365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

グルメ レジャー&イベント

流しそうめんが名古屋近郊愛知・岐阜・三重でできるお店

投稿日:2018年6月27日 更新日:

本格的な流しそうめんがやってみたいけど、やる場所がない!

セットを買うのも面倒だし、置き場がない!

組み立てが大変そう!

手っ取り早く、どこかで体験だけしてみたい!

そんな時は涼しい自然の溢れる場所まで足を運んで貴重な体験をしてみませんか?

今回は、地元名古屋近郊の愛知・岐阜・三重県で流しそうめんができる所をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

流しそうめん処 愛知県

ひやひやランド

透き通った水の渓流と森林に囲まれた自然派の施設。

私有地ですが、キャンプやバーベキュー(12炉)などもできるように開放されています。

利用料はかかりますが、鉄板、網、薪、食器などは無料。

豊富な自然水を利用した流しそうめんも大人気です。

素麺やつゆは持参することになりますが、設備があるのでご心配なく。

利用者がいない時は閉鎖されるので必ず予約を!

川遊びも気持ちいいし、お水がおいしいと評判です。

  • 料金:ホームページ参照
  • 営業期間:予約時確認
  • 問い合わせ:0536-33-0055/090-4851-0056(高岸さん)
  • 奥三河観光協議会のサイト:https://www.okuminavi.jp/search/detail.php?id=730
  • 住所:愛知県新城市名号字横川63-1

流しそうめん処 岐阜県

馬籠宿流しそうめんの夕

馬籠観光案内所付近から坂道を利用して約100mのそうめん流しが開催されます。

参加無料ですが、人気があるし麺がなくなり次第終了なのでお早めに!

ちなみに2018年8月13日(月)~15日(水)20:00~20:45(馬篭集会所)には

「馬籠宿 盆踊りの夕べ」と題した盆踊りも開催予定。

風情があってとてもいい所なので丸一日又は泊りがけで楽しむのもいいですね。

  • 料金:無料
  • 営業期間:2018/8/13(月)~14(火) 19:00~麺がなくなるまで
  • 問い合わせ:0573-69-2336 (馬籠観光案内所)
  • ホームページ:http://www.kiso-magome.com/magomeibent.html

阿弥陀ヶ滝荘(あみだがたきそう)

水の都、岐阜県の郡上八幡にある「阿弥陀ヶ滝荘」。元祖流しそうめんの発祥の地と言われている場所。

まあ、でも発祥地は全国に何か所かあるような感じ(笑)

竹ではなく石でできた通路を流れてきますが、湧水がすごく冷たく麺も引き締まった感じ。
 
つゆに山わさびをとかして食べるとこれまた美味。マイナスイオンたっぷりの中で食べるのでおいしさ倍増!

イワナの塩焼きも評判です。

阿弥陀ヶ滝も高低差があり迫力満点。日本の滝100選にも選ばれているんですよ。

  • 料金:中学生以上700円、小学生以下500円 ※つゆがなくなるまで食べ放題
  • 流しそうめん営業期間:お店は10:00~17:00
  • 問い合わせ:0575-85-2738
  • 郡上市観光連盟のサイト:http://www.gujokankou.com/spot/03shirotori/493.html
  • 住所:岐阜県郡上市白鳥町前谷1160-1-2

大滝鍾乳洞

大滝鍾乳洞は約2kmに渡る東海地区最大級の石灰洞窟。

洞窟の最深部には地底滝があり、これが鍾乳洞を成長させているとか。

700mが公開され、夏でもとてもひんやりです。

湧水の豊富な鍾乳洞、名水のある郡上八幡。

鍾乳洞近くでできる夏季限定の流しそうめんもあり名物になってます。

  • 料金 600円で食べ放題(つゆもおかわりOK) 鍾乳洞とセットで大人1400円 中人1200円 小人1000円
  • 流しそうめんの営業期間:2018年7/1 7/7 7/8 7/14~9/2
  • 問い合わせ:0575-67-1331
  • ホームページ:http://www.ootakicave.com/
  • 住所:岐阜県郡上市八幡町安久田2298
スポンサーリンク

不動滝ひろつぎ

木曽御嶽山麓に位置する付知峡と言えばハイキングやキャンプ地としても有名な場所。

息をのむほどの自然美に圧倒されますが、その深層部に位置するのが民宿不動滝ひろつぎです。

流しそうめんは季節限定ですが、日本の名水50選にも選ばれた上質な水で頂く素麺は絶品。

渓谷を見下ろしながらそうめんを堪能できるのも魅力です。

ちなみに森は日本の森100選にも選ばれているんですよ。

予約制ではなく、当日店頭での申し込みになります。

  • 料金:1人前750円 つゆ追加200円 
  • 流しそうめんの営業期間 10月末まで
  • 問い合わせ:0573-82-2950
  • ホームページ:http://hirozuki.com/
  • 住所:岐阜県中津川市付知町6-39

釜ヶ滝滝茶屋

マイナスイオンたっぷりの釜ヶ滝の近くにある元祖流しそうめんのお店。

元祖と付くところが多いので迷う所ですが(笑)

元祖と言うと竹で流している感じがしますが、そうではない!

