365日のお役立ち情報

生活お役立ち情報やハッピーな毎日を送るアイデアなどを書いてます。

季節のお悩み

サンドイッチ弁当は夏でも大丈夫?腐りにくい具材と注意事項

投稿日:


夏のお弁当って気を使いますよね。夏休みでも部活はあるし、学校に冷蔵庫はないし・・・
たまにはサンドイッチにしたいけど、腐りやすいっていうし、どうしよう。
と思っている親御さんも多いかもしれませんね。

今回は、夏場には避けたいもの、腐りにくいサンドイッチの具材や
パックする時の注意事項を紹介します。

スポンサーリンク
  

サンドイッチ弁当 夏場に気をつけたいこと

サンドイッチのお弁当に限ったことではありませんが、
夏場は高温多湿のため細菌の増殖も半端ありません。

腐るだけなら食べずにおけばいいのですが(それもいやですけど)
食中毒の原因を作り出すこともあるので他の季節以上に注意が必要です。

気をつけたいことはこんな事です。

手洗いをしっかりする

目には見えませんが、手には細菌がうじゃうじゃ。

食べ物に触る前は、石鹸をよく泡立てて、手のひらや甲、爪付近や指の間、手首まで
しっかり洗うのが鉄則です。
30秒程かかるので面倒ですが、ひと手間を惜しまずに(←と自分にも言い聞かせています。。)

布巾で拭くのではなく、きれいなペーパータオルで拭くのがいいようです。

ビニール手袋をするのも衛生的です♪

調理用具も清潔に

まな板や包丁などのキッチン用品にもバイ菌が多いもの。
特にまな板は、細かい溝も多いので、除菌スプレーとブラシなどで洗って
しっかり乾燥させることも大事です。

具の水分を最小限に

サンドイッチの具に水分が多いと痛みの原因になります。
極力水気をなくすと安心です。

保冷剤と保冷バッグを使う

出来上がったお弁当をどうやって直射日光と高温から守るか。

冷蔵庫のない場所なら、サンドイッチの入ったランチボックスに保冷剤を固定して
保冷バッグに入れるのが一番
です。

凍らせたペットボトルもとても保冷力があります。
よくキャンプで使ってますがかなり重宝します!

お弁当箱のふちに凍らせた一口ゼリーを入れるのもグッドアイデアです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

保冷 ランチバッグ /エコバッグ【1000円ポッキリ】【メール便可】
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)

サンドイッチ弁当の具で夏に避けた方がいいものは?

夏だけではありませんが、
高温多湿の夏場はこれらの具材はリスキーです。

☆水分の多い野菜や果物→トマト、キュウリ、フルーツ全般など

☆調理後熱いままの具材(からの湯気)

☆生物→スモークサーモンや生ハムなど

☆痛みやすいもの→ポテトサラダ、ゆで卵など

生野菜は避けた方がいいと言われますが
レタスなどの葉物はしっかりと水切りして
キッチンペーパーで拭けば大丈夫です。

トマトやキュウリは別に持って行って食べる時に挟む
といいかもしれません。

キュウリは塩もみすれば水分が結構抜けます。
食感のシャキッと感が無くなりますが。。

ゆで卵どうしても入れたいなら
固ゆで(12~13分)して保冷剤は必ず使用してくださいね!

スポンサーリンク

サンドイッチ弁当 夏にも腐りにくい具材の工夫

保冷剤と保冷バッグでの温度管理の他にも
具材を工夫すると腐りにくくなります。

具材に火を通す

私も良くやる方法ですが、
火を通した具材を多く使うようにします。

例えば、ハムをそのままではなく焼いてから入れる。
又はカリカリベーコンやローストチキン、よく焼いたウィンナーなどに切り替えると安心です。

野菜も玉ねぎやキャベツの様に炒めても
美味しく食べられる様なものを好んで使っています。

具とパンをバラバラに

簡単、楽々で痛みのリスクも下がります!
パンと具材を別々のタッパーに入れて
食べる時に挟んでもらいます。

ツナなら缶詰め事もっていくとかもあり!
ケチャップやマヨなどは別の小瓶や、
お弁当用の使い切りタイプを持っていけばバッチリです!

具材の多くないものなら前日から冷凍

ジャムやハニーロール、シンプルなハム&チーズ、薄い卵焼きなどなら前日から冷凍しておいても美味しく頂けます。

生野菜や解凍に時間差が大きいようなものなら
冷凍は避けた方が無難です。

以前、コロッケサンドイッチを冷凍したら、
食べる時にパンはいい感じでしたが、
コロッケが少しだけ凍っていたので(笑)

マヨネーズやバターにからしやワサビ

おばあさんの知恵的ですが、
パンに塗るバターにからしやマスタード、
マヨネーズにからしやわさび、刻んだ梅などを
混ぜると腐りにくくなると言われています。

まとめ

夏場はどのお弁当もそうですが、保冷をしっかりして
リスクの高い食材は避けるということを徹底した方がいいですね!

手洗いなどの衛生管理もお忘れなく♪

スポンサーリンク

-季節のお悩み
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

足の汗は臭いの大元 対策の基本は乾燥・抗菌・フットケア

足はなんで臭くなるのか? 足の臭いの原因の記事でも詳しく見たようにほとんどの場合は汗と細菌が原因なんです。 スポンサーリンク 1日中靴を履いていて脱いだ時のあのニオイ。 どうしたらなくなるものか? 汗 …

夏バテ防止食材で対策☆豚肉・夏野菜・ネバネバレシピ!

夏バテを予防する方法は色々とありますが、「食」を見直すことは 夏を元気に乗り切るのにかかせません! 今回は夏バテにはどんな食材やビタミン類が効果的なのかと それらを使った美味しいレシピをご紹介します! …

手の乾燥がひどい!かゆみ、あかぎれ、カサカサの撃退法

手の乾燥は冬だけのものではありません。 人によっては年中悩まされることも少なくないのです。 カサカサ、あかぎれ、かゆみ・・・どれをとっても不快な物ばかり。 かくいう私も小さいころから経験していたのでよ …

幼児が大好きな室内遊びとは?保育園でもつかうアイデア集

体力の有り余る幼児との室内遊びって結構大変ですよね。 可愛いけど、あのパワーにはタジタジ(笑) しかも集中している時間が激短(笑) 外ならなんとでもなるんですけどね。 雨の日は憂鬱なパパママも多いでし …

日焼け後のケア 顔もボディーも冷却&保湿が欠かせない!

海やプールに行って日焼けをした!!夏の悩みですよね。 日焼けサロンにでも通っているかのように真っ黒な筆者でさえも 海へ行くとヒリヒリきます(笑) あの不快な痛みと皮剥け、なるべくなら早く治癒させたい! …

よく読まれている記事

最近のコメント