365日のお役立ち情報

毎日の暮らしのヒントや旅・イベント情報満載でお届けしています  

料理

餅の作り方は簡単!おうちで鏡餅&のし餅を作る手順と保存方法

投稿日:2019年11月19日 更新日:

餅 作り方

「自家製の餅とパックの餅は違うなぁ…」

お餅は昔から家で作っていたので、市販のパック餅を食べた時は衝撃的でした。

やっぱり、手作りの餅は米の風味と香りが格別。食感ももっちもちで、満足度が違います。

家で作るのは大変かと思いきや、餅つき機やホームベーカリーがあればラクラク。形作りも楽しい作業です。

今回は、餅つき機やホームベーカリーを使った鏡餅やのし餅の作り方、餅の保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

餅の作り方(餅つき機)

まずは、餅つき機を使った作り方をご紹介していきます。

必要なもの

  • もち米:好きなだけ
  • 打ち粉(餅とり粉、米粉、片栗粉など)
  • のし板:餅を入れる容器。トレーやお盆でもOK
  • 餅つき機

餅つき機は、5合用、一升用、二升用などのサイズがあるので、作りたい餅の量に合わせて選んで下さい。

これはうちが使っている餅つき機(1つ新しい型)ですが、パンやうどんの生地、あんこも作れて便利です。


もち米は何でもOK。こだわるなら「こがねもち」「きぬのはだ」「ヒヨクモチ」「ヒメノモチ」などの美味しい銘柄を試してみるのもありです。


餅つきの手順

餅つきの手順は、もち米を水に浸す→蒸す→つくの3ステップ。

餅つき機ならこれがボタン1つでできるので簡単です。

やり方は機械によって微妙に違うので説明書でご確認を。(よく似てるけど)

  1. もち米をよく洗う。
  2. もち米を一晩水につけ、餅をつく30分ほど前にザルにあける。

    餅 作り方
  3. 餅つき機の底の部分に水を入れる。(水の量は機械の説明書参照)

    餅 作り方
  4. 窯と羽根をセット。
  5. 窯の中に水気を切ったもち米を入れる。

    餅 作り方
  6. 蓋をして「もちつき・自動」のボタンを押す。(蒸す工程は20~25分ほど)

    餅 作り方
  7. のし板(トレーなど)に打ち粉をして成形の準備をする。
  8. 「蒸す工程」が終ると「つく工程」に入る。(写真は蓋を開けてますが、蓋したままでもOK)

    餅 作り方
  9. 餅が滑らかでツヤツヤになったらスイッチを切る。(つく工程は10分前後)

    餅 作り方
  10. 機械から窯を取り出して、トレーの上で逆さまにして餅を取り出す。(やけど注意)

    餅 作り方
  11. 餅の中に埋まっている羽根を取る。(やけど注意)

    餅 作り方
  12. 餅にも打ち粉をつけて、熱い内に形を作る。(冷めると餅が固まるから)

つき加減は自分の目でみて確認し、いい感じの所で「切る」ボタンを押します。

逆さまにしても餅が落ちてこない時は、濡らしたしゃもじなどで押し出すと剥がれてきます。

参考おせち料理の詰め方とレイアウト[ 縁起のいい具材の意味も紹介]

餅をホームベーカリーで作る

餅 ホームベーカリー

餅つき機がなくてもホームベーカリーがあれば、お餅を作ることができます。

餅つき機能なしのホームベーカリーでも大丈夫。このようにすればOKです。

  1. 炊飯器や蒸し器でおこわを作る。(少し固めが◯)
  2. おこわをホームベーカリーの窯にセットする。
  3. 蓋を開けたまま、スタートボタンを押す。
  4. 滑らかでツヤツヤの餅になったら完成。(20〜30分程度)

固さは餅つき機でつくより少し柔らかめになることが多いです。(おこわの固さなどにもよる)

スポンサーリンク

鏡餅の作り方

次は鏡餅の作り方です。お雑煮などに使う丸餅も作り方は同じです。

必要なもの

  • つきたての餅
  • 打ち粉(餅とり粉、米粉や片栗粉)
  • のし板:おぼんやお皿でもOK
  • 鏡餅の飾り:四方紅、橙、裏白などお好みで

もちの量は作る鏡餅の大きさと数次第。うちは1升のもち米で下の写真サイズの鏡餅4個分を作ります。↓

鏡餅 作り方

その他、仏壇や各部屋に置くミニ鏡餅や丸餅はもう1升ついて作ります。↓

鏡餅 作り方

参考鏡餅を飾る場所はどこ?飾り方やいつからいつまで供えるかを解説

鏡餅を作る手順

  1. つきたての餅を打粉をした台に乗せ、餅にも打ち粉をする。
  2. 下が大きめ上が小さめの適当なサイズに分ける。(打ち粉をしたナイフで切ったり、濡らした手でちぎる)

    鏡餅 作り方
  3. 打ち粉をして丸い形に整える。(これは超ミニ版)

    鏡餅 作り方
  4. 半日ほどしっかり冷ます。
  5. 上下を重ねて、飾り付けをしたら完成。

    鏡餅 作り方
ポイント丸形を作る時は滑らかな面を上にして台に置き、両手で回しながら形作ります。(折ったり捏ねたりしているとヒビだらけになる)

