水のやりすぎには注意が必要。

夏は高温になりやすいので、コンクリートの上に置くならラックやスタンド、2つ並べたレンガなどの上に置くといいでしょう。


スリット鉢

スリット鉢はサイドにスリットが入ったプラスチック製の鉢。

スリットからの土漏れがあるのが難点ですが、普通のプラスチック製の鉢より排水性と通気性がよく、植物の根っこが自然な状態で成長するのが利点です。(根っこが鉢の中でグルグル巻きにならない)


素焼きの鉢

素焼きの鉢は排水性と通気性がよく、夏でも高温になりにくいのが特徴。

重くて扱い方によっては割れることもありますが、いろんな植物と相性がいい鉢です。(寒い地方だと冬の寒さで割れやすいのでご注意を)


テラコッタ鉢

テラコッタ鉢は素焼きの鉢の仲間。素焼きの鉢より高温で焼き上げられるので、素焼きの鉢よりも少し丈夫な作りになっています。

メリット・デメリットは素焼きの鉢と似ていて、デザインが豊富でおしゃれな鉢が多いです。(お値段はお高め)


木製の鉢

木製の鉢は通気性と排水性がよく、いろんな植物に好まれる鉢。ナチュラルな見た目もガーデンにピッタリです。

腐りやすいという性質もありますが、防腐剤を塗って予防することも可能。

土を直接入れずに鉢カバーとして使ってもおしゃれです。


布製の鉢

不織布やフェルトなどでできた鉢は通気性と排水性が抜群によく、めちゃくちゃ軽いのが特徴。

布だと土が滲み出しそうな気がしますが、水をたっぷりやっても底やサイドから透明な水が出てきます。

布製だけに、植え付け後の移動は土が揺らいで少し大変ですが、使わない時は畳んで片付けておけるので便利です。


おわりに

植物は乾燥を好むもの、水分を好むもの、植え付けに広いスペースがいるもの、コンパクトな場所でも育つものなど色々。

鉢やプランターにもいろんな個性があり、サイズも取り揃っているので、植物の特徴を知った上でピッタリのおうちを選んであげて下さい。

-暮らし
-

執筆者:

関連記事

zoom スマホ

zoomでミーティングを開催する方法と招待の仕方を解説[スマホ編]

「ZOOMでミーティングを開催するにはどうしたらいいの?スマホでのやり方を教えて!」 今回はスマホでzoom会議やオンラインレッスン、飲み会を開催する方法をゼロから解説します。 簡単なのでリラックスし …

犬 暑さ対策

犬の暑さ対策 !夏を快適に過ごすための配慮とグッズを紹介

「夏はワンコの体調が心配。」 愛犬が暑そうにしてると「大丈夫?」と思うのが親心。少しでも元気がないと「夏バテ?」「熱中症?」と心配になります。 ワンコは自分でエアコンをつけたり、「なんとかしてくれよー …

流しそうめんパーティーのおかずと素麺以外の具材で盛り上がるもの

夏のホームパーティーで欠かせない流しそうめん。 普段は飽き飽きしている素麺でも流れてくるだけでテンションが上がりますね。 おいしさとエンターテイメント性を兼ね備えているので、 食が一種のアクティビティ …

茶渋を落とす実験 ハイター,重曹,歯磨き粉 ベストはどれ?

日本茶や紅茶の茶渋って毎日洗っていても残ることが多いですよね! 特に私は時間をかけて飲んだり、冷ましておくこともあるので マグカップの汚れが結構ひどいんです(笑) テンション落ちますよね、あの色。 今 …

ルッコラ 栽培

ルッコラの栽培は簡単!辛味や苦味が強くならない育て方のコツも紹介

ルッコラ(ロケット)はちょっぴりごま風味で、マイルドな苦味と辛味が特徴的な野菜。 βカロテンやビタミンC、E、K、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む食材です。 家で簡単に …