365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

季節の行事関連

母の日のプレゼント手作り編 子供とパパで外国風なおしゃれクラフト

投稿日:2017年4月6日 更新日:

母の日のプレゼント。幼児からのプレゼントはどうしたものか。そう悩んでいるお父さんは意外と多いはずです。
幼児にもできそうで、身近にあるものでできて、かわいいもの!

どんなものがあるでしょう??

今回は、外国の幼稚園でよく母の日のプレゼントとして作るものを参考に、とびっきりキュンとするものをまとめてみました!

スポンサーリンク
  

母の日の手作りカード

手形・足型で作るポップなカード

これは、本当に赤ちゃんから年長さんまで簡単に作る事ができるし、かわいいです!

手形、足形を組み合わせればお花や太陽、蝶々などまで色んなパターンが作れますよ。

毎年の成長も見れますよね!

子供の直筆で「お母さん、ありがとう。○○より」と入れれば完璧です!

もし、赤ちゃんや幼児なら、お父さんの言葉や詩を入れても素敵♪

お母さんは最高に嬉しいと思いますよ。

スポンサーリンク

子供でも簡単!フォトフレーム

これも本当に簡単です。

100均のフォトフレームにボタンやスティッカーなどを子供のチョイスでボンドで張り付けていくだけです。

この中に家族写真を入れて贈れば、お母さんは泣いて喜んでくれそうですね!

まだ貼り付けたりができない年頃なら、

木工用ボンドだけ筆で好きなように塗ってもらって

シェイカーに入れたラメパウダーを振りかけるのもあり!

新聞を敷いて周りがラメだらけにならないように(笑)

手作り植木鉢とお花

何でもいいので鉢とアクリル絵の具を用意して、

指形でお花を作ったり、カラフルな手形・足形でデコレーションしたりしていくのもとてもかわいいです。

パンジーやハーブ類などを植えたり、ハートのピックなどをさしておくのも素敵です!

手作り花瓶とお花

ビンを好きな色でペイントし、手形とリボンでデコレーションすれば、

とてもおしゃれな花瓶にも仕上がりますよ!

きれいなお花を入れて一輪挿しにも。

モールでお花カード

学校の工作でよく使ったモール。

折り紙がまだできない年齢でも、お父さんと一緒にクルクル蚊取り線香の要領で丸めて画用紙に貼るだけで

素敵なお花に早変わりです!

茎や葉っぱも大きい子なら自分で描けますね!

エプロンやミトンにデコレーション

お母さんが普段使うキッチン用品に子供の手形やお絵かきがしてあったら、

お母さんも毎回笑顔になること間違いなしです!

塗料は洗濯しても落ちないものを使いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?超簡単、カラフルで可愛いものが沢山ありますね!手形や足形を使ったものが多く登場しましたが、それなら幼児や赤ちゃんでさえも容易にできますもんね!ぜひ、母の日にお母さんを喜ばせてあげて下さいね!

☆母の日のプレゼント記事☆ もよろしければ♪

やっぱりお花!⇒こちら

お花以外で喜ばれたもの!⇒こちら

義理母へのプレゼント!⇒こちら

-季節の行事関連
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハロウィンはカップルでディズニーの仮装 手軽なアイデア大集合

ハロウィンの衣装選びはとてもワクワクしますよね! ミステリアスで遊び心満点のハロウィンはデートにも最適! ハロウィンイベントの代表格でもあるディズニーハロウィーンに出かけるカップルも 多いでしょうね。 …

リサイクル工作 牛乳パックなどで簡単いらなくなった素材活用術

夏休みの工作といえば、リサイクル!高い材料を買わなくても 周りには工作に使えるものが沢山ありますよね! 例えば、トイレットペーパーの芯、空き箱、ペットボトル、牛乳パック、缶・・・ 数え上げればキリがあ …

七草粥を夕食にする時の献立とアレンジ 美味しくお腹を満たすには?

1月7日の朝は七草粥!と言うのは昔からの風習ですが・・・実際は夕飯に七草粥を食べる人も多いですよね。だって、朝からお粥作ってる時間も食べてる時間もないですもん。でも、夜だとお粥だけでは物足りない。かと …

名古屋の酉の市中村区の素盞男神社 日時と熊手の買い方

酉の市というと関東方面のイメージが強いんですが、 実は名古屋にも有名どころがあるんです。 中村区の素盞男神社(すさのお)神社です。 「商売繁盛」だけでなく「家内安全」や「開運招福」を願い 縁起物の熊手 …

バレンタイン 海外での習慣と定番の贈り物 プレゼントは男性から?

オーストラリアに約10年住んでいますが、バレンタインデーは日本と違うなーと毎年思います。お正月、クリスマス、バレンタインデーは日本とのギャップを激しく感じる三大イベントです(笑)日本にいる時は慣れした …

よく読まれている記事