創業から素麺が食べやすいようにと工夫に工夫を重ね、

各テーブルに流しそうめんの装置が組み込まれているんです。

これからもどんどん改良されていくそうですよ!

素麺の他にも地元名産の五平餅やアユの塩焼きなどサイドメニューも豊富です。

ホームページ又は電話から予約必要。

  • 料金:大人800円 小学生500円 6歳以下300円 つゆ1杯で食べ放題 つゆおかわり200円
  • 流しそうめんの
    営業期間:3/31~6/15(土日祝のみ)それ以降9月末まで毎日 時期や天候で営業日や時間の変更有。要確認。
  • 問い合わせ:0575-79-2917 or 090-6585-5123
  • ホームページ:http://www.nagashisoumen.jp/
  • 住所:岐阜県郡上市美並町上田

飛騨金山の森

岐阜県下呂市の弓掛川沿いにあるキャンプ場。

澄み切った川での川遊びや魚釣り、木工体験、登山、、キャンプファイヤー体験など大自然の中で貴重な体験ができますよ。

星空を見るにも最高のスポットです。

流しそうめんは麺、つゆ、薬味込み。

予約をしておけば待ち時間なし。繁忙期は予約しておくのが無難かも。

  • 料金:大人:600円 子供(小6まで):400円
  • 流しそうめんの営業期間:5月~9月末
  • 問い合わせ:0576-35-2954
  • ホームページ:http://www.hk-mori.jp/
  • 住所:岐阜県下呂市金山町弓掛515

流しそうめん処 三重県

リバーパーク真見

川遊びにも最適な雲出川のほとりにある自然豊かな施設で、

バーベキューや炭焼き、グランドゴルフなどもできます。

滞在型農園施設もあるんですよ!

夏の間は恒例の流しそうめんも始まり沢山の人で賑わいます。

流しそうめんの場所は屋根付きなので、天気の心配なし!

要予約です。

  • 料金:大人:700円 子ども:500円
  • 流しそうめんの営業期間:7月下旬~8月末
  • 問い合わせ: 059-262-5002
  • ホームページ:http://www.ztv.ne.jp/qakmasbd/
  • 住所:三重県津市白山町871

スポンサーリンク
 

まとめ

山間の水がきれいなところで体験できる所が多いですね。

都会よりも空気がきれいで涼しそうなので、夏場にはばっちりのロケーション。

日程を各施設のホームページで確認して、予約が必要ならお忘れなく!

楽しい体験を♪

関連記事:流しそうめんが長野・新潟・山梨・静岡で食べられる場所

-グルメ, レジャー&イベント
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インスタントコーヒーでエスプレッソ風アイスカフェラテの作り方

最近エスプレッソマシーンでコーヒーを作るカフェが増えてきましたよね。 ドリップ式のコーヒーが多い日本からすると、何となく外国風なイメージ。 有名なカプチーノやカフェラテなど色んな種類がありますが、 夏 …

大神神社付近でそうめんが美味しい私のおすすめはこの6軒

日本最古の神社の一つで、最強のパワースポットとも称される大神神社は朝にお参りするのが一番ですね!境内は広く、本社と摂末社をお参りするとかなり時間がかかります。お参りが終わる頃にはお腹もキュルル~。 で …

ETASの申請と料金 代行業者の方が移民局より安いって本当?

オーストラリア旅行を控えてETAS(イータス)をとろうかな~と思っている方もいらっしゃると思います。電子入国許可証のイータスは公式サイト(移民局のサイト)から簡単に取得ができますが、代行会社に頼む人も …

キャンプでトイレがない・遠い・汚い時にあると便利なもの

キャンプの時に気になる事の一つ。トイレ。 ちょっとサバイバルなキャンプだとトイレがなかったり、遠かったりしますよね。 キャンプ好きについてしぶしぶ参加する家族メンバー(昔のうちの母)なら虫が嫌、汚いの …

湯の山温泉 鹿の湯ホテル宿泊ブログ 口コミとアクセスもご紹介

地元が名古屋だと近すぎて湯の山温泉で泊まろうという発想にならないんですが、急遽母の日のお祝いで温泉に行こうという話になり泊まってきました^^ その時のお宿が「鹿の湯ホテル」さん。御在所岳観光の拠点でも …

よく読まれている記事