鏡餅はお椀でも作れる

鏡餅は大小のお椀を使って作る事もできます。

これだと、ぽってりとした形に仕上るようです。(まだ試したことない)

  1. 大小のお椀orボールorどんぶりを用意。
  2. お椀にラップをして打ち粉をする。
  3. つきたての餅をいいサイズに切ってからお椀へ入れる。
  4. お椀をトントンと落として形を整える。
  5. 上から打ち粉をして表面をならす。
  6. しっかり冷めて固まったらお椀から外して出来上がり。
参考鏡餅のカビは削って食べちゃダメ![カビ対策と発生時の対応も紹介]

参考昆布巻き ちくわを使った甘くないおかずバージョンの作り方と日持ち


のし餅の作り方

のし餅は餅を薄く長方形に伸ばした物。それを四角く切り出した物が切り餅です。

鏡餅は神様用、のし餅や丸餅は人間が食べる用だと言われています。

材料

  • つきたての餅
  • 打ち粉(餅とり粉、米粉や片栗粉)
  • のし板:餅を伸ばすトレー
  • めん棒:餅を伸ばす棒(なければラップの芯などでもOK)

焼き餅やあられにする時は青のりや干しエビを入れて餅をついても美味しいです。

のし餅を作る手順

  1. のし板に打ち粉をして餅を入れ、打ち粉をする。

    餅 作り方
  2. 棒で均一に伸ばす。

    のし餅 作り方
  3. 隅々まで伸ばして冷ます。

    のし餅 作り方
  4. カチカチに固まる少し手前で好きな大きさに切って保存する。

    のし餅 作り方

切る時はカチカチに固まる少し前がベスト。(柔らかい時だと崩れるし、カチカチだと切るのがすごく大変)

包丁にも打ち粉をして、濡れ布巾で拭きながら切るときれいに切れます。

のし餅はポリ袋でも作れる

のし餅は米の袋や丈夫なポリ袋で伸ばす方法もあります。これなら、打ち粉もいりません。

必要なもの

  • つきたての餅
  • 米袋or丈夫なポリ袋
  • めん棒

米袋を使う時は汚れを拭き取っておきます。

手順

  1. ポリ袋につきたての餅を入れる。
  2. 袋の上から棒で均一に伸ばす。
  3. 袋の四隅に空気がたまらないように、針で穴を開けて空気を押し出す。
  4. 四隅にもしっかり餅を伸ばす。
  5. 空気が入らないように袋の口を閉じて、2〜3日置く。
  6. 袋をハサミで切って剥がし、好きなサイズに餅を切って保存する。

袋の中で伸ばした餅は、そのまま乾燥させた餅より切りやすく、パック餅を切る感覚です。

餅の保存方法

お餅はカビが生えやすいので、しっかり冷ましてから冷凍するのが一番。

お餅をフリーザーバックに入れて、しっかり空気を抜いてから冷凍すれば半年程度保存できます。

鏡餅の場合はカビのチェックをしつつ、カビる前に下ろして食べてください。

参考お年賀のお菓子10選[和洋別]!おいしくて喜ばれること確定です!

スポンサーリンク

おわりに

お餅は餅つき機やホームベーカリーがあれば簡単。手作りの餅は香りと風味が豊かで、食感も絶妙です。

つきたてを砂糖醤油やきなこで食べるのも楽しみの一つ。たくさん作っても冷凍できるので便利です。

-料理
-,

執筆者:

関連記事

ご飯の温め直しを鍋でする方法[キャンプや停電時に重宝します]

「ご飯って鍋で温め直せる?」 はい。ガスで温め直せば、ほかほかご飯が食べられますよ! ご飯は温かい方が絶対美味しいので、キャンプや停電の時にお試し下さい。

梅シロップ

梅シロップの保存の仕方と賞味期限,保存容器の選び方を紹介

「出来上がった梅シロップはどうやって保存すればいいの?」 ここでは、梅シロップの保存の仕方と、保存方法ごとの賞味期限の目安、どんな瓶で保管すればいいかを詳しくまとめてみました。 今年始めて梅シロップに …

栗 剥き方

栗の剥き方はこれで決まり![実際にやってみて簡単だった3パターン]

「栗は好きなんだけど皮剥きが大変。なんかいい方法ないかな?」 栗の皮剥きは時間がかかるし手も痛くなって地味に重労働。なるべく簡単な方法で剥きたいですよね。 今回は、「簡単に剥ける」と言われている方法の …

ナシゴレン

ナシゴレンがウマい! 家で簡単にできるレシピと調味料を紹介します

「ナシゴレンって家でも作れる?」 もちろんです!簡単でおいしいのでうちでもよく作ってます。 今回は、ナシゴレンの調味料とその作り方をまとめてみたので参考になさって下さい! 参考タイカレーは意外と簡単! …

塩レモン

塩レモンの作り方と保存方法,美味しいおすすめの使い方8選

「塩レモンってなに?美味しいの?」 塩レモンはレモンを塩漬けにして発酵させたもので、北アフリカでは定番の調味料。日本でも大ブームと共に一気に広まりました。 熟成させたレモンの風味と酸味、苦味としょっぱ …